Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode348 … 2枚合わせ製法・バンブーR用プレーニングフォームを作ってみた!

2011年 11月05日 17:54 (土)

昨年の渓流オフシーズンに挫折した“二枚合せ製法のバンブーロッド製作”を、今年も懲りずにチャレンジしようと思う。

でも、竹を削りだす前に失敗の原因を振り返り、対策を考えて準備を整えようと思う。

RIMG3205.jpg
 
 
<失敗の原因>

・竹割幅や荒削りが不揃い
・節の曲がり直しが不十分(軸方向に対して上下左右すべて)
・表皮に近い部分を削り過ぎた
・作業時間が取れない(釣りにも行きたいので^^;)
・急に時間ができてもサッと作業にかかれない

こんなところだろうか???^^;
要するに、加工精度の悪さと、作業時間に係ることが失敗の主な原因のようだ。


加工については同じ失敗を繰り返さないようにするのはもちろん、今年は電動工具や治具を使ってみることにした。

また、時間についてはあらかじめ作業手順をしっかりとまとめたうえで、オフシーズンの工程表を書いておけば、急に時間ができたときにも無駄なく対応できるだろう。
さらに、電動工具や治具の使用は時間の短縮にも貢献してくれるに違いない。


そこで今回は、このオフ最初の作業ということで治具を作ってみることにした。
最も大変な内肉削りやテーパー出しを、少しでも効率的にしたいという思いだ。


RIMG3187.jpg

治具の材料は、角材が二種類(計3本)とボルトに座金だ。


RIMG3199.jpg

まずは、角材に穴を開ける。
ボール盤があれば垂直にいくのだろうけど、残念ながら僕は持っていないので、二方向からよく見ながら、垂直を目指して開けていく。


RIMG3202.jpg

穴あけが終わると、大きめな二つの角材の間に小さな角材を挟み込むようにボルトで固定する。
小さな角材は片側だけに穴をあけておき、もう一方は下端を少し削っておいて大きな角材のボルトに当たらないようにしておいた。


RIMG3210.jpg

最終的には、三つの角材をボルトで固定する。
すると、真ん中に挟みこまれた小さな角材がスロープ状の溝となる。
このスロープ上の溝の深さを設定したテーパーに合わせて可変させ、竹片を斜めに入れるのだ。

実際の作業では、火入れと曲がり直しを済ませた竹編をスロープに入れ、スペーサーやストッパーなどを噛ませて溝の中に固定する。

そして、治具から上に出た部分を鉋やベルトサンダーで削る。
内肉側、左右、表皮側と順番に削っていけば、四角錐のような形状に加工できるという目論見だ。


RIMG3211.jpg

ラフな研削はベルトサンダーで、その後鉋を使い、最後の仕上げだけを手作業にすれば、研削作業の時間を短縮できるだろう^^

今後は、鉋やサンダーを治具からほんのわずかに持ち上げるためのスペーサーを作る必要がある。
カンナに薄い金属やテープを貼って、刃を持ち上げて使用すればいいらしい。

そう、今回のアイデアは、竹箸の作り方を参考にさせていただいた。
最初に箸用の治具を見たときに「これを大きくすれば、二枚合わせバンブーロッドの治具にもなるかも!」と思ったのだ。


次回は、工程表を考えてみようと思う。
長いようで短いオフシーズン・・・効率よく時間を使わないと、あっという間に終わってしまうのだ^^;



ブログランキングに参加しています。
よろしければ、岩魚クンをポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

フォーム

2011年11月06日 20:28

こんばんは^^
フォーム完成ですね。すごい!!
私はこの手の治具は。。。手作業は時間も効率も良くありませんが私的には慣れてしまいかえって難しいように感じます。
今シーズン是非1本。。。完成まで応援しますよ!!

>ジョニーさん

2011年11月06日 21:35

ジョニーさん、こんばんは。
とりあえず、作ってみました。
上手くいくかもわからないので、まずは角材で安く作りました。
カンナに下駄を履かせる工夫が上手くいくこと、フォーム以前の火入れや矯めが上手くいくことが前提ですね!
このあたりは、しっかりと作業したいと思っています。
わからない点が出てくると思いますので、アドバイスをお願いしますm(__)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。