Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode602 … 刃?が立たない・・・

2013年 02月13日 23:50 (水)

今日は、嫁さんと子供たちが実家へ出かけていたので、帰宅後は二枚合わせの内肉削りを進めていた。


RIMG9560.jpg

火入れも曲り直しも僕にしては上手くいったので、「ここから先は削るだけ・・・^^」と思っていたら大間違い!!!

 

このロッドの目標スペックは、

 ・ 8feet弱
 ・ #4~5
 ・ 2ピース
 ・ トンキンケーン

で、管理釣場の40upの虹鱒が掛っても大丈夫なつもりで組んでいる。
テーパーも渓流で使うロッドよりも先調子になるように、あるロッドのテーパーを参考にしてみた。
その結果、これまで削ったことがないような太い幅で竹を割り、内肉を削ってブランクにしていく必要があった。

竹の幅は約9mmで、二枚合わせ用のプレーニングフォームの溝幅10mmにギリギリ収まるサイズだ。
これには、竹の節はもちろん、節間もちゃんと曲り直しをしないと溝に収まらない・・・

そこで、曲り直しと火入れをきっちりとやったつもりだ。
すると・・・トンキンケーンがガチガチに硬くなってしまい、カンナの刃が立たなくなってしまったのだ^^;
幅がもっと小さければ、多少の硬さがあっても削れるだろうけど、さすがに10mm近い幅は厳しかった。

最後は、できるだけカンナの刃を丁寧に砥いで削り、どうにか所定のテーパーまで削ることができた。
そして、先ほどバット側のピースの接着を済ませた。

二枚合わせ工法は、「竹の幅>ブランクの対面幅」なので、これからはこんなところも覚悟して作ってかないと・・・^^;
明日はティップ側の接着をして、接着剤が完全に硬化するまでの養生期間に一般工法のロッドを作る予定だ。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^_^)/

2013年02月14日 23:11

やっと、今日で急ぎの仕事が終わりました・・

久振りの面倒な仕事で結構楽しめました(笑)
難しい仕事ほど燃えるタイプなんで・・

この竿もしかして・・・アダムスのかな?

むふふ・・・(*^_^*)

>アダムスさん

2013年02月15日 06:46

アダムスさん、おはようございます。
お仕事、お疲れ様でした。
これで週末の釣りも予定どおりですね!楽しみにしています(^^)

このロッド、アダムスさんに使っていただけると嬉しいです(^^)
LE-ADsp=参考テーパー・アダムス スペシャルです!
アダムスさんの好みより、若干バットが入りすぎるかもしれませんが、その時は二本目に期待してくださいm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。