Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode626 … 完成までもう少し

2013年 03月25日 23:24 (月)

ラッピングスタンドを自作したので、昨夜は早速巻き巻き・・・
思ったほど、ラッピングに進歩がない???
やっぱり、元々下手なのが劇的に上手くなるわけないよね・・・^^;


RIMG10105.jpg

しかも、先に巻き始めた管理釣場用ロッドは、なんとバット側フェルールにラッピングをしていたら途中で絹糸がなくなった・・・
いけると思ったのに・・・(涙)

オリーブは僕も好きなカラーなので、やっぱり消費が速かったようだ。
同じメーカーの同じ色番があればいいけど、他社だったら微妙に色も違うのかな???
もしも一本のロッドの途中で、色合いが変わったらヘンだよね・・・^^;

そんなわけで、こちらのロッドは一旦休止。
お店に行ってから巻くことにしよう。

 
 
RIMG10110.jpg

もう今日は止めよう・・・と思ったけど、懲りずに沢用を巻くことにした。
(それにしても、こうして写真で見ると、ほんっとにラッピングが下手だよね・・・^^;)


実は今回、シングルフットガイドは止めてみた。
理由は、ラインがイマイチ滑りにくいこと。

四角断面はベタっとラインが貼りつくからか?
それともラインの滑る方向に対して、ガイドのワイヤーが直交しているため抵抗になるのか??
わからないけど、ここ最近のロッドはやや滑りが悪いように感じたのだ。


そこで、試しにスネークガイドで組んでみて、比較してみようかと。
ちなみにスネークガイドは、虫ピンを曲げて作ってます^^;

軽い!
安い!!
曲がる!!!

という理由から。

そして、トップガイドは今回も変わらず「パイプなしの虫ピンガイド」。
『パイプなしはとても軽量なので、低番手ロッドにはいい』と、ものの本に書いてあった。


肝心のアクションだけど、ラインを通して振ってみたところ、#3程ながら四角ロッド特有?のパリッとした張りが感じられる。
ややファスト気味なストレートテーパーにしたから余計に感じるのかも・・・
いわゆる、プログレッシブなアクションで、山女魚にはいいかも。

この手のテーパーはディメンションやライズを変えたりして3本ほど作ってみたけど、渓流で釣るには僕の好みじゃないことがハッキリとわかった。
次からは、まったく別のテーパーで作ってみようと思う。


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年03月26日 09:48

ラッピングは面倒ですよね。ラッピングをしたあとにならすようなヘラみたいのがあると重宝すると思います。
あと、ラインのくっつきですがオイル系の塗りの場合は出やすいかもしれません。
オイル系はキレイなんですが撥水力が、ウレタンなどに比べ弱い気がしますのでくっつき易かった覚えがあります。
でも、キレイなんですよね。

>takiさん

2013年03月27日 00:32

takiさん、こんばんは。
ラッピングは、カーボンロッドの頃は表面が滑るのでいくらかマシだったのですが、竹は滑らないので隙間が空いてしまいます。
ヘラでならすのですね。
ブランクへのくっつきは、確かに時間が経過して、撥水が悪くなってから起こります。
まだまだ課題はありますね^^;

こんばんは

2013年03月27日 18:01

こんばんは(^ ^)
多分四角成形のブランクのせいだと思いますよ(^ ^)
エッジがキツイと糸が動かなくなります。エッジを丸めると幾分楽になると思います。

>ジョニーさん

2013年03月27日 21:08

ジョニーさん、こんばんは。
やっぱり、角を丸めるしかないのですかね…^^;
少し丸めているのですが、あまりやると四角らしさがなくなってしまって…
悩みますね(^_^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。