Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode206 … Beads Head!

2011年 01月16日 07:24 (日)

先日、仲間のRyoshiさんからメールが来た。

『ブログ写真(マーカーシステムその2)のダウンショットリグに使っているフライは、ビーズヘッドの重さが影響しないの?』と・・・

ちょっと説明不足だったかも。

「実は、あのビーズは・・・。」

IMGP2280.jpg
 
僕の管釣り用フライに使うビーズは、『海釣り用集魚ビーズ』とか『100円ショップの手芸用ビーズ』を使っている。

ちなみに100円ショップのビーズは、わずか105円(税込み)で一生分?の数量が入っていて、仲間から教わったときには驚いた!
(フライショップで売られているビーズの単価は、ほとんど詐○のように思ってしまった???^^;)


話は横にそれたけど、これらのビーズはプラスチック製で、フックの重さと合わせて考えればちょうど良いノーウェイトな具合になる^^

IMGP2274.jpg

Ryoshiさんの指摘どおり、このリグでフライのヘッドに重さがあると、ダウンショットにした意味が半減してしまうのだ。



IMGP2282.jpg

こちらは集魚ビーズ(かなり安い!)で、本来はキスの投げ釣りなどの仕掛けを作るときに使うものらしい・・・
手芸用にこの色合いがないので、金色系はこれを使っている。



IMGP2288.jpg

こちらは手芸用ビーズ(さらに安い!!)。
色合いは無限?にあるけど、気に入った金色が見つけられないのだ^^;
(残念ながら、池袋のキンカ堂も閉店してしまったし・・・)

イワイイワナのアイにも、最近はこちらを使ったりしている。

IMGP2126.jpg



さて、このプラスチックビーズには、安いとか軽いとか以外にもメリットがある。
それは、簡単にフォーセップで潰せることだ。

、釣っていて、「ここの釣り場はスレているな・・・」と感じたときは、ティペットにフライを結んだままフォーセップでビーズを潰して取り外してしまうのだ。
ちなみに、タイイング時にビーズのゲイプ側でスレッドをフィニッシュしているので、ビーズを取ってもフライは壊れない。

スレた魚の多い管釣りでは、“ビーズなし”は効くように感じている。
ビーズを外した直後から、バタバタと食いだしたりもする・・・フライは変わらないのに。


このビーズ、同じフライで20匹も釣ると表面のメッキが剥がれてしまうのはご愛嬌?
まあ、キンピカじゃなくなるのもフライローテーションの一つ…てことで誤魔化している。


ちなみに、ルアーやフライに反応する、いわゆる魚食性の魚は、スローシンクかファストシンクなものが良く効くように思う。

さらに、『スローシンクなルアーやフライは、水平な姿勢で沈下する方が断然食いがいい!』と僕は思っている。
これは、バスフィッシングでの経験から学んだもので、多くのバスアングラーも同じように実感しているのではないだろうか?

そんなわけで、フライでも同じように信じている。
(たんなる思い込みかもしれないけど・・・^^;)



一方で、『ファストシンクなものは、頭からストン!と超素早く沈むものがリアクションバイトを誘発しやすい』とも思っている。

IMGP2286.jpg

そんなときだけ、写真のタングステンビーズヘッドを使っている。
こちらは100円ショップにもないので、仕方なくフライショップで買っている。

タングステンのヘッドは比重が高いので、“ストン!”と落ちるように沈んでくれて、スローシンクなフライとは別の効果があるようだ。


では、自然の渓流で使うニンフはどうなんだろう???

渓流釣りの水中戦も、もっともっと練習しなきゃ・・・とは思っているけど。

やっぱりドライフライの釣りが好きなんだよなぁ^^



ブログランキングに参加しています。
よろしければ“ポチっ”とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

2011年01月16日 23:35

手芸用品って本当に使えそうな物が多いですよね。
私もヤーンの代わりに毛糸を買いましたが、フライ用品より値段が安い上、量も多いです!
フライショップにしかない物は仕方がありませんね。
私ももう少し買い物上手にならなくては…^^;

>小猿さん

2011年01月17日 05:56

小猿さん、おはようございます。
そうなんですよ、100円ショップや手芸店で、だいたいのものは揃うように思いますよね。
かつてキンカ堂では、ネイチャースピリッツのダビング材とそっっくりなものが、1/6くらいの値段で売られていました。
並べても、絶対に区別がつかないほどそっくりでした^^;
カラーもキャリベイテス、アダムスグレー、オリーブとなんでもありました。
リンクしていただいているミチさんが、HPで他にもネタバレしています。
面白いですよ^^

こんばんは(^^♪

2011年01月17日 22:56

ビーズは、自分もユザワヤで買ってます。

もう、選び切れない程の種類が有って楽しいです(*^^)v
ゴールドは、金メッキのプラスチックの物・・
後は、色んなチェーンを1m単位で買っています(^^♪
ストリーマーに、ガラスのダイヤが付いたアイを付けた物が有るんですが・・・秘密兵器でまだブログにUPした事が有りません(笑)

自分的には、渓流のニンフの方が釣りやすいかな?
ポイントに魚が居れば確立的にドライより魚が食ってくるから・・
ニンフの釣りは、ポイントが読めないと全く釣れない釣りですから。

腕の差が大きくでますよ~~~(笑)

>アダムスさん

2011年01月17日 23:54

アダムスさん、こんばんは。
ユザワヤ、探してみます^^
ガラスのダイヤは、ワームのテキサスリグに使っていたグラスビーズと同じものでしょうか?
upしたら、見せてください^^

ニンフは餌釣りと一緒で、流すレーンにシビアなんですね。
僕が釣れない理由がわかりました^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。