Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode523 … 大吉と散歩(田波目城跡他)

2012年 09月27日 20:59 (木)

先週末のお彼岸は、嫁さんの実家へ行ってきた。
この日も、付近の河川敷内や里山を大吉と歩いてみた。

IMG_1117.jpg


 

まずは、いつもどおり高麗川のオイカワ偵察を兼ねて土手の草むらを散歩していると、途中でトノサマバッタがたくさんいた。
大吉はそれを追いかけジャンプして、空中で捕まえるのに夢中になる。

見ていても面白いので、写真に撮ろうと試みるものの、動きが早過ぎて全然ダメ・・・iPhoneのカメラじゃあ動体モードなんてないし、フォーカスも遅過ぎ^^;
今度はイチデジを持ってこよう。


IMG_1121.jpg
(上の写真はトカゲ?を捕まえた図です)

捕まえたバッタはといえば、頭からバリバリとかじって食べてしまうのだけど・・・美味しいのだろうか???^^;
まあ、人もイナゴは食べるしね。


ちなみに、大吉との散歩は、人スレした?人をなめている??無用心な鳩やカラスがいるところでは要注意。
リードを短くしっかりと持っていないと、飛びついてしまうのだ。
伏せ気味の姿勢で忍足になり、爪音を消したときは攻撃体制のサイン・・・飛び立つ瞬間にジャンプでバクっと。
バッタと違って大変なことになるので、なるべく鳩のいる場所には近寄らないことにした。

犬は、視覚はあまり優れないらしいけど、動くものへの反応は鋭いし、コントラストのハッキリしたものはよく見えているように感じる。


IMG_1122.jpg

さて、バッタやトカゲを捕まえ(食べ?)ながら、土地勘が全くない地域まで来てしまった。
そんな時、偶然にもかつてうちの子供たちが通っていた幼稚園がお借りしている棚田に出会った。
こんな所にあったとは知らなかった・・・収穫したお米で作ったカレーライスは、毎年ご馳走になっていたけど^^;


そこで、遠くに見える校舎をランドマークに実家へ戻ろうとすると、大吉は反対方向の山へ行きたい様子だった。
まあ、僕との散歩は週末だけなので、付き合ってみるか・・・^^

杉林の山路に入ると、ひんやりとした空気に包まれ心地よい。
すると、こんな表示が立っていた。


IMG_1127.jpg

「百歳坂」って言うんだ・・・きっと由来もあるのだろう。
「暖かい」とある、冬にも来てみようと思う。
そこそこ急な坂だったけど、渓流シーズン中は身体が歩くことに慣れているので、幸いなことに息もきれない。(春はキツイ^^;)


IMG_1128.jpg
(明るすぎる露出のiPhoneカメラ)

しばらく登ると、今度は「田波目城跡」という表示が出てきて、参道のような坂道になる。
こんな里山にも、城があったとは知らなかった。
さらに坂を登ることになるけど、大吉もグングン進むので見に行くことにした。


IMG_1131.jpg

ところが、山頂に着くと城の跡はなく、雑木林の里山になっているだけだった。
ちょっと残念・・・

すると、もう一つの表示が目に入る・・・「午の沢湿地」???
もしかしたら、珍しいトンボや生き物が見られるかもしれない^^


IMG_1134.jpg

そう考えて、大吉と一緒に急な山路を駆け下りる。
もちろん、大吉には時々待っていてもらいながら^^;

ところが、下りきったところにある湿地は、ただの雑草の藪?になっていた。
まんまと騙された( ̄◇ ̄;)
写真を撮る気にもならなかった。

さすがに、来た山路を登る気にもならず、またもあった表示の散策路へと進んで行く・・・どこかに出るだろうと。
ところが、これが意外と奥深そうな雰囲気だっのだ。

急遽、iPhoneのGPSを立ち上げて周囲の地図を見れば、散策路をこのまま進めばとんでもなく遠回りになることが判明した。

また騙されるところだった。
結局、降りてきた山路を再び登るのが最短のルートだと知りガッカリ…
散策路や山路の出入り口に、全体の地図でも設置してくれればありがたいのになぁ。


IMG_1138.jpg

帰りの登りでは、タイイングに使えそうな羽を拾ったのが唯一の収穫かな???

