Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode176 … 遅ればせながら…

2010年 11月03日 05:53 (水)

先日の、嫁さん実家近くのオイカワ(カワムツ)釣りで感じたこと…

ロッドが硬い!^^;

そりゃそうだ…渓流用の#3ロッドでは、大きくても15cm程のオイカワにはオーバースペックなのはあたりまえ。

一方、リンクしていただいている、「小畔川通信」のjetpapaさんを中心とする小畔川のオイカワ・フリークさん達は、餌釣り用の軟らかい竿をフライロッドのブランクとして自作し、この釣りを楽しまれている。

「遅ればせながら、僕も作ってみよう!^^」

と思い立ち、会社帰りの上州屋さんへ寄ってみた。

IMGP2114.jpg

小物用?雑魚用?の、いわゆる万能竿といわれるものを、試しに全部振ってみた。

材質で言えば、グラファイト、グラスファイバー。
継ぎで言えば、小継ぎもそうでないものもある。

価格もピンキリだ。
某有名メーカーのハエ竿は4万円近くするし、ヒロやケンが使っているグラスロッドは1,000円位からある。


確かに、高価なハエ竿は凄く良くできている。
「やっぱり和竿のブランクは最高だ!」なんて感心しながら振るものの、財布の中身がついていかない。
そもそも、競技に出るわけでもないのに、そんなにお金をかけるつもりもないし…^^;


そして、もう一つ気付いた点があった。
ソリッドティップと穂持ちのつながりがスムーズなものと、そうでないものがある。
まあ、良く言えば先調子とそうでないもの…とでも表現すればよいのだろうか?^^;

スローテーパーなフライロッドが好みなことと、せっかく軟らかいロッドで楽しむのだから、ベナベナな胴調子がいいなと思った。

そして、グラファイトはグラスに比べて断面が小さくなるので、ティップの径が1mm以下になることも加工上のキモかもしれない。

不器用な僕には、繊細な工作は厳しい^^;

また、グラス特有の食い込みの良さは、オイカワの弾くようなバイトを上手くフッキングしてくれるかもしれない。


そんな訳で、悩みに悩んだ末の選択が最初の写真の1本だ。
まさに、ベナベナな小物竿・・・


そして、次なる課題は、ロッドのジョイント作製だ。
こんなに軟らかいロッドでは、1ピースでは持ち運びや保管で、どこかにぶつけて追ってしまうかもしれない^^;

でも、自作している皆さんのように、スピゴットやスリップオーバージョイントの加工をするには自信がなかった。
時間もないし…


そこで、ジョイント回りが不自然に硬くなることは妥協して、こんなジョイントを利用することにした。

IMGP2113.jpg

この時期、どこの釣具屋さんでも売られている、“ワカサギ竿のジョイント”だ。


購入した小物竿のテーパーを考えると、7~8ftあたりのロッドを2ピースにするにはちょうど良い径かもしれない。

場合によっては、ティップ側を長くした位置にジョイントをつければ、硬い部分がグリップに近づくのでなんとかなるかも!
(この場合は、持ち運びにやや不便)


さて、今回のオイカワロッドのお値段。
グリップのコルクや、リールシート、ガイド類は余りものがあるのでそれを流用することにした。

 ・ブランク  880円

 ・ジョイント 210円

 ・パーツ類    0円

しめて、1090円で完成する予定だ^^

あとは、ノンビリ作ろうと思う。
(オイカワが釣れなくなる前までに…^^;)


あっ!!!
忘れていたのが一つ。

こんなベナベナロッドのラインをどうするか???

kingfisherさんのHPに自作方法も載っていたので、こちらも挑戦してみようかと^^
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです

2010年11月03日 11:15

しげさん こんにちは(^^)
私も、オイカワ用フライロッドの自作に非常に興味があり、いつかは作ってみたいと思っています。
なので、今後の『ロッド製作の様子~完成』についてとても楽しみです。
ますます、しげさんのブログから目が離せませんね(^^ゞ

2010年11月03日 20:41

 しげさん こんばんわ

 いよいよ自作ロッドにたどり着いたようですね。
 僕は不器用なので自作は全く考えていませんし考えられないのであります。
 作れる方がうらやましい。
 ラインはプラントFさんが自作していますよ。

>こりらさん

2010年11月04日 05:32

こりらさん、おはようございます。
昨日、ジョイント回りの径なんかを調べてみたのですが、ワカサギジョイントは難しい面もありそうです。
かといって、普通の継ぎ手を作るのもちょっと自信がありませんし…^^;
あたたかく、気長に見守ってくださいm(_ _)m

>jetpapaさん

2010年11月04日 05:37

jetpapaさん、おはようございます。
はい、いよいよです^^
市販されたロッドでは、オイカワには強すぎてしまいますので、仕方ないです。
昨年の冬から作りかけのバンブーロッドも含めて、このオフのテーマですね!
ラインはプラントFさんが作られていましたね。
今度、詳しく聞いてみようかな?^^

いよいよですね。

2010年11月04日 22:17

こんばんは^^
ブランク880円は安いですね。ブランクはどんなかんじでしょうかね。
私のは上州屋の石清水という万能竿で超先調子です。
テイップを少し切りつめたりすればまた調子が変わります。いろいろ試してみるのもたのしみですね。
自分の竿ですから誰にも遠慮せずにいっちゃいましょう。。。
私もこれからは竹素材と格闘します。

>ジョニーさん

2010年11月04日 22:58

ジョニーさん、こんばんは。
ブランクは、値段なりだと思います^^;
ベナベナで、よく言えば軟らかな同調しな竿です。
竿の名前の『S』は「ソフト」なのかな?と思います。
同名で『S』のないものもありましたが、こちらは少し硬めでした。
グラスなので、ティップも含めてやや太めです。
でも、7ftくらいのつもりでいますので、気にならないかと考えました。
特有の食い込みの良さも、オイカワにはいいかもしれません。
目標は2週間で作製です^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。