Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode505 … 次回の釣行準備!

2012年 08月15日 23:57 (水)

次回の釣行に向けて、少しずつ準備を進めている。

ここ数回の釣行で自信を持ったフライパターンや、これまでと変わらず信頼しているフライを補充したり、新しい試みも・・・!

RIMG7103.jpg

 
まずは、『スルーライト・ダン』。
昨年の10月に、渓流型の管理釣場で活躍してくれたのが使い始めたきっかけになる。

最初は、「ちょっと頼りない?」、「浮力はもつのだろうか??」なんて不安があったけど、今やちょっとフィネスなコンディションの釣り上がりには絶大な信頼を寄せている。

あらかじめボディだけを作り置きしてあるので、タイイングはいたって簡単!

現場での使い勝手もいい。
水切れはいいし、軽く投射性も抜群、なによりその名の通り?透過性があってスレた渓魚の食いもいいのだ。

ストックがなくなってきたので、少し補充しておいた。


RIMG7101.jpg

続いては、定番中の定番、『ピーコック・パラシュート/LW』。
僕的には、HWヴァージョンの方がボリュームもあって好みなんだけど、このところ雨も降らないのでどこも渇水気味だ。
前回、おちゃさんと行った渓でも、こちらのLWヴァージョンの方が食いが良かった。
サイズも僕の中では小さめ?の#13にしておいた。

昨日は、写真は撮っていないけど、岩井さん考案のメイフライ・パラシュートというパターンも10匹ほど巻いておいた。
こちらは、前回一番の活躍フライだからね・・・^^;


ちなみに、今回巻いたフライは、すべてポストを長めにして仕上げてみた。
みちのく遠征以来、やや遠めのアプローチが続いているので、さすがに見えないときもあったから・・・
長い分には、現場でチョキ!ってすればいいし。


RIMG7110.jpg

最後は、フライライン。
みちのくで、『ランニングライン』という使い方を教わり、実際にリールごとお借りして試してみたところいい感じだった。
早速、自分のタックルでも試してみようかと^^;

来週の釣行が楽しみだ。
と・・・その前に、子供たちと夏キャンプに行ってきます^^



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年08月19日 20:25

こんにちは
ここへきて私はフライが不足気味です。
定番「ピーコックパラシュート」くらいは巻いておかないと後1ヶ月持ちそうにありません。
夏は、クモの巣で無くす事も多いです。

>自転車通勤人さん

2012年08月20日 21:15

自転車通勤人さん、こんばんは。
ピーパラは簡単に巻けてよく釣れますよね^^
今季も残りわずかとなりました。
お互いに、気をつけて楽しみましょうね・・・と言いつつ、今日は熊の親子に会いました^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。