山路を登って降りて、また登って降りて、ヘトヘトに歩き疲れて実家へたどり着いた。
約2時間弱で十数キロ、しかも高低差のある散歩だった。
大吉との散歩はペースが速いので、距離のわりに疲労感が大きい・・・^^;


翌日は、朝から雨で散歩は行けず、「今日は楽できるかも^^」なんて思っていたら、夜になって小雨に変わった。
すると、大吉は庭に出てきて、こちらを期待の表情でジッと見つめている・・・
「じゃあ、行くか!^^;」と今度は冷たい雨の中を歩いた。


どうやら、これがいけなかった・・・その日の晩から熱っぽくなり、翌日夜の説明会の最中に悪寒で震えが止まらなくなった。

今度は熱と寒気と体中の痛みに耐えながら、どうにか家までたどり着き、熱を計ればなんと39度近かった。
久しぶりに二日間も寝込み、上司や同僚に迷惑をかけてしまった・・・すいませんm(_ _)m


IMG_1142.jpg

この間、家族に風邪をうつしては・・・と、一人で一階の部屋に寝ることにした。
すると、僕が寝ている部屋の枕元の窓際に、なんと大吉も付き合ってくれたのだ。
自分の寝床があるにもかかわらず、夜通しそばで寝てくれるとは・・・
そう言えば、僕の体調がイマイチなことも察しているようで、いつものように『遊ぼうよ!』とはしゃいで飛びついてはこなかった。
こちらを見て、尻尾をフリフリしたり、撫でるとペロっとするだけだ。

やっぱり、犬はかわいいなァ~^^
大昔から、犬は人と共に暮らしてきたパートナーなんだな…と実感の風邪ひきだった。


【追記】自分で読み返すと、なんとも親?バカな記事だけど、そうでもないと犬とは暮らせないかも^^;
実際、手間も出費もかかるし、旅行も制約されるし…でも、変え難い喜びがあるのも事実かと。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

この記事は

2012年09月28日 21:14

小冊子に纏めても宜しいような記録ですネ。
可愛いいですよネ大吉君、私も以前飼っていた犬を
思い出しました、人の表情から読む術はまさに
飼い主との信頼関係でしょうか。

だいぶ風邪も良くなったようで(^^♪

2012年09月28日 21:59

こんにちは

ワンコかわいいですよね。家にも以前2匹いたのですが老衰で天国へ行ってしまいました。
風邪、おだいじに!

>クラさん

2012年09月29日 10:28

クラさん、こんにちは。
クラさんは、犬も猫も飼われていましたよね^^
動物はみな自分の意思があり、それゆえに可愛いです。

順調に回復していましたが、昨夜、全身に蕁麻疹が出てしまいました。
近くの病院に行ったら、身体のバランスが崩れているようです。
土日はゆっくりしようと思います。

>自転車通勤人さん

2012年09月29日 10:31

自転車通勤人さん、こんにちは。
また飼ってみてはいかがでしょうか^^
大変なときもありますが、喜びも大きいですよね!
渓流犬としてもバッチリかもしれませんよね。

ありがとうございます。
土日はゆっくりしています。

2012年09月30日 08:58

 しげさん おはようございます。

 体調は如何でしょうか?
 40過ぎのスーパーマンは居ないのであります。
 ご自愛ください。
 大吉くんはワンコの鏡ですね。
 もう二昔に近くなりましたが、一平という名のマルチーズを飼っていました。
 彼はバイクの音を数キロ前から聴き分けられたようで、聞こえたらズーッと玄関で必ず待っていましたと奥が教えてくれました。
 犬の不思議な能力ですね。

>jetpapaさん

2012年09月30日 12:22

jetpapaさん、こんにちは。
今回の風邪は、かなりこたえました^^;
昨日まで、全身に蕁麻疹もでるほどでした。
歳ですね・・・

大吉は、けっこうサバサバした性格なのですが、今回の件でちょっと見る目が変わりました^^
一平君は数キロ先まで聞き分けるのですか・・・ホントに、人にはない特別な能力を持っていますよね。
だからお互いに助け合い、共生してきたのでしょうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。