Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode146 … あると便利!

2010年 06月13日 06:22 (日)

山や渓流釣りに行くときに、あると便利なもの・・・

IMGP1710.jpg


先日、家族で近所の笠山へ山歩きへ行った。
山の上で昼食を食べようというときに・・・箸を忘れていたことに気付いた。
(僕に限らず、我が家は忘れんぼうが多い^^;)

ちょうどそのとき、近くに桧林があり、間伐された桧が無数に横たわっていたので、ちょうど良い太さの枝を拝借・・・桧箸を作って食べた。
1本のナイフが、とても重宝した^^


釣りに行くときも、たまにバックリとフライを飲まれてしまい、鰓から出血してしまうことがある。
リリースはできないので、持ち帰って美味しくいただくことにしている。
そんな場面でも、ナイフでハラワタをささっと出してリュックへ・・・

また、蔓系の薮漕ぎなんかでも、無駄に体力を消耗しないですんだり・・・


そんな訳で、いつもリュックやフライのウェストポーチに入れっぱなしになっているので、携行品リストにも出てこないけど、僕の隠れたアイテムがナイフだったりする^^


先日、ナチュラムを見ていたら送料無料セールをしていたので、ロッドとナイフを買ってしまった^^;
今回は、以前から欲しかったシースナイフを購入してみた。
(最後まで、和式刃物と迷いに迷った^^;)

IMGP1711.jpg

ガーバーの『プロファイル』というモデルらしい。
¥5,040→¥3,860 というお手ごろ価格と、程よい大きさに惹かれてしまった^^;

ナチュラムの解説には、『ストレート刃タイプの本格フォールディング』とあったけど、口コミをみたらシースナイフだった^^;
そこで、ついついポチっとなった。

IMGP1712.jpg

実は、ガーバーのナイフを買うのは初めてになる。
30年前に、最初の1本目を買うときに最後まで迷ったけど、結局バックを選んだ。
以来、これだけメジャーなメーカーにも関わらず縁がなかった。


IMGP1714.jpg

シースナイフは、がっしりしていて重量感もある。
保管はちゃんとしないと・・・怖い^^;


ちなみに、僕には思い出のナイフが3つある

IMGP1715.jpg

一つ目は、ビクトリノックスのトラベラー。
ワインのコルクを開けるのに、持っていると意外に便利な場面って多い。
「誰か持ってない???」なんてときに「あるよ!^^」てな具合。

また、普段携行するにも、小さくて威圧感もなくていい。


そして、二つ目。

IMGP1717.jpg

釣りや山に行くときには、いつも肌身離さず持っているウェンガーのソルジャー。
赤いプラのグリップがほとんどのツールナイフにあって、唯一?のシルバーアルミグリップ。
スイス軍の兵士に支給される常備品らしい・・・ゆえに『ソルジャー』。

長めのブレードと、ごちゃごちゃと余計なものがついていないシンプルさが使いやすく、カッコいい^^

この二つのナイフは、どちらも思い出のある“頂きもの”なので、ずっと大切に使っている。
なんでも刃物を送るのは、「運命を切り開く」ということで縁起がいいとのこと^^


そして、三つ目はバックのフォールディングハンター110。
30年前に、親から買ってもらった初めてのナイフ・・・もちろん、今でも大事に使っている。
これは、またどこかで紹介します^^


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ナイフ

2010年06月15日 11:24

こんにちは。
私も最後のウィンガーと同じものもってます。でも色はゴールドだったと。
たぶんキャンプ用品の中に紛れてると思うのですが。
私の場合は余り使うことがなくて、なんでもカッターで。(それは竿作りだろっ。。。)で(笑)
いざというときにはなにかと必用ですね。私も携帯しようかと思いました。

>ジョニーさん

2010年06月15日 23:46

ジョニーさん、こんばんは。
ソルジャーって、ゴールドもあるのですか…知りませんでした。
アルミか、赤いアルミは見たことがありましたが、ゴールドもカッコいいですね!
はい、いざと言うときには必要です。
例えば熊に出会ってしまったら、ナイフ1本で戦います!
(というのは冗談です^^;)

こんばんは。

2010年06月18日 21:44

格好良いナイフですね。
そのくらいの価格で買えるんですね。
それにしても刃物ってどことなく魅力を感じますよね。
で、いざっていう時に役に立つし!
私は剣鉈なのでちょっと重たいのですが、当分は付き合いたいと思います。
出番はあまり無いですが、持ち歩いてれば私も思い出が作れそうな気がします^^;

>小猿さん

2010年06月19日 05:06

小猿さん、おはようございます^^
今回のナイフはグリップの中も鋼材でできている、(“フルタング”でしたっけ?)ので、かなりガッチリした感じでした。
本当は、小猿さんのような剣鉈が欲しかったのですが、価格が3倍以上で手が出ませんでした^^;
和式刃物の切れ味は、別物とも聞きました。
次は剣鉈ですね!
聞いた話ですが、熊にバッタリ…って時に、棒とか刃物とか持っているだけで、熊も武器を持っていると認識してくれて躊躇するらしいです^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。