Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode309 … つまらない独り言です

2011年 08月15日 23:59 (月)

episode309では、いろいろと愚痴ってしまいましたが、いつまでもweb上に晒しておくのもみっともないので削除しました。

元々、一日ほどの予定でしたので・・・

コメントをくださったjetpapaさん、プラントFさん、ありがとうございました。
リコメは、メールにて返信させていただきますね!

Flyfishing+ from Mt.Pigeons! 管理人しげ
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2011年08月17日 21:14

しげさん、お久しぶりです。今回の野犬さんの件は大変でしたね。お疲れ様さまでした。ただ、ネット上のやり取りなので気にしないで放っておけば良いと思いますよ。発端になったブログを読んでいないので何とも言えませんが、川を守りたいという気持ちは釣り人共通の願いだと思います(たい)ので。
最後になりますが、禁漁まであと少しですので良い釣りを!

>くーさん

2011年08月18日 00:56

くーさん、こんばんは。
お久しぶりですね(^。^)
おっしゃるように、放っておくことにしました。
河川名の公開の是非に限らず、釣りには様々な考え方があるようですので、きりがないですよね。
しかも、知らないところで好き放題言われてますから、なんとも・・・(^_^;)
今年もいよいよ一月あまりですね。
お互いに、良い釣りができるといいですね!
また、お気軽に寄ってくださいね(^。^)

2011年08月31日 23:42

はじめまして。冷静になれないのはあなただと思う
釣り人の枠でしか考えられないのは実に寂しく思う
この意味は理解出来ないでしょうね

あなた方複数(仲間ですよね)であのようなコメント残して管理人にどうさせたいのか?

偶然見た私も正直嫌な思いをしました

彼のブログの文章を見る限りでは決して悪気はなかったと思います

私は今回の件を釣りを趣味としてる者と全く釣りに興味ない者達に見せましたが皆、野犬さんの方が筋が通ってると言ってました(数人ですので何とも言えませんが)

私が言いたいのはこれだけにします

失礼なコメントお許し下さい

>岸田様

2011年09月02日 00:09

岸田様、こんばんは。
拙いブログにお寄りくださり、また丁寧なコメントありがとうございます。
誤解のないよう返信を書いたつもりですので、長文になってしまい申し訳ありませんが、最後までお読みいただければありがたいです。

河川名の公開について、僕はその全てを否定しているわけではないことをまずご理解ください。
そして、今回、釣り情報誌に掲載される予定だった小渓流A川は、この地方でも奇跡的に、細々と渓魚を育んでいる渓だということもご了解ください。
かつては、付近にわずかながらも渓魚が住む谷もありましたが、現在はA川のみと思われます。
僕らの他にも、地元の方から記事取り下げを願う書き込みがありましたが、地元では渓流釣りが楽しめるほとんど唯一の貴重な渓なのです。

釣りブログや釣り情報誌は、だれもが見ることができます。
心ある方がほとんどだとは思いますが、釣り以外の漁法も含めて根こそぎ獲られてしまい、壊滅的な打撃を受けた渓は実際に多くあります。
つい先日も、仲間から、某沢が壊滅させられた話(数百匹の岩魚のハラワタが捨てられ、魚影は皆無)を聞いたところです。

ですので、今回のような本当に小さな渓の記事を書く際には、「この渓を公開しても大丈夫だろうか?」ということを熟慮していただけたならという気持ちです。
今回のブログの筆者さんは、『プロなので河川名を公開するのが基本姿勢』とありましたが、それにはA川の置かれた状況把握が不十分ではないかと感じられましたので、もっと慎重に、全国一律には考えないで欲しい…とお願いしたのです。

なお、僕を含めてコメントした4人は釣り仲間ですが、それぞれが個人的に書き込んでいます。
逆に言えば、皆同じように危機感を抱いたのだと思います。

岸田様の『釣り人の枠で・・・』とありますが、ごもっともなご指摘です。
釣り人以外なら、お願いすることはなかったでしょう。
町役場のHP記載も然りです。

しかし、先のブログの筆者さまは同じ釣り人です。
釣り人の思いはご理解いただけると考えて、お願いしたつもりです。
まして、プロライターという影響力を持つ方なら、なおさら危機感を持って欲しいと思いました。
結果的には、A川に限らず渓流全般に対する危機感などが、僕とは全く違うのだと痛感しましたが…。

また、野犬さんは僕らの言っていることをきちんと理解せずに、ご自分の記事を書かれています。
事実無根な記載が多々あり、それには心外です。
元々の記事の内容、コメントのやり取り、僕らのプロフ(全員がurlを公開しています)を理解していません。
それらのすべてを反論するつもりはありませんが、ちょっとだけ書かせていただきます。

例えば僕は、「河川名が公表されることで根こそぎ乱獲されてしまったときに、付近に住む子供たちの貴重な渓流釣り場が失われることを懸念して、子供たちの釣り場がなくなる」ことを訴えました。
ところが、彼は『釣り場を子供たちに譲ること』と勘違いされています。
言っていることが、まったく違います。

また、『彼らは河川名を隠すばかりで、放流事業その他の活動にも参加しない。もしも釣り場の危機を憂うなら、釣りを止めることもしないのか?』とも書かれています。
釣り人の枠から抜け切らないかもしれませんが、釣りに行った際にゴミ拾いをしたり、清掃活動にも参加させていただいたり、細々とですができることから実行しているつもりです。
また、仲間の一人は現役の漁協組合員で、放流事業他のさまざまなボランティア活動もされています。

これらは、僕らのブログやHPを見れば直ぐにわかることです。
記事にするなら、きちんと読んで欲しかったです。

実は、かつてA川の放流ができなくなるという話を漁協組合員さんから聞いた際に、「人手が足りないなら、僕らにもお手伝いをさせていただけませんか」とお願いしたこともありました。
これには、漁協さんの複雑な事情を聞き、放流ができなくなった経緯が別にあることを知りました。
以降、僕はA川での渓流釣りを自粛することにしました。

今回の公開取りやめのお願いについては、これまでのA川を取り巻く状況見てきて、なんとかして好転させたいと願う地元釣り人の思いが強いことをご理解ください。
その思いが出すぎて、岸田様をはじめとする方々に不快感を与えたことについてはお詫びいたしますが、小渓流の置かれた現状を知る釣り人の気持ちもご理解いただければと思います。

通いつめた釣り人だからこそ、そこに住む渓魚の様子、変化、渓の移り変わり・・・よくわかります。
それは、A川に限らず、全国どの渓流にも言えることではないでしょうか。

最後に、僕らは「河川名の非公開」が渓魚保護の全てだとは思っていません。
http://keiyuutei.fc2web.com/gomi/gomi.htm
http://www4.pf-x.net/~sensuikan/page024.html

釣り人の枠内ですが、よろしければこんな活動、考え方もあることをご覧いただければ幸いです。
管理人:しげ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。