Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode607 … 剛竿???

2013年 02月21日 07:24 (木)

製作中の管理釣場対応ロッドの整形が、ほぼ完了した。

R0015079.jpg

今回のロッドは、
・バットにパワーのあるアクション
・40upの虹鱒の引きにも耐える

・・・というコンセプトで作ってみたつもり。

でも、50upとかそれ以上の虹鱒やドナルドソン、ヤシオマスなんかも対象になるみたい・・・^^;
そこで、テーパー出しの段階で、予定よりも少しテーパーを変えてみた。

 
 
R0015082.jpg

すると、バットセクションの対面幅がけっこうな厚みになった。
数字的にはわかっていたけど、実物を目の当たりにすると・・・太い!^^;

さらに、四角断面なので普通の六角断面よりも強くなるはず。
4番、5番とかいう強さじゃないような・・・


R0015097.jpg

グリップやガイドをつけてみて、あまりにも硬すぎたら相談してみよう^^;
鯉釣り用にも大丈夫なほどになったりして。


R0015085.jpg

話は変わって、先日、ハワイアンコアの端材が150円ほどで売られていた。
重さも硬さもある・・・ちょっと厚すぎるかもしれないけど、この材で「矯め木」を作ろうと思った。

最近、矯め木の使用頻度が高くなってきたのと、どんな形状が僕にとっては使いやすいのかわかり始めてきたような気がしている。

それに、ちゃんと作ってオイル塗装でもしたら杢も出て、カッコいいだろうなと^^



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年02月23日 08:36

おはようございます。
コイ釣用バンブーロッドなんてカッコいいじゃないですか。

矯め木、家のじいちゃんがアユ釣りの竿を作っているときに使っていたのを思い出しました。釣りキチ三平の一平じいさんの様なじいちゃんでした。

>自転車通勤人さん

2013年02月23日 08:57

自転車通勤人さん、おはようございます。
多分、鯉もOKです^^;
少し前に矯め木を和竿のサイトを参考に改良してみたら、かなり具合が良かったんです。
和竿の矯め木がなんであんな形の溝なのか、少しわかってきました^^
竹フェルールもそうですが、和竿の知恵は素晴らしいですね!
鮎竿を作られていたんですか!!!
それは凄いですね^^
あの長さを竹で作るんですから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。