Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode408 … バンブーロッドブランクの塗装

2012年 01月30日 19:36 (月)

Kawagarasu工法(2枚合わせ工法)のバンブーロッド製作も、ブランクの完成が見え始めてきた。

そこで、次の工程のブランク塗装の材料を調達することにした。


epi407.jpg

手配したのはこの塗料。
いつもロッド作りの参考させて頂いているサイトさんに紹介されていたもので、早速、試してみようと思う。
 
今回、自作バンブーロッドのブランクに施そうとしているのはオイル塗装で、一般的?なウレタン塗装ではない。
その理由は、せっかく自らカッターナイフで竹を削り出して作っているので、その過程で指先に触れた竹の感触、風合いをできる限り残したいと思っているからだ。


10年ほど前の話・・・家のダイニングテーブルを買おうというときに、某高級家具メーカーの展示場へ行ったことがある。
価格的に手が出ないのは承知の上で、目の保養にと行ってみたのだ。

そこで、様々なテーブルを見比べた結果、僕がもっとも気に入ったのはこのオイル塗装のテーブルだった。
合成樹脂によってしっかりとコーティングされたものよりも、木の手触りを残すオイル塗装の方が暖かみを感じられ、すっかり気に入ったのだ。


今回、ロッドを作ろうと思ったとき、この時の記憶が鮮明に蘇った。
さらに、先日購入したKawagarasuロッドもこのオイル塗装で仕上げられていて、実用性、耐久性、メンテナンスも大丈夫との話を伺い、これしかないと思うようになったのだ。

さあ、ブランクの仕上げまでもう少し。



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

2012年01月30日 20:43

素材の感触を残せるんですね。
天然素材なら“ぬくもり”も大事にしたいところでしょう。
作業が順調に進んでいるようですね、頑張って下さい^^

>小猿さん

2012年01月31日 07:11

小猿さん、おはようございます。
ブランクの完成までもう少しです。
でも、一昨日は焦ってしまいティップを削り過ぎてダメにしてしまいました(^_^;)
オイル塗装の質感も好きですし、軽さにも貢献しそうな気がしています。
ロッドに塗る前にいくつかの塗料を試してみたいですね!
そうそう、ロッドの曲がりテストでは、小猿さんのバッキングライン仕掛けをお借りしました^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。