Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode527 … 着々と・・・

2012年 10月04日 07:32 (木)

昨夜は、接着剤も硬化した頃だと思い、フェルールをつないで曲がりを確認してみた。

RIMG8098.jpg

 
思ったよりもティップの張りが強いかも・・・これが、吉と出るか?凶とでるか??
6feetちょっとの沢釣り用に作っているので、あまりティップが硬いとリーダーキャストがしづらいのかな???
なんて思ったりして^^;
ガイドを付けて、ラッピングをしてみて、どのくらい変化するのかな?


RIMG8101.jpg

写真の上のロッドは、二枚合わせで一番最初に作ったオイカワ竿(四角)だ。
その後、ルアーロッド(丸)、管釣り用(六角)、渓流用(丸)と作ってみたけど、なんとなくシックリとこなかった。
結局、このオイカワ竿との相性が最も良く、出来栄えはアラだらけだけど今でも治しながら愛用している。
二枚合わせのロッドでは、僕にとっては四角構造が合うようだ。

ただし、今回は同じ四角でも、角を落としてラッピングやコーティングをしやすくしたり、風切り音を抑える改良はしてみた。
ブランクの削り出しにしても、あまり細かなことは気にせず、全体のテーパーが想定とかけ離れないことに注意している。


RIMG8104.jpg

ティップの対面幅は、だいたいガイド1個分くらい太くしている。
オイカワ竿の2番ガイド位置の対面幅と、今回の竿のトップが同じくらいだ。

ガイドと言えば、今回はシングルフットガイドを採用してみようと思っている。
僕がバンブーロッドを使う理由の一つは、竹素材の持つしなやかさが「渓流フライフィッシング」で使いやすいから。
ならば、それを最大限に活かすシングルフットガイドはどうかと考えた。
ラッピング箇所も半分 = コーティング剤の重さも半減するし。

シングルフットガイドは、「見ためイマイチ」と嫌う方も多いけど、僕は機能的なものはカッコイイと思うタイプなので・・・バンブーロッドでも試してみよう^^;


RIMG8112.jpg

今回も、塗装はオイルフィニッシュで。
ウレタンディッピングは、工房なんてない僕の製作環境ではとてもムリ・・・^^;
仮に一度はできたとしても、後のメンテナンスまでは厳しい。
オイルなら、寝る前にティッシュで拭き塗りするだけなので簡単だ。
竹の風合いも感じられるしね。

このオイルを塗っている間に、実はもう一本、新しいオイカワ竿を作っている。
この竿を仕上げたら二枚合わせ工法は一休みして、プレーニングフォームを使った一般工法に挑戦してみるつもりだ。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ドンドンいきますね。

2012年10月05日 00:00

しげさん
こんばんは^^
進み具合に勢いも付いて。いろいろ考えるは楽しいですね。
私もはじめの数本は???という代物で、それでも今は良い経験になってるように思います。完成したころオイカワ釣りでもどうですか(笑)

>ジョニーさん

2012年10月05日 00:29

ジョニーさん、こんばんは。
夏くらいから、あれこれと作ってはいたのですが、どうも出来栄えがしっくりと来なかったんです。
で・・・その頃にプレーニングFを買いました。
すると、Kawagarasu工法で作る竿と、一般工法で作る竿の自分なりの役割分担?がイメージできたように感じました。

そこで、Kawagarasu工法のロッドは、当面、「形は四角、テーパーはストレート+α、節間ノードレスでいこう!」と決めたら、気持ちもすっきりとしてペースが上がりました^^
“的が絞れた”とでも言うのでしょうか。

ちょうど今、オイル拭き塗りと平行して作っているオイカワを削っていたところでした。
黒目や小畔などもありますから、オフに川でも遊びましょう^^

2012年10月05日 08:18

こんにちは。

ロッド製作の行程、いつも拝見してますよ!
四角ブランクはワタシも試してみたかったんですけどね・・。自分の加工精度・強度では何度も渓で折ってしまったので、現在は挫折してビルダーさん頼みにしております(苦笑)。
プレーニングフォーム購入でいよいよ製作ペースもあがったようで、次回は6角ですか?楽しみにしています!

>oko-rocksさん

2012年10月05日 17:38

oko-rocksさん、こんばんは。
四角は、意外と素直です。
しかも、丸や六角に削る必要もないのが助かりますね^^;
oko-rocksさんのロッドを作られているビルダーさん、最近ブログ始めた方ですか???
楽しみに読んでいるんですよ^^
今朝も印籠継ぎの写真を見て、凄いなぁ〜と感心していたんです。
プレーニングFは買いましたが、使いこなせるには相当な時間がかかりそうです…気長にいきます^^;

2012年10月06日 14:46

ものすごいペースですね・・・
来年の解禁までに、いったい何本作るんですか?
テープで、養生してあるフェルールは、何ですか?
カーボンですか?
通販で、カーボンロッド(安もの)を入手
まだ何もやってません!
制作中特にフェルールの拡大写真お願いします。
参考にさせていただきます。

明日は、けがの無いように、頑張って下さい(勝手にごみ・・・)
なんで、こんなときに仕事なんだ!
お会いしたかってです。

>yamameさん

2012年10月06日 19:53

yamameさん、こんばんは。
Kawagarasu工法の作り方に、少し慣れてきました。
節間ノードレス・四角・グラファイトフェルールであれば、ブランクの製作は一番手間いらずかもしれません。
でも、出来栄えは別で、まだまだ思うようにはいきませんね^^;

写真のフェルールは、グラファイトロッドから作ったフェルールです。
軽く、曲がるし、加工もしやすいです。
マルチピースには、グラファイトかグラス、あとは竹フェルールしか無理ではないでしょうか?
割れないように、マスキングテープで養生していますが、このあとスレッドとコーティングで補強します。

お会いできれば、詳しく伝えられるのですが・・・
もしくは、コメント欄に、「管理者のみメッセージ…」でアドレスをいただければ、詳細に送りますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。