Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode588 … 宇宙戦艦ヤマト2199(第四章)

2013年 01月19日 10:46 (土)

仕事が終わってから、見てきました^^

RIMG9235.jpg

今回は第四章、「銀河辺境の攻防」。

オリジナル登場のキャラに加えて、新キャラも個性を発揮?
ますます楽しくなってきた。

ちょびっとネタバレも含むので、この先を読まれる方は要注意です。

 
RIMG9244.jpg

今回も、“今風?”に画質もよく、メカのデザインもgood!
映画館のスクリーンで見ると迫力も満点!


R0014733.jpg

イスカンダルへの中間地点のバラン星には、ドメル将軍が赴任してきたりと物語りも佳境に入ってきた。
ドメル将軍の奥様が登場したり、肩には“トリさん”がいたりも意外だったけど、今回の章で僕がもっともワクワク・ドキドキだったのが「次元潜航艦(宇宙空間における潜水艦のようなもの?)」とヤマトの戦い。

「レッドオクトーバーを追え(原作に限ります)」や「Das Boot」ファンの僕としては、とっても楽しめた^^
『デコイにかかったな!』というセリフには、思わず(^^)
しかも、次元潜航艦の艦長は、“ヴォルフ・フラーケン”・・・それにしても、なんでガミラス人の名前って、みなドイツ人風なんだろう^^;


RIMG9241.jpg

また、今回のストーリーでは、女性キャラも重要な役割を果たしている。
オリジナルとは若干違った性格ながらカワイイなと・・・^^


このヤマト2199は、今年の4月からTBS系でTV放映されることになったそうだ。
限られた映画館でしか放映されていないので、見に行けない人には朗報だろう。

次回、第五章は4月13日から公開の予定。
また仕事帰りに見に行こうかな^^


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年01月19日 16:55

こんにちは^^
しげさん、お好きですね~^^。
しかし、宇宙空間にもかかわらず、潜水艦とはこれいかに?
異次元にでも潜行しているのでしょうか?

レッドオクトーバーを追え、原作は読んでいませんが、映画も面白かったですよ^^、
確かショーンコネリーでしたよね。
Uボートがお好きだとは!気が合いますね^^。
紺碧の艦隊はご覧になりましたか?

>farwaterさん

2013年01月19日 19:41

farwaterさん、こんばんは。
ヤマトの第一作は、懐かしさ、ミリタリー、そして松本色が強くて好きです(^^)
宇宙を海に見たてたのは、零士先生が最初だそうです。

次元潜航艦はお察しのとおり異次元に潜り、次元潜望鏡で索敵して魚雷を撃ってきます。
ヤマトは次元ソナー(だったかな?)を使って魚雷の軌跡を予測、迎撃します^^
このあたりのガミラスのセリフがもう…たまらんです^^;

レッドオクトーバーの映画は、映像の面白さは楽しめますね!
ショーン・コネリーのラミウス艦長も雰囲気良いですし^^
原作は、潜水艦戦のドキドキや情報戦の緻密なストーリー展開が魅力です。
初期のクランシーは大好きですが、今はちょっと…残念ですよね(^_^;)

紺碧…もお気に入りです。
実際は実用化までたどり着かなかった震電の編隊が、B29を迎撃するシーンが一番好きですね(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。