Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode621 … Tiny Cane

2013年 03月20日 23:25 (水)

今日は、お彼岸で嫁さんの実家へ。
そう言えば、正月に採った竹の様子も見てこよう・・・


RIMG9985.jpg

納屋で陰干しにしていた竹は、だいぶ青味も抜け始めていた。
そこで、油抜きをしてみた。

 
 
RIMG9993.jpg

実家の田んぼのわきにある篠林には、太く、真っ直ぐな丸節竹が生えている。
新子でもないのに、枝がほとんどなく、節間も根元に近い位置から40cm以上もあるのだ。

近くにはたくさんの篠林があるけど、この太く、真っ直ぐな丸節竹はここだけに生えている。


RIMG9984.jpg

油抜きをした後で、あらためて断面もチェックしてみた。

肉厚も十分!
バンブーロッドの材料として、余裕でスプリットが削りだせる。

また、断面の感じが、同じ国産竹でも男竹の真竹とはちょっと違うようだ。
そう、トンキンケーンにそっくりな気がする。

パワーファイバーの断面形状さえもよく似ていて、“小さなトンキンケーン”といったところかな・・・


RIMG9999.jpg

今年の冬に採った竹は、だいたい直径が2cmほど。
もっと太いものもたくさん生えていたので、来冬は25mm位の竹を選んで採ってみよう。


RIMG9994.jpg

この日、実家で使う“杖”にする布袋竹も油抜きしたけど、竹によって油の量がぜんぜん違った。

布袋竹は油がたくさん出るけど、丸節竹はほとんど出ない。
表面の汚れが浮いて、ふき取れるほどしか変化がないのだ。
この点も、トンキンケーンに似ている。

今回の油抜きであまり火を入れてしまうと、曲り直しで苦労しそうなのでほどほどにしておいた。


ロッドの素材として適・不適を選別したところ、40数センチ以上の節間が約20本、2pc用の長さに6本をキープできた。

オバケ(矢竹の極太変種)から、良いバンブーフライロッドができると聞いたことがあるので、この丸節竹でも作ってみようと思う。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年03月21日 11:10

素晴らしい。
おもしろいと思います。
自分もいろいろやってみようと思うのですが、なかなか手がでません。
やっぱり、これっていうような竿が出来てないせいだろうけど。
期待してます(笑)

>takiさん

2013年03月21日 18:41

takiさん、こんばんは。
実際に断面を見て、割ってみて、思ったよりも、いけそうな気がしてきました。
もう少し青味が抜けてきたら、試しに一本作ってみます(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。