Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode543 … 一般工法の準備

2012年 10月29日 08:23 (月)

昨日、管釣から帰ってまもなく玄関の呼び鈴が鳴り、注文していた工具とパーツが届いた。

RIMG8349.jpg

 
まずは、真ん中の真っ黒な丸いモノ…
これは“竹を六等分するナタ”で、苦手な竹割り、特に3の倍数割りに難儀していたので、思い切って買ってしまった。
一般工法は、Kawagarasu工法よりも竹を細く割る必要がありそうなので、無駄なく竹を使いたいし^^;

左の薄っぺらいのは、洋カンナの替刃だ。
一般工法は、よく切れるカンナの刃砥ぎがキモらしい。
削る途中で手を止めて、砥石を出して…なんてやりたくないし^^;
そこで、最低限の2枚目を買っておいた。

最後に右端は、シングルフットガイド。
バンブーロッドにシングルフットガイドを試してみたら、案の定、性能的には文句なし!
見た目は好き嫌いあるだろうけど。
そこで、小さめのサイズを買い足しておいた。

今回、しめて5,990円!!!
ロッド作りは、なんだかんだと細かな初期投資はかかってしまう^^;
でも、一度揃えてしまえば次第に材料代だけになるだろうし、自分で作ったロッドなら山でも気兼ねなく使える。
折れたって、自分で治すことも作り直すこともできる(はず^^;)

実際、山では藪漕ぎで引っかけたり、フォワードキャストで目の前の岩を叩いたりはしょっちゅうある。
それに、昨日みたいな雨の日でも使いたいし…
オーダーしてから何年も待ったり、何十万円もするような高価なバンブーロッドは、僕にはもったいなくて使えない…
だって、今、僕が作っているKawagarasu工法のロッドは、材料費に2,000円もかからないのだから^^;


RIMG8325.jpg

替刃も届いたので、カンナの使用前の準備をしてみた。
実は、プレーニングフォームを買ったときに、お店のオーナーさんから『カンナは底をペーパーで平らにならしてから使った方がいいよ!』と教わった。
でも、金属製の底を、素人の僕が手を入れても大丈夫なのだろうか???

ネットでいろいろと調べてみると、ヴァイオリン作家の方のサイトに、同じスタンレーのカンナの調整、手入れが詳しく紹介されていた。
とってもわかりやすく、動画までUPしてくれていたm(_ _)m
見よう見まねで底を磨き、刃を砥ぎ、各部をグリスアップしてみた。


RIMG8328.jpg

グリスアップといえば、僕はリールもその他のちょっとしたメカモノも、み~んなこのグリスで間に合わせている。
本来は、シマノの自転車用のグリスだ。
自転車が趣味の方にとってみれば、このデュラエースのグリスは定番中の定番で、知らない人はいないくらい?^^;
僕もMTBには、何年も前から使っている。

今回は、組み直すときに出荷時に塗られてあった箇所にこれを使ってみた。
カンナは安いものではなかったので、大切に使わなきゃ。


こうしてメンテしていたら早速試してみたくなった。
そこで、エリア用6’2”ロッドのエクステンションピースを削ってみることにした。
(火入れと曲がり直しは、数日前に済ませてあったのだ^^
洋カンナは重さもあり、刃の出具合いもネジで調整するので使いやすい。

これからは、『ザクザクと荒削りなら、替刃式の最適カンナミニ』、『仕上げは、刃の調整がしやすい洋カンナ』でいこう。

とは言うものの、今日からはまた仕事・・・ロッド作りは少し休憩かな。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年10月29日 23:46

バイオリン作家さんのページって、何処ですか?
私もメンテナンスしたい!
竹割り機も買っちゃいましたね!
ちなみに私は、使いません。なぜならせこくたくさん
割りたいから!・・・・
今日、昔HPをやっている頃、総合リンクしていた
「koba」さんのところに、ご無沙汰挨拶に行って、ビックリ
総合リンクしてるんですね・・・・
ジョニーさんも仲間の「GENちゃん」(日々雑々)としてるし
狭いですね・・・・ビックリ

>yamameさん

2012年10月30日 00:33

yamameさん、こんばんは。
山田聖さんというバイオリンを作られている方のHPです。
とても勉強になりました。
竹割りはどうも・・・キレイに割れないのです^^;
斜めになってしまうのです。
フライフィッシングの世界って、実は意外と狭いですよね。
同じ方向を向いている釣り人同士は、どこかで知り会う機会が生まれるようですね^^

こんちゃです(^^♪

2012年10月30日 12:56

すっかり、ロッドメーキングモードですね~~(笑)

いよいよ、六角バンブー製作ですか?
PFの反対側を六角用に60度の面取りもしときますか?
四角と六角の両方が出来る様に(*^^)v

六角だと、引きネジと押しネジの間隔を狭くしないといけませんね。
ミゾの深さを測るダイヤルゲージも買わなきゃネ(笑)

自分も日曜は雨の中、朝霞で遊んできました・・・魚の活性は良好でした(*^^)v

>アダムスさん

2012年10月30日 23:14

アダムスさん、こんばんは。

渓流もクローズして、今がチャンスと作っています^^;
はい、六角にもいよいよ手を出します。
次に時間の取れるときに、作業スペースを空けて開始です!
ゲージも高かったですが、どうにか手に入れました。
残るはラフフォームですが、自作用の角材も手元にあります。
もう直ぐ始められると思います。

四角の裏側にも溝が彫れるのですね!
う~ん、楽しみです^^
お忙しいところ、いろいろとありがとうございますm(_ _)m
ほんとうに助かります。

アダムスさんも日曜は行かれたのですね!
後ほどお邪魔させていただきます^^

竹割

2012年10月31日 08:17

しげさん
おはようございます。
今日は少しゆっくりでして(笑)
私ももっていますが、長い竹を割るのには便利ですね。
でも節間ならばナタの方が使い易いですよね。
あって便利ではあるので時と場合で使い分けています。
竹割ってわくわくしませんか?

>ジョニーさん

2012年10月31日 21:39

ジョニーさん、こんばんは。
ですね、どうも節を跨ぐときにズレてしまいますから、長く割るときに使ってみたいです。
節間なら鉈で簡単ですよね。
竹割は、パリパリ…という感触がなんとも言えません。
好きですよ^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。