Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode443 … ガイドの取り付け

2012年 03月25日 19:59 (日)

昨夜のロッドクラフトは、ガイドの位置を決めて、ラッピングまで・・・

ここ半月ほどは、強めの花粉症薬を飲んでいるので、どうも睡魔に負けてしまうことが多いのだ・・・
おかげで、完成が少し遅れ気味になっている(言い訳 ^^;)

RIMG5283.jpg
 
さて、ガイドの取り付けだ。

RIMG5278.jpg

まずは、セオリーどおりの方法でガイドの位置を決め、マスキングテープで仮留めしてみる。
そして、リールをセットして、ラインを通し、その先には5gのシンキングミノーをぶら下げてみた。

結果・・・やっぱり、ちょっと軟らかいかも。

さらに、渓流で使ってみないことにはなんとも言えないけど、グラファイトとはまったく使用感が違うのだ。

“食い込み”という視点から見れば、グラスファイバー素材のファストムービング用ルアーロッドに似ているかもしれない。
きっと、このロッドも岩魚や山女魚のじゃれるようなショートバイトを、“カッ”と弾いてしまうことはないだろう。

一方で、それなりに距離をとったときのフッキングの問題(しっかり掛けられるか?)や、キビキビとルアーを動かすことができるかどうか???
山へ持っていく前に、一度、越辺川で試してみようと思う。


RIMG5286.jpg

今回のロッドのガイドは、SIC・ステンフット。
本当は、少しでも軽くしたいのでチタンフットがベストなんだけど価格が・・・^^;
かと言って、常にテンションがかかり、ラインを引く(=ルアーを引く)ルアーフィッシングには、軽いワイヤー系のガイドは不安が残る。


RIMG5291.jpg

そして、フレックスコートを施し、24時間ほどで硬化してこんな感じになった。
一番手前のピースは、子供たちが硬化前に触ってしまったのでジョイント部分をやり直しになった。
(まあ、置いておいた僕が悪いので仕方がない・・・^^;)


RIMG5293.jpg

今回のスレッドカラーはオリーブ。
フェルールの部分が黒くなってしまうけど、オリーブには意外と合うような気がしている。

今回のラッピングには、フレックスコート・ライトフォーミュラをかなり薄めて塗っている。
ブランクが予想よりも軟らかかったので、これ以上ロッドの自重を増やしたくないからだ。

絹糸の糸目が、はっきりと出るくらいの塗膜で仕上げている。
もしも解れたりしても、所詮は自分で作ったものなので、いつでも治せるからOKだ。


最後に、丸ブランクのメリットがまた一点・・・
スレッドのラッピングがとてもしやすい^^
四角や六角は角があるのできれいに巻くのが難しいけど、丸は微調整が効くし、コーティングもしやすかった。


さあ、後はセパレートグリップを付けて、その周りとティップフェルールのラッピングを施して完成だ!
あと、2日もあれば十分だろう^^



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

良い感じです♪

2012年03月25日 20:29

良い感じのベントですよ!!
ガイドの取り付けもバッチリです。

こうして一つ一つ仕上げて行くと楽しみが出来ますよね。

ラッピングで派手派手にしちゃいますかね(笑)
ちなみにオイルフィニッシュですか?

2012年03月25日 22:01

こんばんは。

オリーブのスレッドも落ち着いた雰囲気でいいです。
角のない丸いブランクは製作過程でもメリットがあるんですね。
あと2日でいよいよ完成ですか、実践での使用が待ち遠しいでしょうね^^

2012年03月25日 22:53

>おちゃさん、こんばんは。
どうでしょうか?
渓流LFの名手から見て、大丈夫そうですか??
ブランクは、今回もオイルフィニッシュです。
ウレタン塗装もキレイですが、僕はオイルの木質感を残した風合いが好きです。
釣れたら感動でしょうね!^^


>小猿さん、こんばんは。
オリーブとか薄いブラウンとか、ナチュラルな風合いでいこうと思います。
次回のフライロッドは、超ライトブラウンか、超ライトグレーなんかを考えています。
丸ブランクはいい感じです。
フェルール加工もラッピングもしやすいです。
完成したら、小さくても良いので天然岩魚で入魂したいですね!^^

2012年03月26日 21:42

こんばんは
完成間近ですね。
最後の写真だけ見ると和竿のような雰囲気。
「粋」な竿になりそうですね。

>自転車通勤人さん

2012年03月27日 07:24

自転車通勤人さん、おはようございます。
カーボンフェルールの欠点は、ジョイント部が黒になってしまうことです。
他に色を乗せたり、メタリックな装飾は難しいです。
なので、なんとなくヘラ竿のように見えてしまいます。
でも、軽く仕上がるので性能面では一番だと思うので、自分で使うロッドならこれ以上はありません^^
カワガラス工法はとても軽いブランクですので(接着剤が極少ない)バンブーロッドとは思えないほどの軽さになります。
カーボンフェルールは、その長所をさらに活かす継手ですね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。