Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode80 … 朝型生活に

2009年 09月12日 05:08 (土)

今年の渓流シーズンも、残すところ半月ほど。
振り返ってみれば、あまり釣りに行けないシーズンだったなぁ^^;

と嘆いていても仕方がないので・・・。

s7.jpg



釣りに行けなかった理由は二つある。

一つめは、子供達の成長や進級とともに、日曜日の習い事が始まったこと・・・
しかも、一人で現地まで行けないイベントや親子で参加するものもあり、日曜日の朝練が激減。

二つめは、会社の人事異動があったこと・・・
担当業務も立場も変わり、これまでのように進められない自分がいる。
仕事は終わらないし、プレッシャーはかかるし、当然休みも今までのようには入れられない。
なんとか休みが取れても、釣行前日は残業で深夜の帰宅・・・

こんな具合に理由をあげればきりがない。
もっとも、誰もが同じような苦労をされているんだろうなぁ・・・と思う。


でも、子供達の習い事やイベントの同行は、ずっとこのままというものではない。
近い将来、『親父は一人で釣りにでも行けば・・・』なんて具合になってくるのかと思う。
ちょっと、寂しい気もするが^^;

問題は仕事の忙しさだ。
最近の世の動きを見れば、今後厳しくなることはあっても、楽になることはないだろう。
うちの会社も、毎年仕事は難しく、複雑になる一方で、人はどんどん減らされている・・・


そこで、「どうしたら時間をひねり出せるだろうか?」と、いろいろと考えていたところ、
仕事上でお付き合いのある他社のMさんから面白い話を聞いた。

『しげさん、それは朝型にすればいいんですよ!』とのこと・・・

おそらく彼は、僕よりもはるかに忙しい人だと思う。
でも、夜の7時に連絡しても、帰宅してしまってオフィスにはいないし、
休日は趣味のバイクを楽しんでいる様子。
でも、仕事は確実・正確だし、期限までにキッチリと間に合わせている(というよりも、早い!)。

その彼の秘密?は、社で一番早く出社することらしい。
朝イチの誰もいない静かな時間帯に、その日の段取りをすべて済ませ、周囲が動き出す前に先手を打つ! というのだ。
『電話がかかってきて作業を中断されないだけでも、効率がぜんぜん違いますよ』とのこと。


単純な僕は、すぐにこの話に飛びつき、ついでに本まで買ってみた^^;
(このテのビジネス本は多い)

IMGP0954_20090912043114.jpg

三日坊主でもいい、これ以上悪くなることはないし・・・^^;
というわけで、まずは何日か試してみた。

・4時(起床)
 フライを巻いたり、本を読んだり、blogを書いたり、調べ物をしたりする

・5時30分(出勤)
 早めの電車はガラガラ・・・
 仕事の作戦を練って、携帯電話にメモを取る

・7時過ぎ(出社)
 始業時間までに、その日のことや今週すべきことの段取りをする
 メールチェックや資料の確認、決済などを済ませ、自分の仕事を片付ける

・9時
 他のみんなが動き出すと同時に、その日に依頼すべき仕事のメモを渡してしまう

・12時まで
 クリティカルパス的な仕事はほぼ終了

・午後から
 会議や打ち合わせ、飛び込み仕事をやっつける

・6時(退社)
 残業している皆さんを横目に、「お先に~!^^」

・7時30分(帰宅)
 家族との時間をもてる
 早めの就寝・・・

嘘のような話だが、ほんとうにこんな生活になってきた。
朝の1時間半くらい(通勤電車内も含めれば、3時間ほど)で集中して仕事をこなしてしまうと、後半が楽になった。
今までは、突発的な仕事やトラブル対処に追われて、通常業務のほとんどが残業にまわっていたように思う。
朝から準備しておくだけで、こんなにも時間の使い方が違うものになるとは・・・


この朝型生活は、Ryoshiさんちから帰って以来になるので、三日坊主どころかもう半月以上も続いている。
飲み会や夜に開催される行事などを除けば、毎日こんな感じのペースだ。

