Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode536 … 森の吸血鬼・・・

2012年 10月17日 07:28 (水)

今年は、ついに“コイツ”に初遭遇!!!
(ちなみに、熊や猪や幽霊は既に遭遇済みなので他のものです^^;)

RIMG7781.jpg

釣りをしている最中に、グローブの下で指の股が“むず痒い?”、“むず痛い??”感じだった。
そこで、グローブを外してみると・・・この流血沙汰の犯人が!

<注意> 食事中の方は、続きの写真を見て不快になる場合がありますのでご注意ください。

 
RIMG7783.jpg

ついに、出会ってしまった!!!
最近、全国各地で増殖中と聞く「ヤマヒル」だ。

これまでは“いない”とされていた地域に、今年はヤマヒルが見られるようになった。
この拡散の原因のは、鹿が爆発的に増え続けていることや、地球温暖化による気温の上昇で活動期が長くなったとか、諸々言われている。


RIMG7793.jpg

普段は、体調4~5cmくらいだけど、びよ~~~んと伸びて尺取虫のように進む。
手袋の中だろうが、靴下やシャツの中だろうが、隙間さえあれば侵入してくるらしい。
触れてみると、意外にも身体は硬く、張りのあるゴムのような感じだった。
そばにあった石でゴリゴリと潰しても潰れないのだ!


RIMG7800.jpg

そして、食いついたら放さない!!!
一番上の写真でも、最初は手で思い切り引っぱってみたけど伸びるばかり。
無理に剥がすと、ヒルの牙が皮膚に残り、化膿や痒みが長引くと聞いたので、ここは「ジュ!」と薬を一吹きしてみる。

すると、ヒルはもだえと共にポトッと落ちたのだ。
タバコの熱や、アルコールでも剥がれるらしい。


RIMG7802.jpg

この、ジュッとした薬は、『ヒル下がりのジョニー』というヒル避けの薬で、風鈴さんから教わった。
あらかじめ、山に入る直前に靴や衣類にスプレーすればヒルがつくのを防いでくれる。
また、食いつかれたときは、剥がすことにも使えるのだ。

ヤマビル避けの薬剤は、このジョニーに限らず何種類か発売されているけど、ディートを含まないという理由から、僕はこのジョニーを選んでいる。
釣りから帰れば、ウェーダーやWDシューズ、スパッツを水洗いし、庭のフェンスに干すことになるけど、ケンやヒロが触ったり、大吉がいたずらしたりすることもあるので、安全性の高いものを使いたいという気持ちからだ。


雨上がりのこの日は、釣りを終えて車に戻りスパッツを外してみると、両足で約10匹以上のヒルがついていた。
でも、ジョニーをスパッツの上部と膝下に帯状にスプレーしていた効果のためか、それより上には這い上がってこなかった^^

これが上がってきて、ウェーダーの中に入ってきたら・・・なんて考えたくもないなぁ^^;
来年も、これまでは“いない”とされていた地域へ行くときにも、持って行った方が賢明だと思っている。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

私は

2012年10月17日 21:03

いまだかって血を吸われたことがありませんが、
今後も吸われたくありません(^_^;)

もはや社会現象とまで言われている山ヒルですが、
いままで生息していない地域にも繁殖している様です。
今期は2ヶ所で遭遇していしまいました。
もはや「ヒル下がりのジョニー」に助けをこう
ほかないようですネ!

>クラさん

2012年10月17日 21:57

クラさん、こんばんは。
多分、地面に手をついた時に食いつかれたんだと思います^^;
ほんの一瞬なんですが、素早いです!
今年は、何度かジョニーのお世話になりましたが、いずれも効果はありました。
今や、登山ブームで靴にヤマヒルがついたまま帰宅してしまい、都内の公園にも拡散・被害が出始めているらしいですよ(^_^;)
おそるべし!ですね。

