Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode648 … わけあって、ブログ改装中・・・

2013年 05月07日 23:40 (火)

突然の事だけど・・・わけあって、ブログを改装中。


RIMG5780g.jpg

ここ二、三年で、壊滅的な“根こそぎ”をいくつも見聞きした。
そして、今年もいよいよ本格的なシーズンインを前にして、悲しく、怒りのこみ上げてくる情報が入った。

僕も含めて何人かの仲間も通う、とある渓で、相当な規模の“根こそぎ”があったのだ・・・
現地には、物理的な痕跡が残されていたので、間違いはないだろう。


話せば長いので省略するけど、僕ごときの初心者ブログやホームページも、「根こそぎ族」の情報源の一つなのかもしれないと思い始めている。
昨日のブログアクセスは、400を超えていた。
多くの方が見てくださることはとても嬉しく、ありがたいことだけど、中には心ない輩もいるかもしれない。
事実、訪問履歴を辿ると、タチの悪い乱獲サイトもあった・・・


けれど、もっと恐ろしいのは、いわゆる「釣り人ではない根こそぎ」なのだ。
何が言いたいかというと、電気、毒流し、追込み漁、刺し網、何でもアリだそうだ。
実際に行われたという話を何度か聞いたし、網をしかけている写真も目にしたことがある。

彼らにとっては、いかに効率的に魚を捕獲して、素早くクール宅急便でお得意様へ送るかが優先される。
渡れない淵があれば、丸太を切り倒して橋を架けて運搬ルートを確保している話も聞いた。
これも、根こそぎにあった釣り場で実際に橋を見た方から聞いた話だ。


P1000775g.jpg

おそらく、彼らは一つのサイトだけではなく、複数のサイトを徘徊して情報を重ね合わせることにより「今、釣れている“旬な渓”の確認」、「新たな漁場の発見」をしているんだと思う。

僕でさえネットサーフィンをしていて、何気無い文章や写真、同行者のサイトを読んでいて場所がわかってしまうこともある。
言わんや、渓流をよく知る方には釣り場の特定なんてわけないことだろう。
そもそもの選択肢が限られるのだから。


特に、「滝」、「大岩」、「大樹」、「印象に残る景色」、「植生」、「地質(岩の色や質)」、「駐車場所」などの写真は大きなヒントになってしまう。
また、「入渓ルート(林道や杣道、移動時間)」などの記述もチェックの対象となっているに違いない。


まして、僕らリリース派のサイトは格好の餌食と聞いたこともある。
そこへ行けば、魚を残しているのだから・・・


一方で、『魚は獲り尽くせるもんじゃない』と言うご意見もあるだろう。
この点は、人それぞれの判断があるので否定しない。

また、『そこまで気にするなら、ブログやホームページなんて止めれば?』とも言われるかもしれない。
でも、40歳を過ぎたオヤジの僕が、職業や年齢、住んでいる地域を越えて、同じ渓流釣りを楽しむ仲間と出会えたのは、ネットという世界があったからにほかならない。

もしも僕がブログやホームページを始めなかったら、きっと今も一人寂しく?渓流釣りをしていただろう・・・
だから、全部をゼロリセットするのは残念でならないのだ。


RIMG6022g.jpg

そこで、いろいろと考えた末に、釣行記を非公開とすることにした。
僕自身の思い出として、自己満足としてウェブ上に残すけど、今のようなカタチでは公開しないことにした。
渓流の素晴らしい景色をご紹介できないのは残念だけど。


『つまらないブログが、ますますつまらなくなるゾ!』と思う方もいるだろうし、アクセスやコメントも激減するかもしれないけど、このままでは大好きな渓流釣りができる場所がなくなってしまうので・・・


良い釣り場を開拓(釣り人) → 釣行記で紹介(河川名は書かない)(釣り人) → それらを収集して漁を(根こそぎ釣り人・漁師) → 再び新たな開拓(釣り人)・・・
こんなくだらないイタチごっこはもう懲り懲りだ。

いつの日か、当たり前に河川名を情報交換できる世の中がくることを願う。
その時まで・・・


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年05月08日 00:52

まったく同じ事をワタシも悩んでいます。
自分が感動したフィールドについて何気なく書いたりしてるのに、そこからどんどん悪質な者たちが侵入してくる・・渓が荒廃する。
ワタシも近年気をつけているつもりで、風景写真にエフェクトをかけたり、事実とはちがう地理・情景描写をしたりして・・
・・でもそれもなんだか不本意なことでありますが、まずはあれこれ試行錯誤しています。

>oko-rocksさん

2013年05月08日 07:47

oko-rocksさん、おはようございます。

同じような経験のある皆さんは、同じ悩み、ジレンマがありますよね。
ブログを続けるか、釣り場をこれ以上荒廃させないかについての、僕なりの方法としてパスワードをかけました。
しばらく試してみようと思います。

こんなことしなくてもよい世の中になって欲しいものです…(泣)

残念です

2013年05月08日 14:20

シゲさん
その渓の事、うかがいました。
また一つ岩魚と遊んでもらえる場所がなくなったのですね。
大変残念です。
矢野

ご無沙汰してます

2013年05月08日 18:10

シゲさんの言うとおり、何気ないヒントを頼り
奴らは 場所を特定する。。。。

なので僕も河川名 風景などは極力 画像に写さない様に努力します。

バッテリーの放置されて魚 根絶の支流を沢山見てきたので。

>Ryansさん

2013年05月08日 19:20

Ryansさん、ご無沙汰してます。
ここ数年で、1シーズンに2回は、こんな話が出ます…
このままいけば、10年で20箇所です。
いくつかのサイトを重ねてるのか、単独でわかるのかは不明ですが、僕ができることはしようと思います。
残念ですが…

