Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode552 … 二枚合わせ工法BR 【火入れ・矯め】

2012年 11月11日 12:53 (日)

今回は、火入れと矯めの工程を・・・作業中の写真はなかなか撮れないので、過去の写真を使っているのはご勘弁をm(_ _)m

RIMG3913.jpg

 
RIMG8369.jpg

1 熱源、矯め木、熱を逃がさない蓋を準備
 (1)熱源
   ・電熱器、ヒートガン、アイロンなど、人により使う器具は様々
   ・竹に熱を加えると、張りが出る(らしい)
   ・過剰に加えると真っ黒に焦げるか、燃えて炭になる・・・
 (2)矯め木
   ・曲がり直しに便利な道具(手で直すよりも楽だと思う)
   ・適当な角材で、「細」、「太」の二種類を自作する
 (3)熱を逃がさない蓋
   ・土鍋、アルミ鍋に溝を切ったもの、またはアルミの板によるパイプ状のいずれか
   ・電熱器使用には必要

DSCN0590.jpg
               パイプ状の写真


2 火入れ・矯め(竹の曲がりを直す)
 (1)割って、厚みを整えた竹片に熱を加える(全周まんべんなく)
 (2)竹の焼ける香り、竹片の端部から出る水蒸気や、表面に油分が浮き出てきたら曲げのサイン
 (3)このタイミングで、矯め木を使って曲がりを直す
 (4)温度が低いと曲がらないし、高すぎると燃え始めたり脆くなるので注意が必要
 (5)節間ノードレスなので、節間のカーブを真っ直ぐにする
 (6)ピースとなる1ペアの内肉側どおしを合わせてみて、ほぼピッタリになるように真っ直ぐにする
   ※ 矯めは、初回が一番よく曲がるので、短時間に素早く行う。二回目からはほとんど曲がらなくなる


3 さらに火入れ
 (1)矯めで入れた火入れだけではムラがあるように思うので、曲がりを直した翌日以降に全体に火入れを行う
 (2)トンキンと真竹では、火の入り具合も色合いの変化も違うので、いろいろと試してみる(僕も修行中)
 (3)しっかり火が入った竹片で作ったブランクは、張りが違うように感じているけど・・・


4 使用材料と工具
 (1)工具
   ・電熱器:家電量販店 2,500円
   ・土鍋の蓋:100S 105円
   ・矯め木:HC 300円


つづく・・・


次回は、内側のテーパー削りを予定してます。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年11月11日 18:13

ふむふむなるほど
最近ホームセンターに行くと必ず土鍋を見てますが、
高い!んですね・・・・ふただけ欲しいのに
我が家の土鍋割れたりしないかな
買い換えなんて事になればにんまりするんですが

矯め木そうですね、前から作ろうと思っていながら
まだ作ってません・・・
和竿を作っているドキュメントで、見たことがある。

>yamameさん

2012年11月11日 20:40

yamameさん、こんばんは。
近所の100円ショップに、土鍋がありましたよ!!!
これなら、蓋だけ使ってもいいんじゃないでしょうか。

矯め木はスグレモノですよね~!
気分は一平爺さんです?^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。