Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode554 … グラファイト・フェルール破損!

2012年 11月12日 07:22 (月)

日曜日、夕方の朝霞ガーデンでアダムスさんと釣りをしていたら・・・40cm近い虹鱒が掛かった。

この虹鱒、コンディションが良くてグイグイと引きまくる^^;
楽しいんだけど、ロッドがちょっと・・・


すると、やり取りの最中に「ミシッ!」という音が聞こえた。
手応えからしてブランクじゃあないだろう。
その後も、このロッドで釣りを続けてみたところ、良型のサクラマスとのやり取りで再びミシッ?
10mほどラインを伸ばしたロールキャストでもう一度・・・


RIMG8438.jpg

家に着き、早速見てみると、フェルールの端部のコーティング部分が割れていた。
ブランクがしなった時に、伸びる側と縮む側の歪が発生してグラファイトフェルールの端のエポキシコーティングが割れてしまったようだ。

付け直そうとして引っ張っても動かないので、フェルールをカッターで削って外すしかないかも。
今後、同じようにならないためには、フェルール端部をロッドの縦方向(軸方向)の繊維で補強するか、より伸縮性のあるコーティング材を使うしかないのかな???

もっとも、僕は渓流で虹鱒は釣らないので、こんなパワーの山女魚や岩魚はいないだろうから、そこまでの強度を求めないという選択肢もある。
問題は、管理釣場用のロッドだけど・・・さて、どうしようか?^^;


 
先日の日曜日
スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年11月12日 07:58

おはようございます。

補強巻はやり直すでしょうから、
フェルール部分全体を熱してやれば
カッターで削らなくても外れますよ。

そうすれば、再利用可能です。(^ ^)

>プラントFさん

2012年11月12日 08:07

プラントFさんおはようございます。
ありがとうございますm(_ _)m
熱でエポキシ接着剤だけをどうにかしてしまえばいいのですね。
実は、ちょっとは思ったのですが、カーボンが燃えたらどうしよう?とか、お湯につけて竹ブランクは大丈夫かな?とか心配になってしまいました。
お手数をおかけしますが、メールしますのでお時間のあるときにでも詳細を教えてくださいm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。