Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode296 … とっかえひっかえ

2011年 07月17日 10:27 (日)

前回の釣行では、フライを食いに来る岩魚はたくさんいたけど、バックリと食べてくれない岩魚が多かった。

先行者がいるのかな?・・・蜘蛛の巣だらけだけど
既に渇水パターン?・・・梅雨が明けたばかりで、そんなに極端に水位も落ちていない
流し方が下手?・・・今に始まったことじゃない^^;

いろいろと考え、フライもとっかえひっかえ・・・
最終的にはどうにかツ抜けたけど、食い損ねたりUターンした岩魚もツ抜けだった^^;

今回は、そんな中でのフライの試行錯誤の記録です。

RIMG1722.jpg
 
 
入渓直後は、僕にとってこの時期のパイロットフライ、イワイイワナ(#12)からスタートした。

RIMG1511.jpg

すると、入渓して数投で岩魚が出てきた^^
ところが、フライの直前でUターン・・・なんで???
その後も数匹が、フライの直ぐ脇に出たり、見に来るものの食わなかったり。
対策として、サイズを#16まで落とし、よりフィネスなピーパラも試してみたものの結果は同じだった。


RIMG1665.jpg

そこで、同じパラシュートパターンでも、少しフィネスなメイフライパラシュート(#14)にしてみたら、やっと何匹か釣れてくれた。
でも、出てくる岩魚の一部しかフライを食ってくれない。

じゃあ・・・ということで、アント(#16と#18)にしてみると、今度は魚が出てこなくなった^^;
単純に、サイズや色じゃないらしい。


RIMG1667.jpg

ならばパラシュートハックルパターンは止めてみようと思い、CDCベースのフライに変えてみる。
僕の中では、かなりフィネスなシルエット、浮き方のCDCカディス(#13)だ。

これは、効き目があった!
一投目から、バックリ飲まれてしまう^^
ところが、何匹か釣ることができたものの、フライのストックが少なくて乾かしながらの釣りになる(反省)。


RIMG1755.jpg

「カディス系のシルエットならいいのかな?」って思い、今度は同じようなシルエットながら、もう少しバルキーでリアクション的なアピールを強調したEHCを試してみると、再び無視され続けた。
見にも来ないのだ^^;


RIMG1686.jpg

結局、CDCの柔らかな水面干渉やシルエットが今日の岩魚たちの好みなのだろうか???という結論にして、困ったときのCDCソラックスダン(#13)にしてみた。

CDCカディスほどフライの“もち”も悪くないし、今日のコンディションでもまあまあ食ってくれる。
投射性もいいし、ドラグもかかりにくい。
しかも、ストックはたっぷりあるのだ^^(好きなフライなので^^;)


ちなみに、ティペットは0.4号~0.8号まで試したけど関係なかった。


そんなわけで、どうにか17匹の岩魚を手にすることができた。
それでも、食い損ねた岩魚は10匹以上はいたかと・・・もっともっと上手く釣る方法があるんだろうな。

それにしても、フライを変えることでこんなにも反応が様々だなんて!
奥が深い世界だと痛感した一日だった。



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、岩魚クンをポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

しげさん

2011年07月17日 22:17

こんばんは

ありがたい意見有難うございました。

生態系についてですが

密放流のみではなくなってきてますね><

例えば

岐阜の根尾川の話です

今年はまだ一度も行ってませんが

鮎に関して(多分渓流魚も少なからず)

おいらの知り合いの人が言ってました

その人は網で鮎を採るのですが

今年はまだ一匹も採れてないって言ってました^^;

何故か?

川鵜が大量発生して鮎を食べちゃうんです^^;

これもかなり前から問題視されてますが

動物愛護団体との兼ね合いもあって駆除できないそうです><

こういった問題も上手く漁協さん解消してくれると嬉しいですね

又お邪魔しますね

お邪魔しました^^

>toらうとさん

2011年07月17日 23:40

toらうとさん、こんばんは。
お寄り頂きありがとうございます。
こちらこそ、不躾な書き込み失礼いたしました。

これまで当たり前のようにバスをリリースしまくって、ふと我に返れば日本の自然がとんでもないことになっていたのに気付いたのです。
今にして思えば、ぜ~んぶキャッチしておけば良かったです。

川鵜はたしか、過去に絶滅が危惧されて保護されていたと聞いたことがあります。
なので、手を出せないところに問題がありますよね。
環境省が、鳥獣保護法を改正する動きもあるようですよ。
さすがに漁協さんに法改正をしていただくことはできないので、まずは行政や立法の仕事かと思っています。

