Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode322 … 渓流釣行の携行品(その1)

2011年 09月17日 20:02 (土)

先日、久しぶりに釣りの準備してベストを着てみたら、

「こんなに重かったっけ???^^;」

ベストの中身にしても流行り廃りがあるように思うし、その他の身に着ける装備も変わってきた。

2011年現在の、僕の渓流釣りの携行品はこんな感じです。

RIMG2194.jpg
 
 
各ポケットの中に入っているのはこれで全部。
多いのか?少ないのか??


左上から下へ、レインジャケット、エマージェンシーBOX、プラセーム、鑑札ホルダー。

ベストの下の一段目は、左からドライフライBOX、ニンフ&ウェット&CDCパターンBOX、ティッシュ、予備のリーダー。

その下の段は、左から粘土マーカー、ティペット(0.6号、0.8号)、フロータント各種(自作液体、ドライシェイク、同スプレー、瞬間接着剤、リップクリーム、メジャー。

左の一列は、背面ポケットに収めている。
それ以外の物は、前面のポケットに入れている。

でも、前面のポケットにパンパンに入れてしまうと、岩にピッタリと身体をくっつけて登るときに邪魔になって危険なので、なるべく荷物は少くなるようにしている。
でも、最近はフライパターンやサイズが増え始めてきて、もう一つフライBOXを追加しようと思っている^^;


RIMG2200.jpg

ベストの前面は、こんな感じだ。
ジェルフロータントが2種類(フライ用とティペット・リーダー用)、クリッパー2個、ホイッスル、フォーセップ、ラインクリーナー、フライ拭き用のティッシュ留め(事務用クリップ)。
右胸のポケットにはデジタルカメラを入れている。

このベスト、ポケットが多いのはいいけど半分くらいが“空き家”になってしまっている。
ちょっと、もったいないかもね^^;


RIMG2205.jpg

背面ポケットに入れているエマージェンシーBOXの中身もついでに。

コンパスは、GPSが壊れたときのために・・・
白いポンプは“ポイズンリムーバー”で、蜂や毒ヘビに噛まれたときに使うつもりだ。
あとは、もしも道に迷って日が暮れてしまったときに、緊急ビバーク用のアルミ製サバイバルブランケット、ウェンガー・ソルジャー、ライター、小さなLEDライト。
3mほどの細引きは、何かの役に立つかも???

このBOXのお世話になる日は、来ないことを願っている。


RIMG2208.jpg

そして、ベストとは別にウェストバックも持っていく。
こちらは、頻繁に使う物や、直ぐに出せるようにしておく必要がある物を入れている。
また、餌釣りのときは、このベルトにえさ箱をつけるようにしている。

スプレー缶はスズメバチジェットで、ある意味で熊よりも怖いスズメバチの緊急対策用だ。
こちらも、今のところお世話になったことはないけど、数匹のオオスズメバチが目の前でホバーリングし、ガチガチとアゴを鳴らして威嚇されたことがあった。
きっとその先に巣があったんだろう・・・
そ~っと後ずさりして事なきを得たけど、藪漕ぎの真っ只中で逃げることは不可能・・・とっても怖かった。

真ん中の金属のパーツは、“ピンソールミニ”。
様々な場面で、とても重宝している。
これも、使いたいときに直ぐ取り出せないと、履くのが面倒になってしまう。
その結果、履かないで進んで必要以上に疲れたり、ズルっと滑って怖いめに会う。


RIMG2212.jpg

最後に、ゲンのいいブーニーハット(アブレなし^^)、熊除けも兼ねた蚊取り線香、自作のランディングネットです^^


これに、ロッドとリールがあればOK!
でも、あらためて確認してみると、なんだか釣り道具が少ないように感じるなぁ・・・^^;

つづく・・・



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、岩魚クンをポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

今日も、暑かったですね~~

2011年09月18日 18:46

ベストの中身は、フライマンは皆さん個性的・・・

自分は、フライボックスだけでも4個は持って歩いてました(笑)
でも、使うボックスは何時も同じ・・・(ーー;)

あれも、これもで・・・(笑)

しげさんの歳の頃は、ビバークしての釣りも多かったので、ライト関係はおごっていました。
最低でも3個は持ち歩いてました・・
山は日が暮れると、真っ暗で半端なライトでは、先が見えないので・・
しげさんも、少しおごって、小型で強力なライトを是非お勧めします、勿論完全な防水構造の物を・・

>アダムスさん

2011年09月19日 07:55

アダムスさん、おはようございます。

フライボックスは、今後は僕も増えそうです。
見切られる魚ってフライを変えると釣れることが多いことを、遅ればせながら知り始めたので、少しずつパターンを増やしつつあります^^
ボックスも買ってしまいました^^;

ライトはリュックを持っていくときには、もう少しマトモなのを入れていくようにしています。
次回は、ベストとセットで使うリュックの中身をネタにしようと思っています^^;

こんばんは。

2011年09月22日 00:11

>フライ拭き用のティッシュ留め(事務用クリップ)。
こうする方法がありましたか。
水気を取るのはやはりティッシュが一番いういような気がします。

私の場合、特にテンカラの時は釣具そのものが少なくなりました。
もっと減量しようと考え中です^^;

>小猿さん

2011年09月22日 05:45

小猿さん、おはようございます。
駅前で配っている無料のティッシュが一番?です^^;
フロータントにドブ漬け→ティッシュ→フロータント
でCDCでも復活しますね。

テンカラは、ウェットなのでこの作業はいりませんね。
シンプルながら、最強だと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。