Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode58 … ロッドブランク

2009年 05月06日 18:58 (水)

冬の間からストックされているロッドブランク・・・
そろそろ、時間を作って作りたい。

IMGP44001.jpg

市販のロッドブランクを購入して、自分でロッドを組立てるようになって2年が過ぎた。

一番最初は、渡辺釣具うらしま堂のオリジナルブランク、『グリーンハート88SF』というロッドを組んでみた。

この当時は、テンカラ風なスタイルを追求しようとしていた頃で、
「どうしたら山女魚を釣ることができるようになるか?」
という試行錯誤の末に、長さと繊細さを求めたのを覚えている。

結果的には、「しょせんテンカラ風は、本家テンカラに遠く及ばない!」と言うことに気付かせてくれ、
さらには、フライフィッシングらしい釣りへと導いてくれた貴重な一本となった。

その後も、その時々に自分なりに考えたことを、異なる性格のブランクやパーツを組み合わせたロッドでトライ&エラーを繰り返してきた。

そんな中で、現在僕の『釣り部屋』にストックされているのが4本のブランク。
昨冬から作って試してみたいのだけれど、なかなかサボっていて進まない^^;



IMGP44002.jpg

1本目は、7’0”、#2~3のグラスファイバーブランク。

このブランクは、ランディングネットの製作をミチさんから教わっているときに、
『グラスのショートロッドを使ってみると、いろいろと得るものがあって面白いですよ!』
という話しを聞いたのが購入のきっかけ・・・

ヤフーオークションで見た方もいるかもしれないが、工場直販で出品されていたものだ。
この工場のブランクは以前購入して使ってみたが、加工精度も高くコストパフォーマンスも高い。
(現在は、H先輩が使用)

調子は『スローテーパーかつ芯のある感じ』で気に入っている。
パーツも揃っているので、あとは組立てるだけ^^;


IMGP44003.jpg

二本目のこちらも、同じ工場の直販ロブランク。
グラファイトの8’2”、#3~4の3Pで、やや張りがある。
管理釣り場で、あまり硬すぎず楽しめるロッドが欲しくなったときに購入した。
しかも、自分としてはちょっと短めで、魚とのやり取りも楽しめるかも・・・という狙いもある。
無塗装なため、近々予定しているネットの最終塗装と一緒に、ウレタン塗装をしてしまうつもり^^


IMGP44004.jpg

3本目は、この連休中に購入した、グリーンハートの7’7”、#2~3、3Pモデル。
ショートロッドの面白さ、使い勝手をoldflymanさんから教わったので、さっそく試してみようかと^^
第一作目の88SFよりスローな調子で、今の僕の好みにもピッタリ!


IMGP44005.jpg

そして最後が、BraggArtの8’2”、#3で、こちらもこの連休中の購入。
バーサタイルな8feetロッドだった、infante803-4(8’#3)を売ってしまったので、その代わりと言うよりも、新たに思うことがあって購入したと言うか・・・

このロッド、実は8’8”モデルもある。
もう少し釣りが上手になれば、きっと8’2”でも、今の8’8”と同じことができるようになる?
と信じて練習するつもり^^;


最近、僕の釣りに行く渓相やスタイルを考えると、次の2パターンをマスターできれば御の字かな?・・・と思うようになってきた。
?開けた渓相・長竿・18feet前後のシステム
?薮沢&源流・短竿・10feet前後のシステム

なので、今後もこの2パターンにおいて、自分が最も使いやすいロッドを探していくことになると思う。
但し、その前提条件は、価格が高すぎないこと。
ごく普通のサラリーマンの僕には、ロッドに出せる金額は、総額2万円~3万円が精一杯^^;
そんな意味でも、この4本のブランクがロッドとして振れる日を楽しみにしている。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2009年05月07日 23:46

しげさん、こんばんは。

開けた渓流で、9フィート前後の竿に18フィートのリーダーがストレス無く扱えれば、
鬼に金棒ですね。

ちなみに僕のシステムは、ファールドリーダー+ノッテッドリーダーで全長12フィートです。
自作ラインがレベルラインなので、ファールドリーダーがフライラインのテーパー部分と考えると、リーダー長は7フィートしかありません。(笑)


>プラントFさん

2009年05月08日 00:59

プラントFさん、こんばんは。
これまで何も考えずに市販リーダーを使っていましたが、
「FFのキモの一つはリーダーシステムかな?」
と思い、昨年は自分なりにリーダーを色々と試してみました。

ご自分でノッテッドリーダーを作られている方は、テーパーの意図するところを理解されているので強いですね!
今度お会いしたときにでも、ぜひプラントFさんのシステムを見せてくださいm(_ _)m

僕は開けた渓では、8’7”竿に18feeet位を乗せて、オートマチックにドラグを回避させて助けられています。
でも、狭い沢系では、まだ使えません。
あっちこっちに引っ掛けています^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。