そして最近は、身体が慣れてきたこともあり、朝晩にMTBでの散歩なんかも加えてみた。
朝の爽やかな空気の中、越辺川の土手道をMTBで走る爽快感は、日ごろのストレスも飛んでしまう^^
このMTB効果なのか、わずか一週間でベルトの穴が一つ縮んだ^^
嫁さんにも、顔が少し小さくなったとも言われて嬉しい。


おかげで、禁漁間近のこの時期になって、少しは釣りに行けるようになってきた。
来期は計画的に釣りに行けるよう、さらに朝型生活と組み合わせて改善してみたい。
上手くいったら、僕よりさらに忙しいRyoshiさんにもおすすめしよう^^


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2009年09月12日 22:22

しげさん、こんばんは(^^)

本当に、充実した日々をお過ごしのようですね。
時間は、一日24時間、一年365日と決められてしまっているので、余分な時間というものはなく、与えられた時間をうまく工夫して、効果的に使っていくしかありませんよね・・・(-_-)

私も、かつて残業続きで、部内の選抜試験になかなか受からない時に、上司から「こんな人もいるんだぞ!」気合を入れられたことを思い出しました(^_^;)
それは、直木賞だったか芥川賞だったか受賞した新聞記者の方の話で、「忙しい中、いったいいつ原稿を書かれたのか?」という問いかけに、答えは「夜は疲れてしまっているので、すぐ寝てしまい、朝早く起きて、すっきりしたところで書き上げた」のだそうです。
だから「おまえは3時に起きて勉強しろ!」とメチャクチャなことを言われました(;一_一)
そのとおり、実行した訳ではありませんが、その年、運よく試験に合格することができました(^^)v

過去私は、出張続きで、家にはほとんどいないという時代が長かったのですが、現在の私は、しげさんには申し訳ありませんが、通勤時間も短く、残業もほとんどありませんので、家族との時間もたっぷりあり、さらに持て余した時間で、ある目標に向かって自己研鑽をしております( ^^) _U~~

しげさん、睡眠不足にはならないように、気をつけてくださいね~(^_^)/~

>ひでまるさん

2009年09月13日 05:43

ひでまるさん、おはようございます。

皆さん、それぞれにご苦労がありますね。
社会人にとっては、試験って一生続くものだと思いますが、かなりの負担になりますよね。

僕も、昨年は二つの試験を受けることになりましたが、やっぱり時間との戦いでした^^;
早く帰れば、子供たちが待っていてくれるので勉強にはなりませんし、遅ければ疲れてできません。
結局、長い通勤時間を利用して、携帯電話に論文を書き、自宅へメールで送って仕上げることにしました。
この方法は上手くいき、論文主体の試験は合格できたのですが、もう一方はダメでした。

ダメだった方も、なんとか合格したいのですが、かなり厳しいです^^;
ひでまるさんの「目標をもって自己研鑽に励んでいる」とのお話を聞き、僕も諦めずにまた受けようと思いました^^
時間の作り方を工夫してみます。

「睡眠不足に注意」とのご助言、ありがとうございます。
朝型生活で陥りやすい点だと思います。
早く帰れるので、ついつい夜更かししてしまいます。
早く寝て、早起きしてやる…という基本を忘れずにいきたいと思います。

2009年09月17日 00:35

こんばんは。
状況からすると、こんなのも役に立つかも。

日本実業出版 村上剛志 著
「先読み力」で人を動かす
~リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント~
1,500円(税別)

「トラブルを事前に予測して行動する」具体的方法について解説しています。

慣れるまで最初は大変だけど、慣れてくると突発的な業務が減って本来やるべき仕事に集中できます(実体験)。

>のりゆきさん

2009年09月17日 05:00

>のりゆきさん、おはようございます。

ご無沙汰です^^
朝型生活、すっかり慣れてきました。

仕事も以前とは違う感じで流れてきたので、
さらに新しいことを考えてみようかと思っていたところでした。
ご紹介の本、さっそく見てみますね。
上手くいったら報告します。
ありがとうございます^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。