Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode635 … #006 LEO7065-3

2013年 04月17日 00:00 (水)

昨冬からずっと手がけていた「管理釣場用の二枚合わせ工法バンブーロッド」がついに完成^^


RIMG10296.jpg

厳密に言えば、次の休みにでもロッドソックスを作るので、本当の完成にはもう少しなんだけどね・・・^^;


 
 
まずは、いつもながらロッドのスペックを確認。

 ・長さ    7’6”
 ・番手    #5~6
 ・重量    97g
 ・継ぎ    3ピース(グラファイトフェルール)
 ・トップ径  1.7mm
 ・バット径  7.3mm
 ・材質    トンキンケーン
 ・構造    2枚合わせ工法、四角ブランク
 ・塗装    リボス社・メルドスハードオイル
 ・グリップ  ギャリソンタイプ
 ・シート   自作アルミ金具、瘤材フィラー(オイル塗装)
 ・ガイド   ノーマルワイヤー、市販品


実は今回のロッド、公表されている銘竿のテーパーデータを片っ端から変換ソフトに入力して、そのベンディングカーブを見ながら、イメージに合った弧を描くデータを参考に作ってみた。

でも、二枚合わせと一般工法では、公表データをそのままコピーしても同じような結果は得られないと思うし、僕の作るロッドは四角断面だし・・・
さらには、僕は元々のオリジナルロッドを見たことも触ったこともないので、作ったロッドが上手くいったのかを確認することもできない。


そこで、まずはオリジナルテーパーとほぼ同じに作り、様子を見ることにした。
すると、なんとなくいい感じだった^^;

問題は、パワーがちょっと強すぎることで、もう少し柔らかくでも良かったかな〜と。
また、ティップ側ブランクの接着部分に、数センチのミスを見つけたので、このままじゃ不安もあった。

そんなことがあって、テーパーをわずかに変え、ついでにプレーニングフォームとの相性から3ピースにしてみた


RIMG10299.jpg

一回目のコーティングも硬化し、完成間近のときに家の前でWF5Fを乗せて試し振りをしてみた。
すると、キャストの下手な僕でもほとんどフルラインが出てしまった。
バンブーロッドって投げやすい!!!
グラファイトロッドと違って、リズムがゆったりしているのでホールのタイミングも取りやすいのかも。


一方で、ソリッドのバンブーロッドということもあって、長さ、番手からそれなりの重量がある。
こればかりは、グラファイトロッドのように軽快には振り回せない。

あとは、僕の製作技術の未熟さから、仕上げ、特にラッピングが・・・^^;
ブランクはもちろんだけど、使う人がワクワクするようなロッドが、いつの日にかできるようになりたいなと思う。
質素ながらも機能美の感じられるロッドが理想かな。


今回のロッド製作で一番学んだことは、「先人の偉大なる成果・資産を、使わない手はない・・・」ということ。
多くの優れたロッドのテーパーデータはなんらかの形で公表されていて、それを学ぶことも重要だと思った。

「こんなテーパーで作ると、こんなアクションになるんだ・・・」など、僕はまだまだ基礎的なことを理解していない。
基礎のない上に積み上げることはできないし・・・
変換ソフトも目いっぱい活用して、いろいろと学ばなければ!!!


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。

2013年04月17日 00:11

私もまったくテーパー解ってません。
私もテーパーソフト買わなくては・・・・
ちなみに私のロッドもついに完成!しました。
まだ、ラインを通してませんが
ぴこんぴこん・・・・
いったい今シーズンで、何本完成したんですか?・・・

>yamameさん

2013年04月17日 07:18

yamameさん、おはようございます。
結局、このロッドは二本分を作ったことになります^^;
これまで、低番手しか作ったことがなかったのですが、中番手は射程距離もパワーも必要だし、それに伴ってブランクも太く初めてづくしでした。
今回、レナード38シリーズを変換して使っているのですが、オリジナルデータのまま一般工法で作ってみたいですね!
あとは、中空ブランクの軽さは、7’半位から際立ったメリットになりますね。
テーパーは、「トップ径=番手に比例」と思っていたのですが、そんな単純なものではなさそうですね^^;

結局、この冬に完成したロッドは5本になりますが、この他にブランクまで作ってボツになったのも5本(以上?)はあります(^_^;)

yamameさんも、完成おめでとうございます。
今度は一緒に山で振りたいですね^^

2013年04月17日 07:38

おはようございます。

テーパー、仕上げ、デザイン
どれをとってもきりがないんですよね〜
本当に知らなければ良かった世界です(笑)

2013年04月17日 12:34

しげさん
ついに完成ですね。これは例の。。。ですか?
フルラインがでるなんて素晴らしいですね。私も作ってみたいです。
テーパーですが私もよくわかりません(笑)曲げてみてこんなかなぁーなんて。
竿つくりは作って終わりではないので楽しいですね。

良い感じですね~(^^♪

2013年04月17日 13:02

もしや・・・此れがですか?

フルラインが出るなんて凄いパワーです(*^_^*)

自分は、バンブーは使った事が無いので、振り方から練習しなくては(笑)
どうしても、早振りになってしまうので・・・(笑)

どうやら、花粉も下火になってきたので、釣りに出かけようかと・・

2013年04月17日 14:23

こんにちは。

先人の偉大なる成果・資産・・ワタシもまったく同感です・・とか言いながら自分はロッドビルドを挫折中ですけど・・(苦笑)。
テーパーデザインの奥深い世界はヤバいっす。色々な名作テーパーを体感したくなっちゃいますよね(笑)。

>takiさん

2013年04月17日 18:05

takiさん、こんばんは。
ほんと、奥が深過ぎます。
もっと若いうちから始めれば良かったと思うこの頃です。
それに、フライを巻く時間がなくなり、ボックスはスカスカです(^_^;)

>ジョニーさん

2013年04月17日 18:11

ジョニーさん、こんばんは。
はい…例のです(^^)
これまで低番手しか作ったことがなかったので、中番手を作ってみたことはとても勉強になりました。
バンブーのポテンシャルは、番手が上がってもグラファイトに負けてないですね(^^)

>アダムスさん

2013年04月17日 18:17

アダムスさん、こんばんは。
はい…これです!(^^)
コスメがどうも…です(^_^;)

アダムスさんなら、バンブーのリズムにすぐ慣れてしまうと思います。
グラファイトはパーンと弾ける感じだとしたら、バンブーはグイっとラインが伸びていきます。
朝霞Gでご一緒できたらいいですね!(^^)

>oko-rocksさん

2013年04月17日 18:23

oko-rocksさん、こんばんは。
oko-rocksさんも、偉大なる資産の一つ「ギャリソン201」という銘竿をしっかりと引継ぎ、楽しまれてますよね(^^)
このロッドのテーパーも、作ってみようと思ってます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。