Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode571 … ドイツ軍4兄弟?

2012年 12月07日 00:00 (金)

このところ仕事が忙しく、なかなか家でゆっくりできない・・・
今日も、仕事で頭にきたことが た~~~くさんあって、このまま寝たんじゃ精神衛生上よろしくないのは明白!!!

そこで、精神安定剤として釣具を引っ張り出し、いろいろといじくって楽しむのだ^^;


RIMG8852.jpg

今日のアイテムは・・・フライリール!

 
今年から、Kawagarasuさんの2枚合せのバンブーロッドを使うようになった。
この2枚合せって、構造上とても軽いのだ^^

これまで、マリエットCMRやメダリスト1492を中心に使ってきたけど、ロッドに合せてもっと軽いリールが欲しくなった。

よく、『バンブーロッドは自重があるので、重めのリールでバランスを取った方がいい』と聞く。
でも、もともと軽いロッドには、わざわざ重いリールをつける必要はないかな・・・と考えた^^;


そこで、試しに買ったのが「RST Beryll」というドイツ製のリールだ。

最初に買った#0(上の写真右奥)は、わずか90gしかない。
ロッドと合せても、竿56g+リール90g=146gだ^^

このBeryll、シンプルなデザインも気に入った。
そこで、1サイズ上の#0.5(上の写真左奥)というのも買ってみて、DT4Fを巻いている。
こちらは、主にKawagarasu SINという7’2”の6pcモデルにつけて、ウェットフライとドライフライをバーサタイルに使うような釣りに使用中だ。
もちろん、#0.5も重さは95gしかない。


RIMG8810.jpg

こうなると止まらない・・・^^;
例の“ポチっと!病”が発症し、同じRSTのKoh-I-Noorというリールを手に入れた。
かの有名な、岩井渓一郎氏が愛用していたリールだ。

見た目はBeryllよりもしっかりとしているけど、こちらも90g台。
WF3Fのベリーを切り取って、ランニングライン部分をオイカワ用自作バンブーロッド(韋駄天 七五)に使っている。


で・・・写真はなぜか2台あったりする^^;
そう、またも“ポチ!”なのだ。


RIMG8813.jpg

ところが、よく見ると微妙にカタチが違うことに気が付いた。

フレームの支柱も1本違うし・・・
ハンドルのノブの周りの穴あけも違う。


RIMG8816.jpg

裏返すともっと目立つ。
刻印の入れ方が、ぜ~んぜん違っている。
シリアルナンバーを見ると、どうやら支柱の多い方・刻印の小さい方が新しいモデルのようだ。


このリールたちも冬の間に整備して、来季に備えておかなきゃ!
そして、セットするバンブーロッドも作らねば!!

それには、問題の多い○○○の仕事をなんとかやっつけないと・・・それが今の最大のストレス^^;

スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2012年12月08日 18:02

こんにちは

私の安定剤も「釣り具」です,さらには「写真機」なんてのもありますよ。
どちらも「使用する時は1セットのみ」のはずなんですが・・・増えますね。

今,もう一つリールが欲しいなぁと思っているのですが,良いものがなかなか無くて、あればあったで経済力がついていかず。
幸せに悩んでいます!

>自転車通勤人さん

2012年12月09日 00:46

自転車通勤人さん、こんばんは。
僕も写真は大好きですよ^^
カメラが一台あると、釣りも旅行も散歩も楽しさは倍増ですよね!
リールはロッドほど気にしていないのですが、どうも「ポチ!」っといってしまいます^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。