Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode526 … 2012年の渓流釣行を振り返る

2012年 10月02日 23:01 (火)

今年も、あっっっと言う間に、渓流シーズンが終わってしまった。
とても残念だけど、ちょっとペースダウンできてホッとするような・・・^^;

そこで、今年も釣果というバロメータを中心に、一年を振り返ってみようと思う。

2012hikisuu.jpg


 
1.釣行日数 = 19日

今年は、渓流釣りに転向した2006年以来、もっとも釣行できた一年となった。
昨年は、身内の入院や手術もあってあまり釣りに行けない年だったけど、今年は自分自身も含めて家族や親類もみな健康で、予定どおりに釣行できた。

まずは、怪我や病気で無駄に休暇を使わないこと・・・これが肝心!
と言いつつも、先月末に風邪をひいたのは、シーズンオフも見えた油断からかな^^;

でも、当分は年間15~20日が限界かと・・・これ以上は、子供たちがもっと大きくなって、手を離れてからにしようとも思う。

その分、一日を無駄にしないことが大切で、今日という日は二度とないのだ。
釣れても釣れなくても、すべての経験を自分の糧にしよう。
また、釣りに行ける日は、早朝から効率良く動くことにしている。
これも、少ない日数で人並みな経験を積むためにはポイントかと思っている。


2.総匹数 = 245匹

今年は、釣行日数も稼げたので必然的に匹数も伸びた。
それと、これまでフライフィッシングで苦戦していた春先も、餌釣りやルアーフィッシングを始めたことで渓流釣りを十分に楽しめるようになったことも一因かと。

餌釣りは面白い!ルアーFも面白い!!
フライフィッシングに拘らず、山に入って自然を満喫し、渓流釣りを楽しむことが僕にとっては意味がある。
人の多い里川や、下流の川で釣るのは苦手だし・・・割り込まれたり頭ハネされたりしたら、楽しいはずの一日が台無しになってしまう。

それから、さすがに7年目となって、渓流魚のつき場、癖が少しずつわかり始めてきたと思う。
これまで見逃していた魚の潜む場所に気付くようになったり、粘りどころと見切りどころがわかるようになってきた。


3.一日あたりの匹数 = 12.9匹

今年はツ抜けが平均になった。
異常なほどに釣れる日に当たって、本当はもっと釣れたんだけど数えるのを止めた日もあった。
なので、実際は一日あたり13匹以上になるかもしれない。

渓流釣りって、なぜか爆発的に釣れる日がある。
そんな日に当たったら、飽きることなく、集中を切らさず釣りまくり、釣れる感覚を養う絶好の機会だ。
(ちなみに、僕は“釣り飽きた”ことはない。いつも楽しい^^)

『そんなに釣らなくても・・・』というのは、既に釣りが上手い人、時間のある人ならではのセリフかと・・・僕は未だ7年目のビギナーなのだ。
それに、少ない釣行日数=経験値を補う“絶好の機会”だとも思う。
新しいフライや釣り方、これまで攻めなかったポイントを試してみるのはそんな時に限る。
“釣った”という答えがなければ、新しい試み成否はわからない。

バスを釣っていたときも、1,000匹とか2,000匹とか釣って、初めて気付くことってたくさんあった。
「釣りは、釣らなきゃわからない!」
膨大なデータ(経験)を得て、そこからの公約数に気付くことが、釣りでは上達の足がかりになるかと思う。


4.オオモノ

今年は、これまで以上に尺岩魚(泣尺も含めて)が釣れてくれた。
これは、オオモノが潜むポイントの傾向が少しずつわかってきて、そこでは何投もしつこくフライを撃ったことが大きい。
すると・・・最後の最後に出てくることもわかってきた。
オオモノは、けして1投目に出るとは限らないようだ。
これまでは、だいたい1投してポイントを移動していたけど、今年は“ここぞ!”というポイントはかなり粘った。
時には、10投目くらいに出てくこともあったように思う。

これまでも、けして尺岩魚のいない渓を釣っていたのではなく、いることに気付かず通り過ぎていたことを痛感した一年だった。
来季は、もっと多く気が付くようになりたい。


5.いろいろな岩魚たち

・・・と、つまらない偽ウンチクは置いといて^^;
今年、なんと言っても嬉しかったのは、いろいろな岩魚たちを釣ることができたこと^^


RIMG6997.jpg

東北地方ではエゾイワナ。


RIMG7964.jpg

中部地方ではヤマトイワナ。


RIMG6764.jpg

見慣れたニッコウイワナも・・・この峪の岩魚は朱斑がなかった。


RIMG6599.jpg

こちらの峪の岩魚もニッコウ種ながら、ちょっと青みがかった透き通るような色合い。


RIMG5986.jpg

この峪の岩魚は、底石(茶色)と同化している・・・


2012-08-08_028.jpg

最後は、今年、一番お目にかかる機会の多かった峪の岩魚かな^^


さて、来年はどんな一年になるのだろうか???
何はなくとも安全に、命をかけるようなことはせずに末永く楽しんでいこうかと^^


そして何よりも、今季一緒に釣りに釣りに行ってくれた仲間の皆さん、ほんとうにありがとうございました。
来季も、懲りずにご一緒してくださいね^^



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

たくさん釣ってますね!

2012年10月03日 23:24

こんばんは、しげさん。

たくさん釣りましたね!
私は“ツ抜け/日”いかないです、きっと・・・。(苦笑)

来期はもっと色々な渓を探らなきゃダメですね。

>ミチさん

2012年10月04日 00:20

ミチさん、こんばんは。
今季は、タナボタの爆釣日が何日かありました^^
あとは、新規開拓したエリアが良かったです。
来季も続きを見て回るつもりですので、お休みが合えばぜひ!^^

こんなに釣ったん

2012年10月04日 20:49

研究心や探究心が溢れるしげチャンのなせる技と
オイラ、今年は、体調が良く30回以上出かけました。
じけチャンにも連れてってもらったし感謝です。
単独が多いオイラは、自然を独り占めして釣れれば腕が良し・釣れなければ条件が悪しと自己満足です。
来年も連れてって

>ミサさん

2012年10月05日 00:21

ミサさん、こんばんは。
いやいや・・・ミサさんは、もっともっと釣られてますよ^^
しかもデカイ岩魚が多いし・・・^^;
こちらこそ、来季も連れていってくださいm(_ _)m
それと、来季はぜひとも開拓したい方面があるのですが、ミサさんもご一緒いただけるなら心強いです!
7日の清掃で、皆さんともお会いできますね。
楽しみにしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。