Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode221 … バスフィッシングの経験を・・・

2011年 02月11日 16:22 (金)

関東・甲信越地方の渓流解禁まで、いよいよ一ヶ月足らずとなった!

昨年の9月には、長いオフシーズンだと思っていたけど、過ぎてみればあっと言う間・・・
バンブーロッドの製作も未だ苦戦中だし、作りたかったストレートタイプのランディングネットも手付かずのまま、ダイエットどころか体重は増え、貯金もままならない!!

立てた目標はどこへ???って状態だ^^;


そんなことは十分承知の上で、「今季の渓流釣りは、何を目標にしようかな?」とあらためて考える今日この頃・・・

 「尺岩魚を釣りたい!」とか、

 「年間20日間は渓に立ちたい!!」とかは、いま一つピンとこなかった。


そんな時、渓流タックルの準備に荷物をひっくり返していたら、懐かしいものが出てきた。

DSCN0401_20110211153819.jpg


今にして思えば、ほとんど勝てなかったな・・・^^;

大きなバスをたくさん釣りたくて、トーナメントで勝ちたくて、今日みたいな雪の降る日も、真夏の40℃近い気温の日も湖上にいたっけなぁ・・・^^;

b02.jpg
 
先日の管理釣り場では、これまでナイショで使っていた“フライフィッシングのダウンショットリグ(略してDSリグ)”に、トラウトガムという初めて使ったフライがベストマッチしたことに嬉しさをおぼえた。

初めてにも関わらず、意外にすんなりと使えたこと、バスフィッシングのノウハウが活かせたことがその理由だった。


「でも、これってトラウトガムやDSリグだけじゃないよな・・・」

「もっと、もっと、バスフィッシングの経験を、渓流釣りに活かせる場面てあるんじゃないだろうか?」と考えた。


僕の渓流釣りは、高校生の頃に近所の奥武蔵でちょっとかじった程度で、実際はここ5年間だけ。
上達するには、まだまだ日数も匹数もぜんぜん足りない。

けれど、今後も劇的に釣行日数を増やせるとは思えないし、このまま何も考えないまま続けても、目指すレベルには届きそうにない・・・


シーズナルパターン、エリアの絞込み、新規開拓、タックルの考察、テクニックの上達方法、果ては他の釣り人の裏読み?^^;・・・これらバスフィッシングの基本的な経験や知識を、少ない時間というハンデを補うために使うことが上達の近道になるかもしれない。


そんなわけで、今年の渓流釣りではこれまで以上にバスフィッシングの経験を活かしていこうと思った。


IMG_6387_20110211153818.jpg
(懐かしの写真^^;)


ブログランキングに参加しています。
よろしければ“ポチっ”とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

2011年02月11日 23:29

いろいろな視点から物を見るのは必要なことなんでしょうね。
しげさん仕事が忙しそうなのでお体気をつけてください。
私は。。。体調が優れないとおもっていたらちょっとした病気になってしまいました。
竿作りやフライフィッシングは昔からの病気ですが、今回はそれ以外のものです。(苦笑)
体が資本です。休みも必要だと最近感じる今日この頃です。

凄い!

2011年02月11日 23:38

こんばんは(^^♪

トーナメントは、自分の釣りの技と魚の生態の知識を生かす場ですね~~

フライの釣りも、魚のポイント・・すなわち生態が分かって来ると
ドライもニンフも結構釣りになるもの(笑)
キャストや、ロングティペットも大事だけれど、結局はポイントに入れる事、ポイントを知って居る事・・・

管理釣り場も、自分はポンドより鹿留の様な渓流タイプの所の方が釣りは楽です。
自然の魚も、放流された魚も、入るポイントが同じだから(^^♪

一番下のバスはコクチバスかな?