一方で、日本は密漁にしても密放流にしても罪が軽いので、なんとかして欲しいですね。
琵琶湖のフロリダバスなんて、DNA解析の研究結果なんて読むと恐ろしくなります。
大規模な組織的犯罪ですよね!
かつて、このような歪んだ世界を崇拝していた自分が恥ずかしいと思うこの頃です。

またお気軽にお寄りください^^

T'S CAFE ご来店ありがとうございまいます。

2011年07月18日 12:26

フライフィッシングを楽しまれているのですねいいですね。当方も長い間楽しんでいますが面白いですよね。しげさんも 素敵な写真撮られてますね 勉強させていただきます。当方も 先日P5100を離脱しました やはり広角の魅力にハマっています。これから お邪魔しますのでよろしくお願いします。

こんばんは(^^♪

2011年07月18日 21:19

むふふふ・・・
フライの選定に悩んでますね~~

これで、段々・・・フライの種類が増えていくんですよね~~(笑)
フライボックスも増えて、どんどんとドツボにハマって行くんです・・

渓流のフライが面白くてしょうがないしげさん!
大いに悩んで下さい(*^^)v

>T's CAFE MASTERさん

2011年07月18日 22:01

T's CAFE MASTERさん、こんばんは。
お寄り頂きありがとうございます。
まだまだ始めて間もないですが、渓流のフライフィッシングにハマっています^^
P5100を手放したのは、T's CAFE MASTERさんと同じ理由です。
ただし、僕の場合はなんでも入れすぎてしまい、何を撮りたかったのかを表現できずにいます。
こちらこそ、勉強させていただきます。
今後とも、宜しくお願いいたします。

>アダムスさん

2011年07月18日 22:06

アダムスさん、こんばんは。
釣り上がりには、そんなに多くの種類のフライは不要かも?
なんて思っていましたが、パターンを変えるとこんなにも食い方が違ってくるものなんですね。
ベストがパンパンになるまでフライボックスを入れている人を見ますが、そういうことだったのですね。
渓流フライフィッシング、本当に面白いです!
30年早く気付けば良かったです^^;

2011年07月18日 22:18

こんばんは

そうですよね?

先ずは一番大切な法改正ですよね?

かつてはおいらもキャッチ&リリースが

当たり前だと思ってました^^;

でも結構Bassも食べましたよ^^w(大江川のは食べれませんが;;)

あれは臭いですが皮を剥ぐと臭い無くなります^^

しかもカワハギのように綺麗に剥ぐことができます^^

おすすめはバター焼きかフライですね^^

フライは1日置くと更に美味しくなりますよ^^

密放流に関しては

実刑判決も有りな法律欲しいですね?

懲役1年罰金50万以上がいいですね^^w

与党、野党くだらない争いしてる暇があったら

先ず今ある問題(原発、被災者に対する優遇)

密放流、密猟、例えればきりがありません^^;


話変わりますが

アグレッシブなイワナには

時にはデッドドリフトも効果的ですよ^^


お邪魔しました^^

>toらうとさん

2011年07月19日 00:12

toらうとさん、こんばんは。
バスは僕も食べましたよ。
さすがに霞ヶ浦水系は止めましたが、芦ノ湖や西湖あたりは臭みもなく美味しかったです。
でも、年間1000匹近く釣っていたうちで、食べるのは1匹いるかいないか…そんなもんでした^^;

僕は、罰金はもっと桁違いに高くてもいいと思っています。
例えば、琵琶湖のフロリダバスの蜜放流による業界の経済効果を考えれば、50万は安すぎませんかね???
なんせ、世界記録まで作り出してしまったのですから・・・
その影で、琵琶湖の生き物達はどんなことになったのでしょうか。
これは、今後どんなにお金をかけても戻ってこないのです。

結局、ゾーンニングが不可能なことはこれまでの経緯が証明していますし、バスを釣る限りどこかでバスを容認してしまうのだと思います。
だから僕はバス釣りを止めました。
すべてを元に戻すことは不可能ですし、個人の力は微々たるもんですが、自分ができることは全てやろうと思ったのです。

なお、デッドドリフトは僕のウデではまだまだ難しいですね。
強い流れを跨いで、向こう側の緩流にフライを留めておけるのは、ものの数秒が限界ですね…下手ですので^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。