Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode453 … 塗料とパーツを購入

2012年 04月15日 07:34 (日)

現在、次のバンブーロッドに手をつけ始めたところ・・・

気になる塗料とロッドのパーツ素材を、切らす前に買っておいた。

RIMG5505.jpg

 
最初に、オイル塗料。

右のアルドボスはこれまでの二本のロッドで使ってきたオイル。
ロッド2本で、写真のような減り具合だ。
多分、あと15本くらいのロッドを塗装できるだろうと思う。

左は、同じリボス自然健康塗料のメルドス・ハードオイルという塗料だ。
アルドボスが広葉樹系に適している塗料に対して、メルドスは針葉樹系らしい。

竹は広葉樹でもないし、針葉樹でもない???と思い、一体どちらが正解なのかわからなかった。
いつも参考にさせていただいているビルダーさんのサイトではアルドボスを使っていたので、それに倣ってきた。

一方、近所の仲間のプラントFさんはメルドスを使っていて、その仕上がりを見せていただくとアルドボスよりも無色に近く(アルドボスはわずかに黄色味がある)、より竹の風合いが活かせる感じだった。
僕は竹の・・・特に真竹のしっとりとして緻密な風合いが好きなので、できればそのまま活かしたいと思うのだ。

そこで、今回、追加でメルドスを買ってみた。
次の2本は、メルドスで塗ってみようかと^^


RIMG5508.jpg

もう一つの材料がこちら・・・

ロッド製作にかかるコストを計算してみたら、なんとグリップ周りの材料費がダントツだった。
他は、たいした価格じゃない・・・ガイドも自作で(1個2円)、スレッドは絹ミシン糸(100mで250円)、竹は5,000円分でロッド10本は作れる。
なんと、グリップ周りを除いたロッド一本あたりの材料費は、1,000円未満だと思う^^;

リールシートは自作できないので今後も購入するつもりだけど、グリップはなんとかなりそうだと思った。
実際、前回のルアーロッドは、ストックのフライロッド用グリップを自分で整形し直し、スピニングリールの金具に合わせて径も調整した。
これなら自作できるな・・・ということで買ってみた。

しかも、市販のグリップは僕の好みからするとゴツすぎるのだ。
7feet #2~3のロッドで、対象魚は20cmから大きくても30cmの岩魚や山女魚を相手にするのに、市販のグリップは大きく、釣り味も落ちるような気がする・・・と常々思っていた。
もっと繊細な方が楽しいだろう^^

そんな訳で、グリップも自作して、よりコンパクトにしてみようと思っている^^



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

悩みどころですよね。。

2012年04月15日 12:19

自作しきれない場所がリールシートをグリップで、肝心な部分ですよね。
なるほど、昔ルアー(メタルジグ)を自作しましたが、返って高いものになりました。
シゲさんの場合なら、コストを抑えていいものを作りそうです。
と言うか人件費が一番高いよね(笑)

>おちゃさん

2012年04月15日 12:44

おちゃさん、こんにちは。
シートは、旋盤がないのでフィラーが削れないのです^^;
一方で、コルクは電動ドリルを使って加工できました。
バンブーRが何故高価なのか?というと、ビルダーさんの手間賃と経験値代=人件費だと思います。
よいロッドを作るには、たくさんの経験値が必要ですよね。
あと、市販品は装飾的なコストもありますよね。
僕は機能的でシンプルなものに魅力を感じますので、その方向にはお金がかかりませんが…^^;

2012年04月15日 15:58

こんにちは。

グリップの繊細さにこだわりたい・・ワタシもそうなんですよね。
低番手ロッドだと特に細身の方が好みだなぁ・・。グラファイトロッドでもワタシはコルクを削って自分好みにして使ってきました。

>oko-rocksさん

2012年04月15日 20:27

oko-rocksさん、こんばんは。
グリップって、大事なパーツだと思うのです。
なんと言っても、人とロッドとの唯一の接点ですよね。
oko-rocksさんも、たしか自作バンブーロッドには市販グリップを改良してつけていましたよね!
前回のオイカワロッドなんですが、市販のグリップをそのままつけたら、あまりにもゴツくて・・・^^;
痛感しました。
渓流でも同じように思っていたので、ちょっと細めに、長さも短く・・・
そうなると、握る場所がロッドエンドに近づくのでロッドの有効長さも稼げるように思います^^

こんばんは^^

2012年04月16日 01:28

しげさん
こんばんは^^
オイルはいろいろありますのでお好きなものが一番ですね。
私はリールシートはすべてカッターで削ります。
コストを追求するなら自作ですね。
時間的な制約もありますのでそのへんは。。。(笑)

>ジョニーさん

2012年04月16日 07:11

ジョニーさん、おはようございます。
アルドボスを塗った自作ロッドを何度か使ってみましたが、ぜんぜん大丈夫そうでした。
残り1瓶(50cc)でしたので、今回メルドスを追加してみました。
そういえば、ジョニーさんは木製グリップも削って作ってましたよね!
あれほど綺麗に丸く削れるなら、シートもできるのでしょうね!
僕は自信がないです^^;
なにかよい方法はないかと模索中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。