ジョニーなんですね。

2012年10月17日 23:42

しげさん
こんばんは。
山ビル遭遇したことないのですが、名前からしても持っている必要があるアイテムですね。
どこで買えるのでしょうか?さがしてみよう。

>ジョニーさん

2012年10月18日 00:44

ジョニーさん、こんばんは。
ヤマビルは、生息圏を拡大中らしいです!
薬の“ジョニー”ですが、僕は川越の石井スポーツで買いました。
また、都内の登山屋さんにもありました。
二人で使って、約三日間写真のスプレーボトル入りはなくなりましたので、ジョニーHPから「詰め替え用」を通販で買いました。
結果、ヒル生息地に3日以上行かれるならば最初から詰め替え用を買い、100円ショップでスプレーボトルを買う方法がお得かもしれません^^;

2012年10月18日 15:22

相変わらず「もって」ますね!
もし、しげさんと釣りに行くような事になったら
渓のポイントじゃなく、周りをキョロキョロしそう!
私も、釣りに行って、やられました。「ジョニー」なんてものが
あるんですね、買った方が良いかな?
ロッドも順調ですね!オイカワ釣ってみたい・・・
私は、家に帰って来ると毎日ダラダラ亭主状態です・・・

>yamameさん

2012年10月18日 19:48

yamameさん、こんばんは。
僕と行くと、いろいろと出会いますよ^^;
クラさん、oldflymanさんと一緒の時、目の前に猪が落ちてきた!
幽霊も一度アリ!!
テツさん、farwaterさんと一緒の時、熊に遭遇!!!
オイカワは、ウエットの練習にも活用しています^^
楽しいですよ。

2012年10月19日 06:18

 おはようございます。

 山ヒルの被害にあったことは一度もありません。
 運が良いのか、見たこともありません。
 最近生息範囲を広げ、庭先にも一部地域で出没とテレビで放映していました。
 おっしゃる通り、生息地域から運んで来る野生動物が増えたのが一番の原因と思っています。
 猿は逃げない、鹿は河原を走り回る、猪は夜道を彷徨う、挙句の果てにはクマまで町に散歩にやってくる。
 猟師が居なくなってしまったこと、人里に下りてきてもとっ捕まえられて喰われないと判ったからなんでしょうね。

 動物保護恐るべし。

 福島の田舎でヒルと言えば田んぼに居て、喰いつかれるものと思っていました。
 山の中にまでいるとは恐ろしいことです。

 小畔川の河川敷きにもいるのでしょうか?
 奥武蔵の山にも居るのでしょうか?

 情報があったら教えてください。

 

 

>jetrapaさん

2012年10月19日 10:34

jetpapaさん、こんにちは。
少し長くなりますm(_ _)m
鹿や猪の被害は、仰るとおり猟師の激減が一因、そして日本狼の絶滅(何処かに生き延びていると信じていますが…)が原因だそうです。
狩猟をする方が高齢化してしまい、山野に入って野生動物を狩ることができないそうです。
そして、今後の10年、20年でその傾向はさらに高まる予測だそうです。
たしかに、狩猟を趣味とする方は、僕らの世代ではほとんどいません。
また、人が狩ることのできない山奥では、かつては狼が食物連鎖の頂点にいて適正な生態系が維持されていましたが、彼らはいなくなってしまったのです。
渓流に行くと感じますが、天敵のいなくなった鹿やカモシカ、猿の数は尋常ではないです。
おかげで山林は荒廃し、高山植物も壊滅的な被害が出始めています。
そして爆発的に増えた鹿や猿に山蛭はつき、全国に拡散しているのです。
ちなみに、関東地方で山蛭のいない県は、今や埼玉県だけだそうです。
秩父や奥武蔵は大丈夫ですが、それも、いつまでもつのかわかりません。
都内の公園にもいるそうです!
山蛭の拡散、里山や畑の被害、山林や高山植物への影響…僕は、モンゴルに住むハイイロオオカミ(日本狼に近い種)を移入するという案に賛成です。
どんなに優れた猟師でも、狼のように狩ることはできませんよね。
話はズレてしまいましたが、このままでは日本の山は回復できないほど荒廃してダメになります。
イエローストーン国立公園を見習い、狼の生態をよく研究したうえでですが真剣に考えるべき時期だと思います。
手遅れにならないうちに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。