Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode589 … 再開

2013年 01月19日 21:49 (土)

二枚合せ工法のロッドは、プラントFさんからグラファイトフェルールの素材を譲って頂くことになっていて、それまで少し時間がある。

そこで、このところお休みしていた一般工法のロッド製作を再開しようかと。

RIMG9248.jpg
 
実は、2枚合せ工法で作っていた間にも、治具の改良をしたりしていた。


RIMG9255.jpg

自作バインダーの滑車がベースの板にピッタリとくっつく位置だったので、ロッドの位置とズレていたのだ。
荒削り後のバインディングでは問題なく巻けたけど、いつかトラブルになるような気がしていたので、ホームセンターで改良のパーツを見繕ってつけてみた。
板から少し滑車を浮かせると、ロッドの回転する位置とも合ったので、以前よりもスムーズに巻くことができた。


RIMG9259.jpg

そして今回、接着剤を塗ってバインディングしてみた。
荒削り後のバインディングは、熱に強いと言われている麻糸を使ったけど、今回は100円ショップのレース糸(綿)でコストダウン^^;

こうした細かなコツやアイデアまで、ありがたいことに様々なサイトの先輩方が公にしてくれている。
バンブーロッド愛好者の中から、自作を楽しまれる方が多く出てくるのは、こうした情報の公開によるところは大きいと思う。
そして、新たなバンブービルダーの周りの釣り人はバンブーロッドに触れる機会が増えてその魅力を知ることとなり、ますますバンブー愛好者が増えることになるのだろう。


このブランク、ちょっと火入れが強すぎたので竹が脆くなってしまった。
なので、接着はしてみたものの、実際にロッドとして組むことは見送ろうと思っている。

曲がり具合とかを見てみて、テーパーを見直してあらためて作り直す予定だ。
でも、ブランク完成までの一通りの手順を経験できたので、これはこれで良かったと思っている。
所々のコツや順番なんかも気付くこともあったし。

数日間、接着剤の硬化を待って、仮留めして振ってみるのが楽しみだ^^

※やっぱり組んでみて、実際にルアーをつけて引いてみることにしました。




スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

出来てますね。

2013年01月20日 17:46

しげさん
こんばんは^^4Pのブランクですね。
私にはよくわかりませんが、火入れしすぎ?
炭化してなければ使えるとおもいますけど無理ですか?
一般の工法もなかなか難しいですよね、でもキレイにできていますね。
すごいなぁとおもいます。

>ジョニーさん

2013年01月20日 19:07

ジョニーさん、こんばんは。
一般工法は、各スプリットが細いので、焦がさないように注意が必要なことを学びました(^_^;)
接着した感じは大丈夫そうですが、山奥でポッキリでは困ってしまいますので、実戦には怖いですね…

でも、テーパーとか張り、パワーを見るためにも、やはり組んでみることにしました。
越辺川でミノーを引いて、ジャークもしてみます。
解禁からしばらくは、餌釣りとルアーFですので、もう一本いきます!(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。