Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode567 … 二枚合わせ工法BR 【接着】

2012年 12月01日 15:37 (土)

今回は、接着の工程です。
接着は、接着剤が手についてしまうのでカメラが持てない・・・なので、これまで以上に写真がなかったりして^^;

参考に読んでくださっている皆さんには申し訳ありませんが、ご理解のほどヨロシクですm(_ _)m

RIMG8765.jpg

 
接着は、それ自体は特にテクニックもなにもなく・・・^^;
ここまでの加工がうまくいっていれば、隙間もなくしっかりとくっ付くと思う。

僕が、「これは!」と思ったのは上の写真、『タイトボンドⅢ』というボンドを知ったこと、そして接着時に使う“あるモノ”くらいかも^^;

タイトボンドを知るキッカケは、いつも参考にさせていただいているいくつかのブログのうち、本職の方でお一人、セミプロの方でもう一人が、これを使っていると書いていた。
ちなみに、本家のKawagarasuさんが使っている接着剤は、聞いていないのでわかりません^^;

タイトボンドは、amazonで購入した。
使ってみた感じと、説明による特徴は、

 ・エポキシのようにベタベタにならない(手についても、木工用ボンドのようにキレイに剥がれる)
 ・程よい硬化時間と粘度
 ・接着面よりも竹の組織が破断するほどの強力な接着力
 ・一液性で便利
 ・耐水性
 ・耐熱性
 ・安全性の高さ

水辺で使用し、曲がったら熱して直すバンブーロッドにはうってつけだと思う。


1.最終確認
 (1)接着する二枚の竹片の厚みを最終確認(この厚みでロッドのテーパーが決まる)
 (2)二枚の竹片を実際に合わせてみる
   ・竹片の左右のズレは許容範囲内か?を確認(ダメなら曲がり直しへ戻る)
   ・接着面はピッタリ隙間なく合わさるか?を確認(隙間が開くなら面を修正)
 (3)納得がいかないなら再度内肉を削って調整するか、作り直す
   ※ 基本的に表皮側は削らないので、これが最後のチャンス

2.準備
 (1)接着は素早くする方がよいので、手元に必要なものを全て並べておく

3.接着
 (1)竹片の片方に接着剤を塗る
 (2)もう一方の竹片を貼り合わせる
 (3)貼り合わせた二枚の竹片の両端を、ズレないようにマスキングテープで止める
 (4)はみ出した接着剤をウェットティッシュで拭き取る
 (5)竹片を2枚のアングルに鋏み込み、それごとクリップやクランプで固定する
   ※ 2枚のアルミのアングルを、ピースより長くカットしておく

先に書いた“あるモノ”とはアルミのアングルのことで、ネタといてはたいしたことない???^^;
これで鋏んで接着すると、貼り合せたときの反りなどがなく、真っ直ぐな状態で接着される。
一方向がしっかりと真っ直ぐになれば、もう一方向については削ってしまうので・・・まあ、見栄えはなんとかなるかと^^;

4.養生
 (1)ほどほどに温かい場所で、完全に硬化するまで養生する

5.工具、材料
 (1)使用材料
   ・タイトボンド:ネット 1,500円くらい
 (2)工具
   ・アルミアングル:HC 800円くらい


次回は、「四角出し」です・・・苦手だけど。

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

タイトボンド

2012年12月01日 18:48

こんばんは^^
連チャンですみません(笑)
これなんですね。私はタイトボンドの普通の赤いパッケージのものを以前使ってみたのですが、剥離しました(爆)
これなら良さそうですね。こんど購入してみようかなと思います。
参考になります。

>ジョニーさん

2012年12月01日 19:11

ジョニーさん、コメントありがとうございます^^
このボンド、かなり強力です!
試しに、失敗したブランクで強度テストしてみたのですが、接着面はくっついたまま、竹の繊剥離しました。
他にも、治具を作るときにも使っていますが、これまで剥がれたことがないのです。
ぜひ一度お試しを・・・一液性だし、安全性も高いのでオススメですよ^^

2012年12月02日 08:04

こんにちは
待ってましたよ、制作記事。
タイトボンド、早速注文しなくちゃ。
これなら、我が家の壊れたおもちゃも直せそうです。

そのまえに、竹、削らないと・・・

久々お休みに

2012年12月02日 09:22

なになにこれな~に?
こんなのがあるの・・・・
試してみる価値ありですね。価格も安いし
めんどくさくないとことが、良さそう・・・・
バンブーロッドにいいのだろうか・・・
久々にお休みに・・・・
これから嫁のアッシー・・・・です。
仕上げ削りやらせて・・・

>自転車通勤人さん

2012年12月02日 20:19

自転車通勤人さん、こんばんは。
ぜひ、お試しください^^
あとは、アルミアングルに挟むのもオススメです。
竹がうまく削れれば、接着はわけなくいきますよ。

>yamameさん

2012年12月02日 20:27

yamameさん、こんばんは。
yamameさんのプレーニングフォームのお店のオーナーさんも、「タイトボンドは、バンブーロッドにOK!」とおっしゃっていましたよ。
一液性というのも便利ですよね!
今日はお買い物ですか…来季のためにも頑張ってください^^

なるほど

2012年12月02日 22:16

充実したオフシーズンをお過ごしですね!
接着剤も色々と相性がありますよね。

自分はもの造りよりも釣りに行ってます。

また鯉でもいかがですか?
重さんに会いたいです。

>おちゃさん

2012年12月02日 23:47

おちゃさん、こんばんは。

いろいろと作ってますよ~^^
僕の場合は、オフの自作=来季の釣り(釣果)なんです^^;
使いやすい道具は、必然的に釣果に現れますよね。
今季、そこそこ匹数が伸びたのは、バンブーロッドとの出会いが大きかったのです!
来季は、自作のバンブーロッドで、ぜひ岩魚を釣りたいと考えています。

鯉釣りも行きたいのですが・・・今年いっぱいはちょっと時間が・・・^^;
すいませんm(_ _)m
またお誘いしますね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。