Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode432 … 使い勝手のいいカメラ

2012年 03月11日 09:59 (日)

先月の管釣りでの出来事・・・
釣った魚の写真を撮ろうとしていたら、うっかり手を滑らせた。
ほんの数十センチの高さながら、地面にデジカメを落としてしまった。

すぐに確認すると、動作は正常、シャッターもきれる。
ところが、レンズに傷がついてしまった。

IMG_7487_20120310092419.jpg
(レンズ中央の向かって右側です。)
 
大きな傷ではなかったので、その日はそのまま撮影をした。
そして、加入している携行品保険会社へ連絡を入れ、カメラ屋さんには修理の見積をお願いした。


修理代は、免責金額を除いて保険でまかなえる。
で・・・そこでちょっと欲が出た^^;

お金を足せば、ミラーレス一眼が買えるかもしれない^^


早速、会社帰りに家電量販店へ行ってみた。

すると、ミラーレス一眼の中では比較的古いモデル(とは言っても発売から数ヶ月らしい)が、レンズ込で60,000円を切っていた。
手にとってみれば、重量感、操作感、質感・・・当たり前だけど、コンパクトデジカメとは別物だ。


保険金もあるし、奮発しちゃおうかな!^^;
なんて考えた。


でも、すぐ近くに展示されている、コンデジの上位機種も気になる。
こちらも安くなっていた。
店員さんに、ネットショップの価格をiPhone画面で見せると、それよりは下げてくれると言う。


ふふふ^^
今日、このまま買って帰ろう!!!


そう思ったけど、なんとなく近くのカメラ量販店も気になった。
そうだ、もっと安く値切れるかもしれない・・・^^;


寒空の中を歩きカメラ屋さんに着くと、ちょうど一階がコンデジ売り場になっていて、これまで使っていたコンデジ、RICOHのGX200が置かれていた。

このカメラ、使いやすかったな・・・(既に過去形?)

手に取ると、シックリと手に馴染むグリップ、必要最低限ながら不足ない機能、シャープな描画と自然な色合い、明るめなレンズ、そして軽さ・・・

釣りのお供に、子供達と出かけるときのスナップに、ベストマッチな一台だった。


よくよく考えてみれば、僕は写真を撮るのが本来の趣味ではない。
自分の思い出を、感動を残しておきたいだけだ。
そういう使い方に、ミラーレス一眼や高級コンデジはマッチするだろうか?

確かに、良い絵が撮れるかもしれない。
でも、一方では重く、かさばることも事実だ。

結局は、持ち歩くことが面倒になり、写真を撮る機会が減ってしまうような気がしてきた。
このGX200を買ったときは、たくさんの機種の中から良い点も、悪い点も納得した上で選んだのだ。


そこで、同じGX200がいくらになるのか聞いてみた。
すると、当時より古くなった分、価格も安くなっていた。
これなら、少しお金を足せば買えるな・・・^^


一眼を止めて浮いたお金で、もう何回か釣りに行こう!
そして、またこのカメラで思い出を記録する方が楽しい!!

寒空が、ちょっと浮かれていた僕の頭を冷やしてくれたのかもしれない。
何かを衝動的に買いたくなったら、5分でもいいから気持ちを切り替えることは失敗しないコツかもね^^;


ちなみに、現在、僕の持っているのは次の3台。

IMGP0007.jpg

今回のネタのRICOH GX200。
(1台はレンズ破損。)


RIMG5177.jpg

雨天時の釣行や海辺のお供に・・・PENTAX Optio W60。
マクロ系の写り具合は、なかなか気に入っている。


RIMG5174.jpg

CANON EOS KissX2と広角系ズームレンズ、望遠系ズームレンズ、100mmマクロレンズ。
ズームレンズは中級グレードのもので、100mmマクロは旧モデルのレンズが重いもの(画質はいいらしい)。

どれも気に入っていて、僕にとっては使い勝手のいいものだ。


かつて、ダイビングをしていた頃、僕に水中写真を教えてくれていた師匠(陸上写真も上手いし、絵も得意)は、こんなことを言っていた。

『ボディは暗箱、レンズは大切・・・シャッターが切れて、絞りが絞れれば、あとは撮る人の話だから・・・』

どこにでも持っていけて、たくさんシャッターを切れることが、実は大切なことなのかもしれないとあらためて思った。
そう考えると、カメラの多すぎる機能は不要かもね^^;



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年03月11日 19:04

こんばんは

同じ写真機購入したのですね。
前玉のキズはそれほど影響が出ないことが多いようなので2台体制ですね。

確かに、カメラの多すぎる機能は不要と感じることがあります。
ウチの場合、それよりも、多すぎる写真機が・・・

2012年03月12日 06:17

 おはようございます。

 これが買い替えのエピソードだったのですね。
 画質湯銭でしたら一眼レフに限りますが胸ポケットには入らないのです。
 コンデジの一番のポイントは何時でもどこでも簡単にですから、小型は必須、不必要な機能は要らないですね。
 特に動画機能は要らないように思います。

>jetpapaさん

2012年03月12日 06:55

jetpapaさん、おはようございます。
そうなんです!
まさに、ベストの胸ポケットに入らないんです!!
結局、出し入れが面倒になり、あまり使わなくなるのは予想できました^^;
動画機能って、ほとんどの人が使わないですよね。
その分、安くして欲しいです。

>自転車通勤人さん

2012年03月12日 06:57

自転車通勤人さん、おはようございます。
前玉は、あまり影響がないのですか?
だから写真には写り込まないのですね。
バッテリーは使えますし、予備器としてとっておこうかと思います。
子供達の練習カメラでもいいですし^^

デジカメは

2012年03月12日 20:56

買うとき迷いますよね。
今日会社帰りによった釣具屋の釣りビジョンで、ペンタックスのデジコンで、マクロ撮影やってました。
そろそろ防水が欲しい気分になってきました。

GX200、これ一台あれば色んなところで活躍できますよね!
カメラの移りと大きさは反比例ですね。

>おちゃさん

2012年03月12日 21:34

おちゃさん、こんばんは。
これまで銀塩カメラも含めていろいろと使ってみましたが、やっぱりレンズが一番重要かな?と思いました。
しかも、レンズの大きさと写りは比例するのでは??とも。
結局、どんなカメラもレンズを通して写すので、当たり前かもしれませんね。
防水系は、A、Sモードがないので、被写界深度のコントロールができません。
意図的にISOを変えることでムリヤリ絞ったり、開けたりを試みましたが、そもそもレンズの絞り自体に幅がなく、全て解放値で撮るようプログラムされている?ようです。
小猿さんは、このあたりの性質を逆に上手く利用して、素晴らしい写真を撮られていますね!
僕は、しばらくはGX200でいこうと思ってます^^

間違えました

2012年03月12日 21:39

比例ですね。
酒飲んで酔っ払って書いたもんですから(^▽^;)

GX200悩んだ一品です。

結局はキャノンから抜け出せないですけどね。

シゲさんの写真も上手いですよ。
実は参考にしてます(^▽^;)

>おちゃさん

2012年03月12日 21:53

どもです^^
いえいえ、コンパクトさ、フットワークと言う意味で、カメラの大きさと写真の出来栄えは…という意味を仰っていたんですよね?
それは正解ですよ!^^
どんなに良いカメラも、現場に持っていかなければ写せませんからね。
僕の写真は、何を撮りたいのかイマイチわからない写真ばかりですね^^;
まだまだ修行中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。