Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode226 … 楽できるかな?

2011年 02月24日 01:09 (木)

先日、2本目のバンブーロッドの竹割りを始めた。
次は火入れ、そして矯めに入るつもりだ^^

一方、1本目のロッドを作ってきた過程で、バンブーロッドは『切削にかなりの労力がかかる』と思った。

なにしろ、竹割り鉈やカッターで硬い竹を削るのだから・・・仕方がない。
しかも、結果的にほとんどの材料(竹片)を削り落としてしまうことになるのだ。
もっと楽できる方法はないものかと考えていた。

そこで、当たり前の思いつきだけど、

 ・電動工具の使用

 ・治具を作る

に挑戦してみることにした。


まずは、電動工具が到着した^^

DSCN0919.jpg

残業を終えて家に帰ると、注文しておいたベルトサンダーが着いていた。

DSCN0915.jpg

先週の日曜日のこと。
近所のホームセンターでベルトサンダーを物色してみた。すると、このサンダーが一番安かった。
元々、あまりお金をかけるつもりはなかったいのでよしとした。

ここで一旦家に帰り、ネットで検索してみる・・・

なんと!ホームセンターより1,500円以上も安く売られていた^^
しかも、送料込み!!


購入のポチ!まではそこそこ迷ったけど・・・え~い!!買ってしまえ!!!^^;


DSCN0918.jpg

そして本日、無事に着いたと言うわけだ。



DSCN0921.jpg

過去に、このベルトサンダーなるものを使ったことがあるけど、かなりのパワー、スピードで木を削ってくれた。
これなら、硬い竹も楽に、短時間で削れるかもしれない^^;



DSCN0922.jpg


ちなみに、付属品として、番手の異なるサンディングベルトが3枚、ダストバッグ、ひっくり返して本体を固定するためのクランプが梱包されていた。


問題は、削りすぎるかもしれないこと・・・
次の休みに時間が取れたら、冶具の製作にかかってみようと思っている^^



ブログランキングに参加しています。
よろしければ“ポチっ”とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おはようさん(^^♪

2011年02月24日 10:40

おお!

強い味方ができましたね~~(^_^)/
出来たら、上下出来る、サンダーを動かすレールみたいな物が出来たら、テーパー付けや、切削が楽だと思うのだけど・・

あるいは、サンダー固定で、ワークの方を動かす?

冶具の部品で困ったら、相談にのりますよ~~
何せ、鉄を加工する機械にはこまりませんから(笑)
勿論、無料だよ(*^^)v

でましたね。

2011年02月24日 11:34

ベルトサンダー。。。
治具までつくるとはこれは本格的ですね。
私は手作業になれてしまいました。いつもみなさんからはフォームなど造れば。。。と言われ続け、かたくなに手作業に執着してきました。
是非完成したら拝見させてください。
アダムスさんは金属加工が本職なんでしょうか。
すばらしい見方がいて良いですね。うらやましいです。

>アダムスさん

2011年02月25日 06:49

アダムスさん、おはようございます。
心強いお言葉、本当にありがとうございますm(__)m
お察しのとおり、二本のレールの間に高さをズラしたもう一つのレールをはさみ、そこに竹片を入れようとしています。
真ん中のレールは、テーパーがつくように上下させます^^v
普通のバンブーロッド製作のプレーニングフォームが溝の幅を可変させて落とし込むなら、今回のは乗せる部分を上下させるイメージです。
あとは、上にはみ出した部分をサンダーで切削すれば、貼り合わせの直前までの工程が済んでしまう・・・と目論んでいます^^
果たして上手くいくものかどうか、まずは試してみます。
壁に当たったときは、アダムスさんのお知恵と技術をお貸しくださいm(__)m

>ジョニーさん

2011年02月25日 07:05

ジョニーさん、おはようございます。
やっぱり、治具を作ることにしました。
というのも、この先もKawagarasu製法でバンブーロッドを作りたいと思ったからです。
失敗した1本目でも、バンブーロッドのソリッド感、しなやかさを十分に感じました^^
さらに、あの軽さです!
六角の普通のバンブーのような再現性はないかもしれませんが、自分で使って楽しむための竿作りなので気になりません。
そうなると、週末も自分の時間はほとんどないので、効率UPを図るしかないと思いました。
治具を組んだらブログにUPの予定です^^
アダムスさんは、金属加工のプロフェッショナルです!
アダムスさんのブログに最近UPされた、フックの考察は凄いですよ。
まさに、専門家です^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。