Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode283 … フックは消耗品・・・

2011年 06月18日 08:37 (土)

先日の朝練で、卸したルアーのフックがボロボロになってしまった。
そこで、昨夜はフックを交換!

RIMG1365.jpg
 
渓流ミノーは、細軸で繊細なフックが付いているので、傷みが早いようだ。
上の写真のフロントフックは、何匹か釣るうちにトリプルからシングルフックになってしまった^^;


RIMG1368.jpg

他のミノーのフックも、ゲイプが開いたりしたものもあった。
現地では、フォーセップで曲げ戻して使っていたけど、一度開いたゲイプは弱くなってしまう・・・

さらに、前回は岩魚釣りだったので、ベタベタに岩周りを引きまくった^^;
当然ながら、ポイントは潰れ始めて刺さりが甘くなる。
甘くなると、しっかりとフッキングしないので、ゲイプが開くと言った悪循環にはまってしまうのだ。

バスの頃は、現地には必ず目立て鑢を持っていき、その場でサッと砥いで使っていた。
(化学研磨のフックは、ダイヤモンドシャープナーよりも目立て鑢が使いやすい)

今回は、久しぶりのLFに、こんな大事なことも忘れていたのだ^^;
だからバラシや掛かり損ないがあったのかもね???


RIMG1372.jpg

というわけで、フックの交換も完了!
フライだと先が甘くなればゴミ箱行きだけど、ルアーはそうはいかない。
スプリットリングを外すのって、なんだか久しぶりだったなぁ・・・^^;



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、岩魚クンをポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

2011年06月18日 09:30

攻め方の違いからか、ルアーは餌や毛鉤よりフックポイントへのダメージが大きいんでしょうね。
着々とルアーフィッシングの準備が進んでいますね。
今後のレポを楽しみにしています^^

>小猿さん

2011年06月18日 12:24

小猿さん、こんにちは^^
今回、表層、中層、低層と引き比べてみたのですが、
底の岩を舐めるようにルアーをトレースしながら、岩魚のコンタクトポイントでヒラを打たせないと食ってはくれませんでした。
当然、針先には岩が当たってしまいますので、ヘタってきました。
フライでは、ラインのテンションがルアーほどかからないので、こんなふうにはならないですよね。
実は、前回ルアーFをやっていて、フライのヒントをつかんだんですよ!
僕のニンフがなんで釣れないのか・・・原因がわかって良かったです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。