Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode409 … ティペットをフロロにしたら・・・

2012年 01月31日 23:56 (火)

名古屋支部長のRyoshiさんから写真とともに鯉釣りのレポが届いた。
なんでも、自宅から自転車で行ける距離らしい。

そこでのちょっとした出来事とは・・・

DVC00006.jpg

 
最初は、そこそこシビアな感じで苦戦したけど、ふとしたことからティペットを交換・・・

DVC00007.jpg


ナイロンからフロロにしたそうだ。
すると、とたんに食うようになって2時間で3匹、写真のは一番小さいけど70cm弱とのこと。
フロロなら食う理由が、何かあるのだろうか???

ちなみに、大きな鯉は護岸のところで取り込んだので、良い写真が撮れなかったとのこと。

さらに、メーター近いサイズも掛けたものの、リーダーリンクをぶっ壊されて獲れなかったらしい・・・
恐るべし!鯉パワー!!



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年02月01日 13:38

こんにちは。

ドライフライですか?屈折率の問題で魚から見えにくくなるんでしょうか。
自分は最近某撥水ティペットにしてから食い込みが落ちたように感じます。理由が気になります。掘り下げると面白そうですね。

2012年02月01日 17:22

siroyamasakuraさんへ
ドライフライです。
思うに、浮力との関連かと自分では思っています。
ナイロン+使用ドライフライでは、浮力が強すぎたのかと・・・
たまたま、フロロにしたら、鯉の吸い込み力とマッチしたのかなあという感じです。
じゃあ、次はナイロンでフライの浮力落としたら???ということになるのですが、どーなんでしょうね。(^^;

撥水ティペットなるものがあるとは知りませんでした。
期会あれば今度使用してみます。

2012年02月02日 00:03

こんばんは。

おだやかな水面だと表面張力で浮いているティペットは見切られやすいようです。
フロロだとわずかに水面を切って、さらに屈折率の関係で魚から見えにくくなるんだとか。

春先のミッジングではこのティペットの違いはあきらかに反応に差が出ます。ばかりか、オイカワのフライでもフロロのほうが食いがいいように思います。

鯉もすれてくるとティペットを見切るんでしょうね。

>皆さんへ

2012年02月02日 01:15

siroyamasakuraさん、Ryoshiさん、windknotさん、こんばんは。

いろいろと考えられますよね!^^

鯉釣り用のパンフライって、浮くか沈むかギリギリの浮力バランスが一番良く釣れるように感じています。
吸込み抵抗があると、口を開いて食う直前に違和感を感じてプイっとされますよね^^;
今回、フロロの比重の高さが良い方向に働いたんでしょうかね。

あとは、windknotさんと同じように思いました。
フロロはナイロンよりも比重が高いので、ティペットが水面下に沈んで水面に影というか歪みを作らなくなったのでは?
なんて考えています。

いずれにしても、鯉は繊細なところがありますので、わずかな違いも大きな違いになるのでしょうか?
僕も浮くフライはナイロン派でしたが、次回はフロロも試してみようと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。