Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode332 … 100円ショップのシザースは使えるか?

2011年 10月01日 09:01 (土)

フライタイイングに欠かせないツールの一つにシザース(ハサミ)がある。

ところが・・・買うとけっこうなお値段なのだ^^;

RIMG2335.jpg

そこで、以前から気になっていた「100円ショップのハサミ」を買い、さっそく試してみた。
はたしてタイイングツールとして使えるものだろうか???
 
 
まずは、僕の使っているハサミを紹介しようと思う。
用途によって、いくつかを使い分けている。

RIMG2345.jpg

左は、もう何十年も前に買ったTIMCOのディアドレッサーシザース(ストレート)。

大昔・・・少しだけフライをしていた頃に、近所の野池のバスをバスマドラーで釣って楽しんでいた時期があった。
僕の巻くバスマドラーは、マドラーミノーのバスフィッシングver.で、ヘッドの形で水面に引き波を作り、バスを誘うものだった。
この“マドラーのヘッドを刈り込みやすい”というコピーに当時買ってみたものだ。

なんでも、刃にギザギザが入っていて、獣毛が滑らずにカットできるらしい・・・
今では、マドラーは巻かないけど、EHCやブラックハンピー、ハックルフェザーの下処理なんかに使っている。


次に、右側のハサミは、プロショップで買ったもので1,500円くらいだった。
カーブタイプで、タイイング全般に使っている。
こちらも刃先にはギザギザがある。
価格も一般的なら、使用感も普通な感じ・・・
刃の厚みがそこそこあるので、マテリアルギリギリでカットするにはイマイチ使いづらい。


RIMG2348.jpg

つづいて、次の写真の左側もやはりウン十年前に買ったもので、今ではワイヤーのカット用に限定している。
切れ味はイマイチだけど、ワイヤーのカット用なのでまあいいか^^;

そして、右側のものが、今回100円ショップで購入したハサミだ。
指を入れるホールがちょっと小さいのが難点だけど、こうして並べてみるとタイイングツールとして作られたものと大差ないように見える^^;


RIMG2381.jpg

拡大すると、こんな感じ。
刃先は薄く、意外にも繊細で、細かなカットにも十分対応できるのだ。
しかも、若干カーブが入っているのもいい!

このハサミを使って15匹ほどの毛鉤を巻いてみたところ、まったく遜色なく使えるようだった。
先ほども書いたように、難点はホールがやや小さいので長時間は持ちにくいということだけかな。

あとは、耐久性がどのくらいあるのか???
もしかしたら、100匹も巻かずに刃先がダメになってしまうかもしれない。

でも、考えてみたら105円だよね・・・^^;
フライタイイング用の、ちょっと良い物を買えば数千円もする。
そう考えたら、数十本を交換してもイーブンだしね。


RIMG2331.jpg

ちなみに、このハサミは「眉毛用」です。
おね~さんの眉毛じゃなくて、鳥の羽や獣の毛を切ることになってゴメンね^^;



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、岩魚クンをポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

衝撃的!

2011年10月01日 10:59

なるほど、100均のハサミですか~。
この発想、自分にはなかったです。
もちろん、このハサミが商品としてあることは知ってましたが、タイイングに使えるとは思いつきませんでした。
しげさんの柔軟な考え方、見習いたいですね。

>こりらさん

2011年10月01日 17:27

こりらさん、こんばんは。
貧乏人の性でしょうか^^;
100円ショップへ行くと、なにか使えるものはないかと探し回ってしまいます。
このハサミは、以前からタイイング用にソックリだな・・・と思ってました。
耐久性もそこそこならば、もうフライ用は買えませんね^^;

おはようさんです(^^♪

2011年10月04日 08:29

シザースは、自分も前にUPしました。

自分のも、本当に安物ばかりです(笑)
高い物との違いは、焼きが入って無い・・かみ合わせがいい加減。

特に、先端の細いカーブの物ほどその傾向があります、選ぶ時には、先端のかみ合わせが比較的に良い物を・・

それと、かみ合わせのガタは、ヒンジ部を少しカシメテ、ガタをなくした方が良いです。
刃の部分は、焼きが入って無いので、頻繁に研ぐ事になります。
ホームセンターで、ボラゾンかダイヤの目の細かいヤスリ(電着ヤスリ)を購入して、研ぐと切れ味は何時までも持ちますよ(*^^)v

>アダムスさん

2011年10月04日 19:40

アダムスさん、こんばんは^^
安物でも、ちゃんと手入れをすれば大丈夫ということですね!
アダムスさんは、金属加工の本職ですので、とっても説得力があります。
これで、安心して使えます^^
いずれ切れ味が悪くなったら、ヤスリで研いでみますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。