Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode486 … てんから風ウェットも巻いてみようかな!

2012年 06月25日 08:16 (月)

前々回の釣行で、oldflymanさんが持っていた小猿さんの黒毛鉤を見せて頂いた。
実際に手にとってみるととても存在感があり、魚の側線に訴えかける何かを感じた。
これに比べれば、僕の巻いていたウェットフライはなんて貧弱なんだろう・・・^^;
その時の印象がずっと残っていたのと、梅雨時の水の太い流れにはウェットもいいかな・・・と思い、いくつかのフライを巻いてみた。

RIMG6344.jpg

まずは、同じく黒い毛鉤。
ボディをクイルでボサっと巻いたつもりが、なんだかゴキブリみたいな質感になっちゃった(; ̄O ̄)

 
RIMG6347.jpg

続いては、イワイイワナのウェットバージョン。
これまでに、イワイイワナを使っていて、沈んだ時に釣れたことが何度もあった。
もっとも、このフライは半沈みタイプなので沈んでも魚を引き寄せる力があるのかも。
じゃあ、ってことでウェットにしてみた。
こうして見れば、ハーディーズフェバリットのクイルウィングがない状態にソックリだよね^^;


RIMG6352.jpg

次は、ピーコックアイをボディにグルグル巻にして、余った端をそのままウィングにしてみた。
ビートル系を意識したつもりだけど、結果はどうだろうか?
渓畔でコーヒーを飲んで休憩していると、水辺には甲虫類がたくさん棲息しているのを目にする。
ファットでバルキーなパターンって、実は思う以上に効き目があるのかもしれない。


RIMG6355.jpg

ウェットばかりでは・・・と思い、ドライでもテレストリアルパターンを補充することに。
何年か前に、フライを丸飲みされてリリースできない岩魚を持ち帰ったことがある。
そのとき、渓畔でワタを出してみたら、パンパンに膨れたお腹の中身は、なんと全てアリンコだった。
以来、アントパターンがとっても気になっていたのだ。
でも、こうして巻いてみると普通のパラシュートになってしまって、ピーパラ/HWとの差がほとんど感じられないような・・・^^;


RIMG6361.jpg

そこで、ロングティペットリーダーで有名なS氏のパターンを参考にアレンジして、ライズ狙いではなく釣り上がりで常用できる浮力を持たせてみた。
もちろん、パラシュートパターンとはシルエットも変えている。
羽蟻が羽を広げて、水面直下にぶら下がる様子をイミテーションできればいいんだけど。

と、週末は何種類かの新作フライを考えてみた。
あとは、現場で結果がついてくればスタメン入りってことで^^;


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年06月25日 19:57

また黒ベースの毛鉤ですね!
オレはこの系統が好きです。

これからの時期利根川上流はイブニングウェットが熱いそうです。
どっか里山の帰りにやってみませんか?
教えてください。

>おちゃさん

2012年06月25日 21:19

おちゃさん、こんばんは^^
そう言えば、今回のフライたちはオールブラックですね!
本人が気付きませんでした^^;
最近、痛感するのですが、デカイ岩魚って水面に出ない時間の方が圧倒的に長いですよね。
ルアーが大物に効くのは、水中戦なこと、食い気がなくてもリアクションバイトできること、水を動かして側線に訴えることだと思うのです。
じゃあ、フライも沈めれば、そのうちの一つはクリアじゃないか!なわけです。
問題は、アップのウェットはアタリが・・・知らない間に掛かっていることが多いですね^^;
イブニングはどうも苦手で・・・いろいろと“感じる”ことがあったのです(怖)。

2012年06月25日 22:45

こんばんは。

私の毛鉤を参考にしていただき嬉しいです^^
本人は根拠らしきものはなく、雰囲気で使っています^^;
ウェットフライの経験は少ないですが、テンカラで言えばアップストリームでアタリを取るのはまったく難しくありませんよ。
ただ、アタリが数パターンあるということです。
その話は長くなるので、また別の機会にでも…^^
オールブラックスの活躍を期待しています。

2012年06月25日 22:58

こんにちは

釣れそう!
最近川ばかりに行ってフライを巻いていないのでそろそろ補充をしなければと思っていたので参考にさせていただきます。

アリさんのストックは底をついてきました。

2012年06月25日 23:52

小猿さん、こんばんは。
小猿さんの黒毛鉤の存在感にインスパイアされました^^
写真で見るのと、実際に手にとってみるのは大違いでした。
ダウンはアタリがわかりすぎるくらいで逆に弾かれてしまいますが、アップはわからないことが多いです^^;
今度、お会いできるときに教えてくださいm(__)m


自転車通勤人さん、こんばんは。
このところ、真面目に?フライを巻き貯めました^^
今シーズンはもちそうです!(たいして釣れないので^^;)
アリさんは、やっぱり釣れますか?
この時期に試してみたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。