Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode220 … 急いては事を仕損じる

2011年 02月10日 20:04 (木)

一昨日は、少し早めの9時過ぎに帰宅できた。

そこで、これはチャンスと思い、さっさと風呂に入り、後は寝るだけにしてからバンブーロッドのブランク接着に取りかかることにした。

IMGP2527.jpg
 
ところが、連日の睡眠不足がたたり、風呂の中でもうつらうつらしてしまう・・・
これはまずい!
と思い、風呂から上がって急ぎ準備した。



まずは、バット側から・・・
竹片の貼り合わせ面に接着剤を塗り、二枚をくっつける。

今回、接着面がイマイチ平らに仕上がらなかったので、接着剤にはエポキシ系を使ってみた。
実は、同じ2枚合わせの製法でエポキシ系接着剤を使っているのを見つけたので、これでいこうかと^^
重くなるかもしれないけど、きっとエポキシが隙間を埋めてくれるだろう・・・という考えだ。

そして、固定は事務用ダブルクリップを使ってみた。
安いし、細かな固定ができるからだ。

IMGP2528.jpg


まずは、一本目・・・上手くいった^^

続いてティップ側だ。
同じように接着剤を塗り、二枚をくっつける。
そして、クリップで固定した。

無事に接着も終わり、あとは硬化を待つばかりだ。


ふふふ・・・^^

後はテーパーを出して、六角に整形すれば・・・ブランクの完成が見えてきた^^



・・・あれ?
・・・・・何か変だな。

あ~~~!!!

ティップ側の表裏を逆に貼り合わせちゃった( ̄□ ̄;)

本当は竹片の内側どうしをくっつけなきゃいけないのに、内側と外側をくっつけてしまったのだ!!!!!



これまでの努力は・・・時間はなんだったんだろう・・・

やっぱり、寝呆けた状態で細かなことをしちゃいけなかったのだ。

何も、慌てて今日しなくても、休日にゆっくりとすればいいのに・・・と思い直しても後の祭。



普通に考えると、次回は再び竹割り&粗削りから再出発になるのだけど・・・この先もノーミスでいける自信が無くなってしまった。

そこで、表裏逆はそのままに、とりあえず1本を仕上げてみようと考え直した。
そして、次のロッド製作に、この一本で学んだことをフィードバックさせよう!!


と、ポジティブに思い直したものの、実は相当に落ちこんでいるのだ・・・とほほ(大泣)

哀れと思って同情していただける方がいらっしゃいましたら“ポチっ”とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

大丈夫かも?

2011年02月10日 23:00

しげさん、こんばんは。

ボクもこの手の経験はありますので、気持ちは良くわかります。
でも、だいじょうぶかもしれませんよ。
硬化してから、机とかに平らに当たるように「ぺしぺし」してみてください。
ちょっと隙間があけばしめたもの、そこからぺりぺりとはがせることがあります。はじっこをあぶればさらに確率は上がると思いますよ。

うまくはがせたら、接着剤を落として、仕切り直せばねえ~。同じに授業料を払うなら、とことん有効利用したほうが良いですよ。

こんばんは^^

2011年02月10日 23:46

思わぬ展開でちよっと驚きました。
エポキシで接着したことないのでわかりませんがこれってランディングネットのフレームをつくるときみたいなものですよね。
うまく剥離できればよいですが、私ならもう一本ティップのみ作ります。
で2ティプにしてどちらがどうなのか?研究ですね。
ここは、ピンチをチャンスに考えて次へ進む。そんな状況のように思います。

>Kobaさん

2011年02月11日 10:12

Kobaさん、おはようございます。いろいろとアドバイスをありがとうございますm(__)m
今回、失敗したのはティップ側で、一枚の厚みが1mm以下まで削ってしまいました(^o^;
なので、剥がす時にベキっていくのを恐れています…もっとも、失敗作なので割れてしまってもいいのですが…
今朝、貼り合わせたものを見たら、厚みが薄い分、裏表逆の影響が少ないようにも感じましたので、うまく剥がせそうになかったらこのまま試しに作ってみようと思いました。

>ジョニーさん

2011年02月11日 10:26

ジョニーさん、おはようございます。
いろいろとアドバイスをありがとうございますm(__)m
我ながら、ホントにアホですね(;^_^A
これまでも、竹を割る幅に始まり、節の処理、矯め、切削などでも、改善点を感じながらの製作でした。
やっぱり、自分で手を動かしてみないとわからないことばかりですね!
先ほど、Kobaさんの返信にも書きましたが、もしも剥がせそうになければ、このまま続けて作ってみようと思います。
2ティップのアイデアは、ぜひともお借りしますm(__)m
今回の製作で気付いた点は記録してあるので、次に活かしていきます。
去年の冬に買った真竹も、いいあんばいになってきましたよ^^
こちらはもう2年寝かせますが、8年もの真竹がまだありますので2本目にも続けます^^

こんにちは

2011年02月11日 11:11

私のようにいきあたりばったりでないところがしげさんの凄いところ。
わたしこそ見習うべきところが多いですよ(笑)
良い素材もあるのでここはもう一本といきましょう。ティップだけならすぐにできるはず。2度目ですから、もう前回のことは体が承知してるはず。
きっと良い物ができると思います。期待しています。
わたしもがんばろ。。。フェルールの素材買ってきたいのですが雪ですね。

>ジョニーさん

2011年02月11日 15:12

ジョニーさん、こんにちは。
いえいえ、今回に限らず・・・僕はかなりおっちょこちょいなんです^^;
先ほど、Ryoshiさんからメールが来て、『思わず笑ってしまった。』とのことでした。
『昔、エレキを霞ヶ浦の土手に置き忘れて、なくなったこともあったよな~^^;』なんて話していました。
バンブーは、またティップを作るつもりです。
1本目の反省もたくさんあるので、製作工程にも一工夫しようと考えています。
これからも、気長に見守っていてください^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。