Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode213 … フルーガーメダリストが届いた

2011年 01月30日 18:31 (日)

一昨日、注文していたリールが届いた^^

IMGP2429.jpg

 
昨年、クラさん主催の「釣り仲間オフ会」で、oldflymanさんが使っていたリール・・・それが、フルーガーメダリストだった。

これまでも雑誌等で目にする機会はあったけど、実物は初めてだ。
カッコいい!と思った。


その後、ネットで調べてみると、ナチュラムで3,200円で売られていた。
この冬にオイカワロッド用にラインが増えたので、ちょうどマリエットCMR34の替プールを買おうかと思っていたところだったけど、なんと替スプールよりも安いのだ!

キャップス(Caps) フルーガー メダリスト 1492
キャップス(Caps) フルーガー メダリスト 1492







しかも、貯まっていたナチュラムのポイントを使えば、送料も無料になる^^
これは買いだな・・・と思った。

ところが、商品の説明をよく読むと『右巻き専用』と書いてあった。


ちょっと困った^^;
渓流ではリールファイトはありえないだろうけど、移動でライン収納するときに右手から左手に持ち替えるのは好きじゃないし・・・
バス時代から、リールはすべて左巻きで身体が馴染んでしまっているのだ。



そんな時、Kobaさんがブログの中で、フルーガーメダリストの左巻き仕様への改造工程をとても詳しく、親切に書いてくださった。

僕の不器用さや手持ちの工具を考えても、その中の一部はできそうな気がしたので、購入に踏み切ったのだ^^



IMGP2421.jpg

箱を開けてみると、写真で見るよりもしっかりとした質感で、コンパクトさもちょうどいい^^
悪戦苦闘中の自作バンブーロッドにも似合いそうだ。


IMGP2424.jpg

最初の改造点は、このドラグを左向きにすること。
これは、どうにかなりそうだ。



IMGP2425.jpg

次は、ラインガイドの移植。
こちらは、今は無理せずに・・・ボール盤を持っている仲間に聞いてみようと思う^^;



IMGP2426.jpg

最後に、リールフットの改良。
メダリストは、リールシートの形状によっては、リングにかかり難いことがあるそうだ。
この改良は、なんとかできそうな気がする。

ちなみに、届いた時に側にあったロッドのストラブル・シート&リングには問題なく収まった。
他のシート&リングもチェックしてみようかと・・・

改造は、少しずつ、自分にできるところからチャレンジしてみようと思ってる。



それにしても、このメダリスト、とても3,200円とは思えない!
もっと早く知っていればなぁ・・・^^;

そして、このリールに似合いそうな、自家製バンブーロッドを仕上げなきゃ^^;



ブログランキングに参加しています。
よろしければ“ポチっ”とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2011年01月30日 21:00

こんばんは。
私もフルーガー持ってますけど、カッコ良いですよね~。
私はトラッタさんで販売しているアンティーク調が好みだったのでサンドサンドブラスト処理で落ち着いた雰囲気にして使っています。

2011年01月30日 22:53

しげさん こんばんわです!
これは頑丈そうでガンガン使えそう。。。

2枚合わせのバンブー製作もちゃくちゃくと こなされてるし
記事を読んでると 思った以上に大変そうですね(^^)

こんばんは。

2011年01月30日 23:01

これも渋いリールですね。
私もFFを始めた頃は同じ考えでリールは左巻きでしたが、FFのエキスパート達は意外と右巻きの人が多かったので真似たまま現在に至っています^^;
ようするに格好を優先しちゃいました。

右巻きのメリットを強いて言えば、大物が掛かってリールでやり取りをする場合にロッドハンドはグリップではなくてリールを包み込むようにして持つということです。
これは杉坂隆久さんが言っていたのですが、リールを持ちながらスプールに指を当てブレーキを掛けられること。
それからリールを持つことによってロッドハンドは力が入りづらく、ロッドがのされやすくなってティペット切れを少しでも防止出来ること。

これには右手で持ち直すよりも、右手から左手へ持ち替える方がはるかにスムーズでしょう。

一応そんな訳で真似てますが、なかなか大物には巡り会えませんね^^;

>くーさん

2011年01月31日 07:15

くーさん、おはようございます。
ホントに、実物は想像以上にカッコ良かったです^^
多くの釣り人から、何十年も愛されるのがわかります。
アンティーク調は似合いますね!
ネットで調べたら、皆さんそれぞれに塗装を落としたり、パーツも変えたりして楽しんでいるようですね^^

>山紫水明さん

2011年01月31日 07:18

山紫水明さん、おはようございます。
買っちゃいました^^;
頑丈さも相当なようですね。
他のサイトで、転んで歪んだ所をペンチで戻して使っている話もありました。
バンブーは、着々と進行中です!
が・・・昨日はカッターで手を切ってしまいました^^;

>小猿さん

2011年01月31日 07:21

小猿さん、おはようございます。
え~っ!フライフィッシングでは、パーミングでやり取りをするのですか?
知りませんでした(☆。☆)
僕も鯉釣りに行きますが、その時も左巻きでリールファイトしてました。
ティペットが6~8LBで90cm位までが相手ですが、シマノのラージアーバーのドラグ性能に助けられています。
きっと、鯉は鱒類ほどの瞬発力がないから切れないのかもしれませんね!
ただし、フライフィッシングはフライラインが太いので、一気にラインを出されると巻き取り径が急に小さくなり、ドラグを緩める必要がありますよね。
これを指先のサミングとリストの解放でコントロールできるのがパーミングというわけですね。
なるほど!と思いました^^

2011年01月31日 19:59

こんばんは。

メダリストいいですよね。
自分は左利きなので、ついとリールの巻き方向を
意識した事がありません。
どのリールも購入してライン巻いて竿にドッキングさせて・・・
で終わりでした。

あ、スピニングはハンドルを付替えましたね。

>oldflymanさん

2011年01月31日 21:23

oldflymanさん、こんばんは。
オフ会で、oldflymanさんが使っているのを見て以来、気になってしかたがなかったリールです^^
手元に来てみて、やっぱり買って良かったと思いました。

一般的には右巻きが多いので、左利きの方が羨ましいです。
ルアー時代は、今でこそベイトキャスティングリールも左巻きが揃っていますが、15年前はほとんどありませんでした。
ちなみに、僕はスピニングも左巻きでした。
なので、今や右手で巻くのはぎこちないです^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。