Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode234 … 楽しみに^^

2011年 03月23日 22:50 (水)

3月6日の釣行で、長年使ってきた渓流竿が折れてしまった。

ところが、『釣り保険』に入っていたこともあって、少しは保険金の出る見込みがある。

ならば・・・と言うわけで、渓流竿を新調することにした。

ちなみに、この竿が届いてすぐに地震があったので、使えるようになるのはまだまだ先の話かな・・・。

DSCN1056.jpg
 
渓流竿の購入にあたって、「どんな竿を買えばいいのだろうか?」といろいろと調べてみた。
実は、買ってしまう前の、“あれこれ悩む期間”が一番楽しかったりするのだ^^


まずは、僕の使い勝手、使うフィールドを振り返ってみると・・・

 ① 藪沢で流れはそれほど太くない

 ② 対象魚は岩魚が中心(ほとんど)

 ③ 提灯仕掛け

 ④ 渓流シーズンの半分弱の期間を使う(3月から5月まで、6月以降はフライフィッシング!)

てな感じ。



そこで、

 ・長さは5.4m前後

 ・硬調子

 ・ズーム機能は不要(竿の伸ばし&縮めがシンプルにできること)

 ・予算は1万円以内

としてみた。


初めは、大手メーカーのD社、S社あたりで探してみたけど、価格的に厳しいものがあった。

そんなときに、僕のお気に入りのテンカラ竿のメーカー“宇崎日新”を思い出し、インターネットで調べてみるとD社やS社よりも値引き率が大きい印象を受けた。
なんと、セール品で定価(約¥15,000)の半額もあったのだ^^


これなら、予算内で1ランク、いや2ランク上位機種が買えるかも!
しかも、宇崎日新の竿は、“made in Japan”なのだ^^


そこで、早速注文して届いたのがこの竿だ。

DSCN1059_20110323222505.jpg

「ルシード JIP 枯山水Ⅱ 硬調 540」


スペック的には標準的な竿にしてみた。
というのも、未だ渓流釣りはシロートなので、まずはオーソドックスな竿で使い込んでみようと思っているからだ。

DSCN1065.jpg


でも、実は一点だけ不満がある。
なんと、竿袋が付いてない・・・^^;

DSCN1058.jpg

少し落ち着いたら、自分で竿袋を作ってみようかと思っている。


と・・・ここまでは準備もできているのだけど、今はガソリンも買えないし、まだまだ釣りに行けるような状態ではないので、しばらくは竿を眺めているだけにしておこう・・・。

でも、たとえ釣りに行けなくても、竿を伸ばして振っているだけで、気分がリフレッシュされたり、元気が出てくるから不思議だ^^;

この竿を渓流で使う日を楽しみに、明日も超満員の通勤電車に負けず出勤しよう!^^



ブログランキングに参加しています。
よろしければ“ポチっ”とお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2011年03月24日 12:41

こんにちは。

ついに新調しましたね。
実は自分も枯山水5.4持ってます。もう5年くらい前に買いました。
予備竿になってますが、4.5の出番が多くまだ数度しか使ってません。へんなくせも無く使いやすい印象です。
このメーカーはコストパフォーマンスに優れていますね。
あっ、ちなみに自分のは袋つきでした。

>oldflymanさん

2011年03月25日 05:37

おはようございます。
近所の釣具屋さんで、折れた琥珀の修理を聞いてみたら、やはり部品がないとのことでした。
なので、新調してみました^^
枯山水は、oldflymanさんのお墨付きなら自信が持てます。
5年前にもあったなら、ロングセラー=使い勝手が良い!
と考えてよさそうですね。
使う日を楽しみにしています^^

お久です(^^♪

2011年03月25日 09:25

今回の災害は、心が痛みます・・・

なにせ、ホームにしていた、場所が全滅してしまいました。

毎年の様に、通っていた場所、親切にしていただいた、皆さん。
漁協の組合員も、本当に親切な人ばかりでした・・
雑貨屋のおばちゃん、旅館のご主人・・・皆さんの無事を祈るばかりです。
20年以上、殆ど毎年の様に宮城の大川、気仙川、鵜野住まい川、大槌、小槌、盛り川、閉川、小友川・・・


しげさん、新竿の入魂は、少し先になりそうですね・・
フライに良い季節が来てしまうかも(笑)

楽しく拝見させて頂いてます

2011年03月25日 21:21

しげさん こんばんわっす(^^)
ブログを更新して頂いて、ありがとうございます。
改めて申し上げますが、しげさんのブログ、本当に楽しみにしております。
自分の方もボチボチ更新したいのですが、ガソリンに代表される物資などの面で多少なりの混乱もあり、ブログが休止中な現状です(^^ゞ
世の中のいろんなことが落ち着いて、また釣りを楽しみ、それらをブログにアップ出来れば良いなぁと切に願っています。
もう少しですよね。
きっと!!

>アダムスさん

2011年03月26日 11:11

アダムスさん、こんにちは。
今回の被災地は、言わば、アダムスさんの心の故郷なのですね・・・
僕も、近いうちに、ぜひ訪れてみたいと思っていた渓がありました。
ほんとうに、心が痛みます。

新しい渓流竿が使えるのは、まだ先になりそうです。
でも、かならず使う日が来るので、今は仕事をしっかりと片付けて、また家族のことを優先しようと思っています。
釣行記がUPできる日を楽しみに頑張ります^^

>こりらさん

2011年03月26日 11:17

こりらさん、こんにちは。
ありがとうございますm(_ _)m
そう言っていただけると、ブログを再開してよかったと思います^^

僕らの親、その親の世代は、終戦後の日本を復興させてくれました。
今度は、僕らの世代が子供達の世代のためにも頑張らねば・・・と思っています。

それには、元気の素となる“楽しみ”も必要ですよね!
お互いの釣行記がUPできる日を楽しみにしています。
そして、東北の渓で、こりらさんと一緒に釣りを楽しめる日が来ると信じています^^

こんばんは。

2011年03月27日 01:03

新しい竿、いいですね~!
そうそう宇崎日新ってMADE IN JAPANなんですよね。
このご時世でたいしたものです。
釣竿に限らず我々日本人がMADE IN JAPANを手にするのが厳しくなっているというのもどうなんでしょうかねぇ。
モノが良い悪いじゃなくて、自分達の国のモノを使うのが本来自然だと思うのですが…。
これが豊かになった日本の姿なんでしょうかね?
もちろん海外のモノを否定しているわけではありません。

素晴らしい入魂が出来る事を願っています。
またレポも楽しみにしています^^

>小猿さん

2011年03月27日 11:31

小猿さん、こんにちは。
小猿さんが愛用しているテンカラ竿も宇崎日新ですよね^^
今回購入したこの渓流竿も、作りとかが似ている気がしました。
きらびやかな装飾もなく、特殊な機能もありませんが、基本的な性能の確かさを感じています。
そう、いつからかmade in Japanが少なくなりましたね。
日本人としては、ちょっと寂しい気持ちになります^^;
そろそろ、岩魚たちに会いたいですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。