2011年02月11日 23:52

しげさん こんばんは(^^)
しげさんのFFスタイルは、いろんな釣りとクロスオーバーしているからこそ、戦略的かつ魅力的なんですね。
もしご機会があれば、『新規開拓』として山形にも是非お越し下さい(^o^)丿

こんばんは。

2011年02月12日 00:22

輝かしい思い出ですね!
トーナメントという舞台で、それを手に出来るのは本当に凄いことだと思います。

バサー時代の豊富な経験と、しげさんの探究心を持ってすれば着々と上達すると思います。
目標をしっかり立てるのも上達には必要なんでしょうね。
でも向上心の薄い私にはちょっと厳しいかな^^;

2011年02月12日 00:54

しげさん、こんばんわです!
優勝と準優勝とは、すごいですね~~^^

僕の場合ですが、自分の中のフライの上達度合いは 人の出会いに比例してました、真摯に求めて入れば、天が巡り合わせてくれるんだぁ~~って

教えてもらっても 自分の物にするには、また一苦労するのですが
(^^;

>ジョニーさん

2011年02月12日 10:29

ジョニーさん、こんにちは。
今年になって以来、トイレに行く時間もままならない忙しさです。
(おかげで最近便秘気味です^^;)
ここへ来て、さすがに息切れがしてきたので、一昨日は少しだけ仕事も手を抜きました^^;
40歳代半ばに来て、このまま大忙しの会社人間として進むか?ちょっと路線を変えようか?…と悩むこの頃です。
お身体は大丈夫ですか?
『身体が資本』まさにそうですね^^
この趣味は、長く付き合えることも素晴らしさの一つだと思っています。
お互いに、たまには振り返りながら、ずっと続けていきましょう^^

>アダムスさん

2011年02月12日 10:41

アダムスさん、こんにちは。

まさに、『結局はポイントに入れる事、ポイントを知って居る事・・・』に同感です。
「魚釣りは、一に場所、二にエサ、三にウデ」と昔の人は言いましたが、魚のいない所でどんなに頑張っても相手がいなければムリ…ということですよね。

バスも、渓流も同じだと思っています。
広くは、今どの地域の渓流がホットなのか?
源流か?上流か?中流か?
人の入り具合を加味すると、どこがトータルでいいか?
その上で、淵か?瀬か?カタか?
釣り方は???
と言う具合に、大きな視点から、フライやエサを撃ち込むポイントへシフトしていくことが大切かと思っています。

バスでは、これをしていました。
次は渓流でも、こんな流れで思考を組み立てていければいいのかな?と思っています。
おっしゃるように、小手先のテクニックは、たんなるツールだと思います。

一番下の写真は、桧原湖のコクチバスです^^

ここのトーナメントでは、なかなか上位にはいけませんでした^^;

>こりらさん

2011年02月12日 10:53

こりらさん、こんにちは。
バスの頃は、エサ釣りの経験にとても助けられました^^
だから、きっとFFでもこれまでの経験をもっと活かすことができるんじゃないか…まだまだ利用しきってないな…という思いがありました。

『新規開拓』大好きです^^
同じ場所に通いこむのも釣りの楽しみかとは思いますが、僕は新しい発見や知らない場所を開拓するのが好きな性分です。
近い将来、山形にもぜひ行きたいと思っています^^
(ちなみに僕は、北海道ではなくて東北や北陸に憧れます。)
そのときは、お会いできたら嬉しいですね^^

>小猿さん

2011年02月12日 11:04

小猿さん、こんにちは。
いえいえ、プロアマのオープン戦がやっとで、プロ戦はさっぱりでした…^^;
渓流シーズンが禁漁を迎えるたびに、今年は何を得たんだろう?と自問自答しますが、なかなか思うように上達しません。
あと25年は、頑張って渓流釣りに行きたいと思うのですが、年々時間の過ぎ去るのが速くなってきて(歳ですね^^;)…目標をもって楽しもう!と考えました。

小猿さんからは、『渓流に対する強い信念・思い』を持っていらっしゃると感じています。
それは“釣り”だけではなく、なんというか…もっと広い『渓流』のように感じるのです。
間違っていたらゴメンナサイですm(_ _)m

>山紫水明さん

2011年02月12日 11:20

山紫水明さん、こんにちは。
あまり勝てませんでしたが、たまには運が味方してくれた時もありました^^;
実は、優勝の楯よりも準優勝の小さな楯の方が、苦労して入賞できた思い出になります^^

人の出会い…僕はちょうどフライに転向したのと、HPを始めたのが同時期でした。
こうして皆さんと知り合えて、時には一緒に渓流へ連れて行っていただけると、『百聞は一見にしかず』を痛感します。
そして、それは釣りだけではなく、山のことやその他もろもろ(ナイショも含めて^^;)いろいろと勉強になりますね!
そんなときに、もっと自分の時間が欲しいなぁ~とつくづく思うこの頃です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。