Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode647 … フィードバック!

2013年 05月06日 23:23 (月)

急遽、ドック入り・・・

RIMG10570.jpg


ここ二回ほどの渓流釣行で使用して、既に20匹近い岩魚をキャッチさせてくれた6’7”の#3ロッド。
バットまで曲がりロッド全体を機能させるようなアクションと、しなやかさや釣り味を損なわない程度のパワーを持たせていて、自分でも気に入っていた。

ところが・・・思わぬ盲点が^^;


 
 
RIMG10566.jpg

連休の後半戦に、久しぶりにjetpapaさんと小畔川でお会いすることができた^^
その時に、「韋駄天(ファーストモデル)」をお渡しつつ、当日は写真の渓流用67モデルを使っていただけることになった。

実はこのロッド、フェルールがやや甘い(緩い)という問題がある。
そこで、少し前に補修していたけど、今回も使っているうちに緩みが出てきてしまった。

すると、フェルールのところで曲げモーメントが局所的に大きくなるのか、バットピースの接着面がバックリと剥離してしまった!
せっかくjetpapaさんに使っていただき、夕マズメのこれからという時に申し訳ないというか、情けないというか・・・


RIMG10568.jpg

今回の件は、
「ブランクをしっかりと作ったつもりでも、他のパーツとのトータルバランスが取れていないと、思わぬところに弱点を作ってしまう・・・」
という良い勉強になった。

面白いのは、グリップエンドからジャスト30cmのところに巻いた「尺ラップ(赤いトリム)」の部分が、剥離を止める役割を果たしていたことだ。
たった3巻きのスレッドが、2m近いロッドの振幅によるパワーに持ちこたえてくれるとは・・・^^;

壊れたものは、また作ればいい・・・こうした実戦の中の積み重ねが大切だと思う。
これがないと、大自然のもとで酷使するロッドは作れない。

ブランクは、家に帰って接着し直したけど、次回から作る二枚合せは、接着面の仕上げにも一手間加えようとも思う。

【後日談】
接着が硬化してみたものの、どうもしっかりと着いたような気がしない・・・
山奥で剥離しても困るので、バットピースだけ作り直すことに決定^^;


RIMG10744.jpg

一方、二枚合せ工法はひとまずお休みして、この連休から一般工法を手掛けている。
5月3日の朝霞ガーデン釣行で、「俺も短めの竹竿が欲しい!」というヒロのリクエスト(生意気な!^^;)に応えて、ポール.ヤングの「Midge」にトライしている。

Midgeならショートなので小学生にもいいだろうし、#4もちょうどいい。
しかもパラボリックと聞いているので、釣り上げるにも楽しそうだ^^

さらには、名竿と名高いアクションとはどんなものか???
とっても興味があるのだ^^


RIMG10761.jpg

上の写真は火入れの前だけど、昨日は火入れまで、今日はバット側の「仕上げ削り」まで済んだ。
あと数日で、ブランクは完成すると思う。
でも、今週は渓流へ行く予定もあるので、ブランクの完成は来週かも・・・

テーパーを同じにしたところで、僕のウデでは同じロッドには作れないけど、何か一つでもつかめることがあればいいなと・・・^^



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年05月07日 19:25

ミッジのテーパーはピンピンですよ〜
本物のヤングのミッジなんて見た事も振ったこともないですが・・・
短いくせに近距離は×なのです。

2013年05月07日 21:54

こんばんわ

 土曜日はお疲れ様でした。
 本来ならば起こらないものを僕のへたくそなキャストで剥離が派生したのかもしれません。
 韋駄天を使って使って、良いところ、直すところの意見をもらいますからね。
 細部は都度メールします。

>takiさん

2013年05月07日 22:49

takiさん、こんばんは。
そうなんですか・・・近距離は×ですか・・・^^;
ヒロに使えるかな???
試に作ってみますね!

2013年05月07日 22:53

jetpapaさん、こんばんは。
メールありがとうございました。
今回の剥離は、フェルールの甘さが原因です。
自分では甘さを誤魔化しながら使っていて、その影響がどう出るのか見えていなかったんです。
jetpapaさんが、あの韋駄天から長短のクセを引き出してくださる頃には、次の一本が出来てくると思います。
励みになりますね!^^
宜しくお願いしますm(_ _)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。