Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode288 … 何年ぶりだろ???

2011年 06月26日 12:19 (日)

来週の釣行は、いよいよフライフィッシングの予定^^

フライボックスの中身をチェックして、少し巻き足しておかなきゃ!
ってことで、久しぶりにエルクヘアカディスを巻いてみた。

RIMG1408.jpg
 
 
実は、生涯初めて手にすることができた岩魚は、エルクヘアカディスによる一匹だった。
バスフィッシングからフライフィッシングに転向した2006年の5月、山間の田んぼの中を流れる小さな沢で、オレンジ色の斑紋と黄色いお腹が印象的だった。

以来、エルクヘアカディスばかり使っていた時期(2年間位)がある。

巻くのも簡単、良く釣れる、蒸気にあぶればリサイクルもOK・・・
このフライのメリットはたくさんあった。


ところが、僕のリーダーシステムがだんだんと長くなるにつれて、ボディハックルで回ってしまうというのが致命的で、今や使わなくなってしまった。
そしてついに、フライボックスからも姿を消すことになった。

代わりに、CDCカディスやピーパラ&イワイイワナをテレストリアル系として使うようになったけど、エルクヘアカディスの持つ独特の“虫っぽさ”とは違うように思う。
しかも、このフライの岩魚を引き出す力はずば抜けている・・・


そこで、今年からエルクヘアカディスを復帰させることにした。
もちろん、以前のver.よりもエルクのボリュームを減らし、ボディハックルも必要最小限にして巻いてみた。
こんなバランスでどうだろう???^^;


マテリアルも以前より軽くなった。

 ・フック       バリバスIWI S-2000
 ・ボディ       ターキーテール(余りもの)
 ・ボディハックル  サドル(ファーネス)
 ・ウィング      ブリーチドカウエルク

ボディにはダビング材を使っていたけど、今回はフェザーにしてみる(水切れもいいので^^)。


RIMG1411.jpg

今年は雪も多かったので、来週の釣行地も状況がイマイチわからない。
そこで、春っぽいフライから夏っぽいものまで、まんべんなく揃えておいた。

これにニンフ(ヘビーWt)、ウェットをベストに忍ばせ、雪シロ対策にルアータックルを少々・・・^^;

でも、今回は久しぶりにフライで岩魚を釣りたいな^^



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、岩魚クンをポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

バッチリですね!

2011年06月26日 16:26

しげさん こんにちは(^^)
実に、扱いやすく釣れそうなEHCですね。
バランス良くしっかり巻かれていて、浮きも良く何匹釣っても壊れない感じがします。
さらに、ボディハックルをカットしていらっしゃるので、投射性に優れ、ティペットトラブルも極めて少ないと思います。
ちなみに私も、EHCのボディハックルはカットして使っております。

>こりらさん

2011年06月26日 20:00

こりらさん、こんばんは。
おほめいただき、ありがとうございますm(_ _)m
ボリュームダウンしても、全体のバランスは崩さないようにしたかったです(^^
ボディハックルは、以前はグルグルに密に巻いていたんですけどね(^_^;)
あとは、水面を滑りやすいので誤魔化しがきかないフライですよね。
あとは久しぶりに使ってみて、多少なりとも進歩があればなぁ~と思ってます。

こんばんは。

2011年06月27日 21:20

私はドライフライといえばエルクヘアカディスですね。
確かにこのフライは簡単に巻けます。
でもテンカラ毛鉤に慣れてしまうと、このフライでさえ面倒臭く感じてしまいます^^;

いろんなフライを持って行けば状況の変化にも対応出来るし、使い分ける楽しみもありますね^^
ぜひフライで岩魚を釣ってきて下さい。

EHCは、ドライの基本!

2011年06月27日 23:05

このフライは自分的には、大好きなフライです(^^♪

自分のフライは前にUPした通り、ピーコックアイがボディに使ってます・・このピーコックアイは不思議なんだすよね・・ウエット的に使っても釣れる・・(*^^)v
様は、ドラックが架かって沈んでも釣れるです(笑)

ボディーハックルは、薄く巻く(実はヘンハックル)と回転しません。
自分は、ボディハックルは虫の足だと思って巻いているので、カットはしません。

そろそろ、陸生昆虫の世界ですね・・
自分の陸生昆虫のフライをUPしときます・・参考までに(笑)

>小猿さん

2011年06月28日 00:01

小猿さん、こんばんは。
エルクって、かつて良い思いをさせていただいているわりに、最近は冷たい対応をしてしまいました^^;
ちょっと反省と、数年前の僕よりは多少は使えるようになっただろうという期待も込めて巻いてみました^^
フライって不思議ですよね!
さっきまでUターンしていた魚が、フライを変えただけでバックリなんてこともあって・・・
EHCも、ぜひマスターしたいですね^^

>アダムスさん

2011年06月28日 00:04

アダムスさん、こんばんは。
やっぱり皆さん、このフライは好き(マスターされて)いるのですね!
僕も、使えるようになりたいと思っています^^
ヘンハックルのアイデア、ぜひお借りします。
これなら回らず、しかも水面の干渉具合が虫っぽいですね。
アイをつかうのも試してみます。
アイはたくさん余っていますので^^;
陸生昆虫のUP、楽しみにしていますm(_ _)m

エルク

2011年06月28日 00:17

しげさん
こんばんは^^
今回はフライですね(笑)
エルクは絶大な信頼を置いてます。確かにフライが回転し、トラブルが多発していたころもありました。対策としてはバランスなんでしょうね。
良質なハックルがなく、長い場合はやはりカットすることとティペットを可能な限り太いものを使うこと。あとは自作の竹竿でゆったりキャスとすればチリチリになりません(笑)
沈んでも釣れるこのフライ。。。岩魚にはもちろん山女魚にも人気あるように思います。

>ジョニーさん

2011年06月29日 06:02

ジョニーさん、おはようございます。
これまでにもいろいろと試してきましたが、通常のエルクの巻き方では15ft以上のシステムには厳しいようですね。
ショートシステムにはバツグンかもしれません^^
結局、CDCカディスになってしまうのですが、それだとちょっとちがうんですよね^^;

2011年06月29日 21:16

しげさん、こんばんは。

僕もかれこれ10年ほどエルクヘアカディスはご無沙汰で、
今年から再度使い始めました。
替わって使っていたのが、エアロドライウイングを使ったADWカディスでした。
巻くのが簡単で壊れず高浮力(持続力も)なのですが、唯一欠点が・・・
外見がチープでかっこ悪いんですよ。(笑)

僕はしげさんとは逆でどんどんリーダーシステムが短くなってきているのですが、
わざと重いフックに巻いたEHCはリーダーフィッシングでは非常に使いやすいですよ。

話は変わりますが、例の件 お世話になりました。
しげさんのご指摘により中止になったようなものです。
とっても嬉しいです。(^^)
本当に有難うございました。



>プラントFさん

2011年06月29日 22:54

プラントFさん、こんばんは。

EHCの実力を、僕は引き出せていないように思っていたんです^^;
そこで・・・再挑戦です!
問題は、回転しないことでしたが、なんとかなりそうな感じです。
明後日、試してみようと思います。

例の件、良かったですね^^
相手の方が、真摯な対応をしてくださったことに感謝です。
そして、心を動かしたのは、プラントFさん、地元の民さんの熱意だと思います^^

あの渓の山女魚たちが、これからも生き延びてくれることを願うばかりですね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。