Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode986 … どうやって摂取カロリーを減らすか???

2015年 08月09日 11:28 (日)

前回からのダイエットねたの続きです・・・


5 どうやって摂取カロリーを減らすか???

運動によるカロリー消費が、あまり期待できないとわかった。
さて、どうするものか???

当たり前だけど、まずは食事の量を減らしたり、カロリーの高いメニューを避けてみた。
でも、元々大食い?な僕(酒は飲まない代わりに、職が太い)にとって、これは相当辛かった・・・

だって、美味しいものってカロリーが高いんだよね^^;
一ヶ月もすれば胃が小さくなると何かで読んで期待していたけど、一ヶ月過ぎても食欲は落ちなかった・・・
それどころか、いつも小腹がすいてついついオヤツなんか食べたりして・・・
早くも、食事制限に挫折した(T_T)

 
 
6 現代人は食べ過ぎ???

どうもうまくいかない・・・摂取カロリーを減らす画期的な方法をなんとか見つけ出さないと、またもダイエットは失敗に終わってしまう。
そんなちょうど年も暮れようとしているある日、川越の本屋さんで一冊の本が目にとまった。
それは、「一日二食健康法」だった。

曰く、「明治時代の中頃まで日本人は一日二食だった。三食は食べ過ぎで内臓が休まる暇もない。」
「一日の食事回数を減らせば、太っている人は体重が落ち、痩せている人は体重が増える・・・」
とあった。
しかも、朝食を抜いて二食にしろというのだ。
よく、二食ドカ食いは太るとか、朝食を食べないと頭も体も働かないと言われている。
でも、不思議なことに僕にはこの考えがスッと収まった。

思えば人間の歴史は飢餓との闘いで、今も世界中で多くの人達が飢えに苦しんでいる。
日本人だって、これだけ食べ物が溢れる世の中になったのはここ半世紀ほどだろう。
そんな歴史の中で生き抜いてきた人間の身体は、一日に三食も食べるようにはできていないのかもしれない・・・

しかも朝食を抜けば、それだけで300kcal以上を減らすことができるので、残る二食のコントロールがしやすくなる。
さらに300kcalは、ジョギング45分に匹敵するのだ。

「朝食を抜くと頭が働かない」とか、「一日二食は吸収率が上がり太りやすくなる」という意見については、もう自分の身体で試してみるしかないと思った。
失敗しても、失うものはない。
既に太ってるんだし・・・^^;


7 人体実験
そこで、今年の1月1日から朝食を抜いてみた。
ちょうど正月で、親戚をまわってたらふく食べるタイミングなのが気になったけど、一日でも早くスタートを切りたかった。
気持ちとしては、休み明けからが本当のスタートだったかもしれない。

正月休みも終わり、いつもどおりの生活が始まった。
すると、意外なことにあまり空腹を感じなかった。
理由は、午前中は仕事が慌ただしくて気も張っているので、空腹を感じる暇がないのだ。
これは外に出る日も同じで、けしてバテたり歩けなくなるようなことはなかった。
気が付けば昼食の時間になっていることが多かった。

もちろん、頭がボーっとしてしまうようなこともない。
午前中の会議も、交渉事もかわりなくこなすことができたのだ。

ただし、仕事のストレスなどでイライラすると、ついついお菓子とかに手が出てしまった。
お菓子はたいして腹にたまらないけど、カロリーは高い。
これはヤバイ!!!


DSCN9120_R_R.jpg

すると、また別の読み物で、
「朝食は抜くけど、かわりにバナナを一本食べるといい」というのが紹介されていた。
空腹感が紛れるわりに、バナナ一本はたいしたカロリーではないということらしい。

早速、バナナを試してみると、なるほど全然違う。
イライラしてもお菓子に手が伸びることが少なくなった。

しかも、バナナは一本食べると飽きてしまうので、2本目を食べようとは思わない^^;
そこそこお腹にたまり、美味しすぎない・・・これは良いかも!!!
しかも、数分で食べられるので朝も時間をかけなくてすむ。

ちなみに、バナナは中サイズ可食部一本で約70kcalだ。
なんと、カントリーマアムを一枚半食べるのと同じカロリーしかないのだ。

この『一日二食+バナナ一本 生活スタイル』によって、カロリーコントロールアプりを使った管理が現実的になった。
これを継続できれば、あとは時間とともに体重は落ちていく計算だ。



【つづく】
次回は運動について書きます。
さすがに、何もしないと身体はやつれるばかりだもんね。






スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。