Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode482 … 産卵間近

2012年 06月17日 21:59 (日)

今日は、用事があって嫁さんの実家へ行くことになっていた。
その用事も午後の3時過ぎには終わったので、自分の時間をちょっともらって、近くの川へと寄ってみた。

RIMG6275.jpg

 
昨日までの雨で、きっと水もいいだろうと思っていたのだ^^


RIMG6308.jpg

ビンゴ!!!
程よい笹濁りと水量だった。


RIMG6295.jpg

タックルは、Kawagarasu工法(2枚合せ工法)で自作したオイカワ専用ロッド
ラインはWF1Fを巻いている。
10cmちょっとのオイカワが掛かっても、十分に引きが楽しめるように作った(つもり^^;)フライロッドだ。


RIMG6284.jpg

まずは、河原に立った目の前にキャストしてみる・・・一投目から掛かった^^
しかも、産卵直前なのか、お腹がパンパンに膨らんでいる。
そのせいか、サイズ以上に引きが強く楽しめる。


RIMG6298.jpg

ところが、最初の一匹があっけなく釣れたわりに、いま一つ後が続かない。
たまに来るオイカワは、黒いフライにばかりだったので、この茶色はベンチに戻ってもらうことにした。


RIMG6302.jpg

さて、出番を待つメンバーの中から、今日は誰にしようかな???
もっとも、黒、茶色、クリームの三色しかないけど^^;


RIMG6304.jpg

結局、リードもドロッパーも黒一色でいくことに決定!
同じ黒でも、位置が違えば微妙に流れ方も変わって面白いかもしれない。


RIMG6311.jpg

ちょうどそのころ、西の山に夕日が沈むところだった。
そろそろ戻らないといけない時間だけど、夕闇が近づくにつれてオイカワの活性にもスイッチが入り始めた。


RIMG6313.jpg

そして、今日イチのオイカワが掛かった。
体長こそ12、3cmながら、抱卵していてズッシリと重い引き!
手元に来るまで、鮠か?鮎か??なんて思ったほどだ。

結局、18時半頃まで釣ったけど、釣れたオイカワのほとんどは黒フライ、しかもドロッパーだけ・・・
まったく逆の日もあるのにね・・・^^;

近所の里川でオイカワを釣るのも、渓流で岩魚を釣るのとはまた違った面白さ、奥深さがあっていいと思う。
釣りはやっぱり面白い!^^


【近況報告】
一緒にHPをやっているRyoshiさんの記事が、今シーズンはありません。
実は、春先にちょっと怪我をしたのでスタートが遅れています^^;
もうすぐ復帰の予定です。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年06月17日 22:47

やっぱり基本ですね!

オイカワには黒と昔から思ってました。
ドロッパー、後でご指導お願いします。
m(__)m

>おちゃさん

2012年06月18日 07:03

おとゃさん、おはようございます。
この川は、季節を問わず黒がいいです。
一方、お隣の越辺川は、クリームや黄緑がいいのです。
多分、キイロカワワゲロウがたくさん棲息しているからだと思ってます。
ドロッパーというか、ウェットは僕も勉強中なんですよ^^;
でも、確実に言えることは、ドロッパーを付けてそこを支点として縦に?流し込んで行く方が何倍もアタリが出ますね。
ウェットには、ドライとは違った奥深さがあることを感じていますが、ついついドライの資格的な魅力が楽しくて出番が少ないのです(^_^;)
梅雨のこの時期こそ、本当はウェットにいいのかもしれませんね。

2012年06月18日 23:53

また遊びに来ました。
きになりますね~2枚あわせロッド!
たぶんお会いすることが、あったら第一声は、「触らせて!」「振らせて」です。
ついでに、もう一つ、「ピンソール」と言うのが、前回に出ていて
探して、調べました。使いごごちは、どうですか?
やっぱり、あると無いとじゃ全然違いますか?

2012年06月19日 13:40

こんにちは。

#1のタックルで小さなウェットフライを使った場合、
ティペットの太さはどのくらいなんですか?
特にドロッパー側の太さと長さが気になります。

>yamameさん

2012年06月19日 18:24

yamameさん、こんばんは。
ピンソールですが、僕にはいざという時の頼れるアイテムですし、性能も満足しています。
でも、必要性は人によりけりかと思います。
滑り止めが全く不要な人も多いと思いますので難しい質問ですね。
yamameさんがどんな渓流へ行き、どんなシューズを履いているのかによって全く違うでしょう。
また、ピンソールは、当然ながら割高ですので簡易アイゼンという選択肢もあります。
まず、滑り止めが必要か?その必要とする程度(求める性能)や使用頻度は??
そんな視点からお考えください。
それとコストとのバランスですよね。
誰にも必要とは思えないものですよ。

>小猿さん

2012年06月19日 18:44

小猿さん、こんばんは。
これまで、この仕掛けでは0.8号でしたが、1号でもいいかな?なんて思います。
ウェットでは、ハリスの太さは食いには関係ないと書いてありましたが、本当かもしれません。
流し毛針も1号以上はありそうですよね。
ちなみに、長さは10cmほどです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。