Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode458 … 沈んでばかりじゃ・・・

2012年 04月25日 00:07 (水)

今年で渓流ルアーは2年目になる。

最初は、おちゃさんの釣りを見てヘビーシンキング・ミノーから始まった。
次に、スピーナーを併用するようになった。

そして今年の4回の釣行では、新たに思うことがあって、今日は仕事帰りに中古屋さんへ寄ってみた。

RIMG5607.jpg

 
実は、シンキング・ミノーだけじゃ攻め難いポイントもあることがわかってきた。
(気付くのが遅いって?^^;)

RIMG5387.jpg

例えばこのポイント・・・
倒れた杉の木の向かって左側に山女魚が数匹浮いていた。
水深はたいしたことなく、膝よりちょっと上に来るくらい・・・山女魚は上を意識して定位していた。

ベストはドライフライ、だけどこの日はルアーしか持ってきていない。
そこで、手持ちの中から小さめのヘビーシンキング・ミノーを引いてみた。
すると、沈みすぎて底の落ち葉を拾ってしまいミノーが動かなくなってしまったのだ。
仕方なく、そこそこのスピードで引いてみると、山女魚は追ってくるものの食いきれなかった。


RIMG5539.jpg

次のケース・・・
このポイントは、実際は写真で見るよりもずっと奥行きがあり、何匹かの岩魚がいた。
やっぱり底には落ち葉が積もり、シンキング・ミノーを速く引かないとダメだった。
結果、5匹がミノーを食ってきたけど、トゥイッチのリズムや引くスピードが速すぎて3匹しか獲れなかった。
食いが浅くなってしまうのだ。


その日の魚のコンディションやポイントの性質によっては、「もっとスローなタイミングでアクションさせたり、食わせの“間”を取った方がいい」と思うときがある。
これは、30年間バスフィッシングをしてきた経験からの直感的なものだけど、そんなに外れることのない部分だと思っている。
渓流のルアーFはドシロートだけど、ルアーFはバスでさんざんやってきたから・・・^^;
渓流の岩魚って、バスにとても良く似た性格があるので応用がきくような気がしている。

多分、このテの魚は、ギラッ!ギラッ!ギラッ!とヒラを打たせ、ピタッと中層で止める“間”を作ってやれば、もっとがっぷりとバイトするかもしれない・・・なんて考えた。


RIMG5610.jpg

そんなわけで、中古屋さんで買ってしまった^^;
メガバスX-55のサスペンドとフローティングだ。
中古屋さんて、意外に渓流用のミノーは品薄で、僕が自信を持って使えるミノーはこのX-55しかなかった。


RIMG5612.jpg

今回、フローティングが2個、サスペンドが2個の計4個で、@630円だからまあいいか!
カラーもローテできるように、クローム系、ややアピール系、ゴースト系にバラケさせたのだ^^;

さあ、次回の釣行で試してみよう!!!^^
(・・・って、いつになったらフライフィッシャーに戻る気なのだろうか???^^;)



ブログランキングに参加しています。
大吉をポチッ!とお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

2012年04月25日 21:13

相場は分かりませんが、4個で630円とはお買い得な気がします。
確かに落ち葉が沈んでいるのを結構見かけます。
ルアーだとそういった問題も出てきますね。
でもルアーセレクトも楽しみのうちでしょうね^^

>小猿さん

2012年04月25日 23:35

小猿さん、こんばんは。
僕のミノーは、ダブルフックや、シングルにかえるているのですが、落ち葉だけはダメなんです^^;
早く試してみたいですね!

そうきましたか(笑)

2012年04月27日 05:24

「X-55良いルアーです。」と北海道のガイドサービスタマリスクがセオリーにしてるのがメガバスですからね。

フローティングもバランサー一つでサスペンドになる絶妙な構造になってますよね。HMKL、Megabass、Jackall・・・どのバスルアーも一流のルアーはそれなりの理由がありますよね。

基本は自分から良く見える色ですね。(笑)

>おちゃさん

2012年04月27日 07:18

おちゃさん、おはようございます。
メガも良いルアーがたくさんあります。
そして本当に良いルアーは対象魚を選びませんよね。
僕がバストーに出ていた頃は、異常な人気でメガはほとんど手に入りませんでした。
幸い、古くからの友人がプロショップをしていましたので、助かりました^^;
ジャッカル(ラッキーC)の加藤さんも凄いルアーを作っていますね。
彼の完全オリジナルじゃないのですが、ダイワ時代に作ったピーナッツという小型で安価なクランクベイトがあります。
元々は、ストライキングのクランクBだったのを、ダイワが金型から買い取り、当時、ダイワのデザイナーをしていた加藤さんが作り直したものです。
このピーナッツが凄い!
何度助けられたでしょう^^
霞ヶ浦のシャローのカバークランキングに、Lビルを使ってましたが、恐ろしく釣れるんですよ!!
リック・クランにとってのDTNのように、僕はピーナッツでした。
な~んて大げさですが、釣れるルアーは存在します。
今回のXー55も、良きパートナーになって欲しいですね^^
きっと、安くマイナーだけど良いルアーが、山女魚・岩魚の世界にもあるはず…
今回のメガは、ちょっと違いますが、そんなルアーも見つけたいですね。

あと、視認性の話ですが、今、使っているナノダックスが使い切ったから、アプロードGTーRトラウトリミテッドにしようと考えてます。
これなら、ラインが見えるので、ルアーも見つけやすいかと^^
ルアーではなく、ラインの視認性でいきます。

2012年04月28日 22:20

こんばんは

渓流ルアーも奥が深そうですね。
ところで趣味人口が多いのは渓流フライと渓流ルアーどっちなんでしょうね。

>自転車通勤人さん

2012年04月28日 22:29

自転車通勤人さん、こんばんは。
ルアーは魚の反応が良いので(食わないものがほとんどですが^^;)、熱くなりますよ~!
さて、人口はどうでしょう???
きっと、管釣が一番多いのは間違いないですね^^;
管釣から自然渓流に来る人は、思ったほどいないと聞きます。
(その方が助かりますが・・・^^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。