Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode609 … 中空&竹フェルール・バンブーロッド

2013年 02月24日 22:39 (日)

バンブーロッドビルダーのtakiさんからお借りしている3本のロッド、先週は時間がなくて家の前で振っただけだったけど、今日こそは水辺で振ってみようかと^^


RIMG9746.jpg

午前中に1時間ちょっとの時間ができたので、さっそく近所の川へ!
ラインにリーダーとティペットを結び、いつも渓流で使うCDCソラックスダン#12をつけて投げてみた。


 
 
 
RIMG9755.jpg

まずは、7’4”の#4、真竹のロッドにラインを通してみた。


RIMG9749.jpg

このロッドは、スリップオーバーの竹フェルールを採用している。
takiさんのロッドは、竹フェルールのスウェルがすっきりとしていて、とてもスマートなデザインだ。


RIMG9751.jpg

takiさん曰く、「#4で作っているけど、#3が良い」とのことなので、この日も#3を乗せてみた。

水辺で振ってみた感想は、一言でいえば「とってもスイートスポットが広く、扱いやすいロッド」。
キャストをミスっても修正が効くし、ループの幅やティペットの落とし加減も自在にコントロールしやすい^^



RIMG9762.jpg

二本目のロッドは、7’0”の#3、やはり真竹ロッド。
写真で見ると、まるで1ピースロッドのよう・・・実は、竹のスピゴットフェルール(印籠継ぎ)なのだ。


RIMG9759.jpg

竹のスピゴットフェルールを見るのは初めてだった。
同じ竹フェルールでも、スリップオーバーとは印象が違う。

擦り合わせは、“ニュルっと”入った後に数ミリの隙間を空けてピッタリと収まる。
先ほどのスリップオーバーモデルもそうだったけど、一体どうやったらこんな風に作れるんだろうか???


フライをキャストしてみると、スリップオーバーよりもシャープな印象を受けた。
早いテンポで釣り上がっていくには、こんな軽快なロッドが快適だろうな・・・^^


RIMG9763.jpg

そして3本目は、6’3”のショートロッド。
こちらも竹のスピゴットフェルールで作られている。

長さもグリップ周りもコンパクト。
このロッドで、藪沢の無垢な岩魚たちを釣ったら面白いだろうな・・・^^


実は、今回お借りしている3本とも完全中空構造で作られていて、手に取ってみると驚くほど軽い!!!
また、ロッドのレスポンスとかシャープな抜けの良さは、グラファイトロッドとも違っていてなんと表現していいものやら・・・僕には上手く伝えられないけど、とっても“快適”なのだ^^;

ソリッドにはソリッドの、中空には中空の良さがあるんだろうと思うけど、この感覚は驚き・・・
ますますバンブーロッドが好きになってしまった^^


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年02月25日 08:33

おはようございます^^
とっても良さげなバンブーロッド・・・と思っていたら、あのTaki Rodでしたか!竹フェルールがいいですね^^。私も一度振ってみたいです。

>farwaterさん

2013年02月25日 18:35

farwaterさん、こんばんは。
正直言って、一振りでヤラレますよ!^^;
ロッドのテーパーやフェルール、中空構造、塗装などのトータルなバランスが素晴らしいのです。
まさに、感動させられたロッドです!

2013年02月25日 21:59

こんばんは。

ワタシも・・一振りでヤラレましたけど(笑)。
ますますイケナイ世界にのめりこむんじゃないですか~(笑)!

>oko-rocksさん

2013年02月25日 22:26

oko-rocksさん、こんばんは。
バランスいいですよね~^^
中空って初めて振りましたが、これもいいですね。
竹竿の世界は底なしですね^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。