Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode385 … 縞々なターキー・バイオット

2012年 01月06日 01:31 (金)

今日は、会社帰りにプロショップへちょっとだけ寄って、フライのマテリアルを買った。
お目当ては、ボディ材に良く使うターキー・バイオット。
ここ数年、僕のフライの定番マテリアルだ。

RIMG4336.jpg
 
中でも、このネイチャースピリッツのターキー・バイオットわ使っている。
このバイオットって、

 ・ 巻くのが簡単!
 ・ リアルな仕上がり!!
 ・ ほとんど吸水しない!!!

と使い勝手が良い^^

これまでは、バイオットの部分だけで売られているものを買っていたけど、今回はクイルで買ってみた。
その差は、たったの200円!

理由は、僕にとっては小さめの#14、#16のフライを巻くにはターキーバイオットはちょっと大きく、バイオットの反対側のクイルをバイオットの代わりにボディに巻くことができるから。
これも、微妙な毛羽立ちと質感がいい。
もちろん、ダビング材よりも吸水しない。

『グースバイオットを使えばいいじゃん!というご意見もあろうかと思う。
でも、たいして巻かないサイズのフライのために、あらためてグースも買うのはもったいないような気がして・・・^^;


RIMG4350.jpg

カラーは、使用頻度の高いグレー系、ラスティ系、オールラウンド系の3つで十分間に合う。
僕は、シビアなハッチ・マッチとかはほとんど関係ないような山奥でしか釣らないので^^;


RIMG4338.jpg

ところで、なぜ「ネイチャースピリッツのバイオットが好きか?」と言うと、この縞々な色合いを巻き上げると、とってもリアルな仕上がりになるのだ^^

単色とは一味違うように思えしまうのは錯覚かもしれないけど、フライには気分という要素も重要だもんね^^;



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年01月06日 07:41

おはようございます^^。

ターキークイル・・・私も欲しいと思ってました^^。
(私は、グースはどうも短くてよく切れるので使い勝手が悪いと思っています^^;。)
ただフライのマテリアルって1色分が多すぎるのが難点ですよね・・・。
貧乏フライマンの私は、知り合いと別々の色買って、交換しようっと^^;。

>farwaterさん

2012年01月06日 20:00

farwaterさん、こんばんは。
そうなんですよ、グースは小さすぎてハックルプライヤーでもつまみにくいのです^^;
取り替えっこはいいアイデアですね!

2012年01月06日 22:11

こんばんは
私も1色のみですがこれ使ってます。もうちょっとバリエーションがほしいのですが、なかなか使い終わらなくて(笑)クイルでも売っていたんですね、知らなかったです。

こんばんは。

2012年01月06日 23:05

吸水しにくいマテリアルなんですか。
虫っぽさを表現出来そうな色合いと模様ですね。
そう、気分というのも非常に重要ですよね。
使い手の気分がノッてこないと釣りが雑になってしまい、釣果に影響が出そうです^^;
遊びだけは気分良くやりたいものです^^

>自転車通勤人さん

2012年01月06日 23:57

自転車通勤人さん、こんばんは。
やはり使ってますか^^
僕もキャリベイティスをバイオットのみで買って使ってみたらとても良かったです。
クイルは反対側も使えてプラス200円でした。

>小猿さん

2012年01月06日 23:59

小猿さん、こんばんは。
はい、ほとんど吸水しませんし、水切れもいいです!
ダビング材だけのボディの頃に比べると、フロータントを塗る手間が激減しました^^
雰囲気もいいので、おっしゃるとおり気分も上々、集中力も高まりますよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。