>山紫水明さん

2013年05月08日 19:22

山紫水明さん、ご無沙汰してます。
山紫水明さんの写真は、いつもお手本にさせていただいてます(^^)
バッテリーで、いくつもの沢が壊滅ですか…
僕も、プールでたくさんの稚魚が死んでいるのに遭遇したことがあります。
きっと、電気を流した後に、そこそこサイズ以上をすくっていったのでしょうね。
やり切れない思いです。

残念の一言です

2013年05月08日 20:23

ビックリです
この庭を拝見し、こんな釣りをしている人と御一緒出来れば最高と思い連絡をしまして、現在は、釣り友達です ??不安ですが??
オイラは、餌釣りだけのドンくさい釣りですが、しげちゃんのマニヤックな道具や釣法を拝見してるだけでも楽しいのです。そんな、庭が、残念です
しかしながら、このご縁を大切に今後も宜しくお願いします。

>ミサさん

2013年05月08日 21:21

ミサさん、こんばんは。
僕も残念です・・・「渓流って、こんなに素晴らしい世界なんだよ!」って、8年前の僕と同じような釣り人に伝えられなくなってしまいました。

でも、嘘を書くのは嫌ですし、僕の写真では魚だけの写真であの世界は伝えられません。
いろいろなジレンマに悩んだあげくの折衷案です。

釣行記の記事だけは非公開ですが、他の記事はこれまで通りです^^
これからも、宜しくお願いしますm(_ _)m

ちなみにミサさんの餌釣りの凄さは、同行した皆さんが知るところですよ^^
僕のはエセうんちくですから^^;

悲しいですね・・・

2013年05月08日 21:31

楽しみにしてたのに・・・
ホントたっぷり写真を撮って、ブログに載せて
・・・・ってあぶないんですね
私も、極力気お付けているんですが・・・・
ヒントになっちゃうんですね・・・

こんばんは(^^♪

2013年05月08日 21:33

あちゃ~~

今でもあるんですね~~
これは、昔から有るんですよ。

今はネットが有るから、余計に場所が分かってしまう?
違います、連中は凄い渓流通で自分達の方が知らない渓流をわんさかしってます(笑)
魚だけではなく、オオルリを取りながら次いでに魚も取る・・・なぜなら自分の古い知り合いがそれだったからです(爆)
今は歳で引退してますが、仲間は今でも多分やってるでしょう。
山越えのルートや・・兎に角凄い詳しいのですよ。
確かに、ブログの画像も見てるでしょけど、彼らの仲間間の情報のほうが凄いのです(笑)

しげさん、余計な心配しなでブログは書いて下さい・・・
本当に、奴らプロの情報網は自分達には太刀打ち出来ないです(笑)

2013年05月08日 23:02

こんにちは

ネットはこんな使い方されてしまうのですね、私も気をつけなくちゃなりませんね。

でも、アダムスさんがおっしゃる通り彼らの情報量は素人の釣り人の比ではないと思います。
もう、ずいぶんと前にあの世に行ってしまいましたが、ウチのじいさん、釣りもすれば鉄砲もする人でした。山から恵みを分けてもらう生活をしていました。それこそ森にはめちゃくちゃ詳しかったようです。町は嫌いでした。


森から糧を分けてもらうのは、遊びで釣りをしているよりまっとうなことのような気もします。でもそれは日々の生活に必要な量。
森に畏敬の念を持って糧を分けてもらわなくてはならないと思いますね。

感謝して遊ばせてもらってます。

>yamameさん

2013年05月08日 23:45

yamameさん、こんばんは。
写真は少なからずわかると思います。
現に、そうして場所を探したりしている人は多いですから・・・
問題は、その方がどんな人なのか見えないのがネットの怖さだなと感じ始めたのです。
自分なりに確信が持てないうちは、変えてみようと思います。

>アダムスさん

2013年05月08日 23:50

アダムスさん、こんばんは。
渓流を初めて以来、お気に入りが潰されたのは5箇所目位になります。
根こそぎの程度は違いますが、苦労して開拓したのがおじゃんです!
おっしゃるようなプロ集団ではなくとも、何かしらのヒントを与えることが嫌になってしまいました・・・

少し様子を見てみようと思いますので、また良きアドバイスをくださいm(_ _)m

>自転車通勤人さん

2013年05月08日 23:54

自転車通勤人さん、こんばんは。
僕には、根こそぎの程度の差はわかっていないのですが、最近は普通に写真を載せることも躊躇していました・・・
かなり気をつかい、本当は載せたい写真も載せていません。
ならばいっその事、非公開にしてしまう方が気が楽だと思ったのです。
試行期間ですね^^;

了解しました。

2013年05月09日 00:13

しげさんこんばんは。
人一倍気を使うしげさんですからそのあたりは了解しました。
私も気をつけたいとおもいます。

>ジョニーさん

2013年05月09日 00:16

ジョニーさん、こんばんは。
次の釣行を楽しみにしながら開拓しては、どこかで根こそぎにあって壊滅・・・
もう懲り懲りです。

アダムスさんもおっしゃるようにプロ集団には関係ないかもしれませんが、少し変えてみることにしました。

2013年05月09日 00:33

渓相と釣果は基本的に写真を載せないようにしていますが、
それだと薄っぺらい記事になってしまうんですよね。
僕のブログのように…(-。-;
公開に気を遣い過ぎるくらいなら、思い切って観覧制限するのも一つの手かと思います。

>プラントFさん

2013年05月09日 00:57

プラントFさん、こんばんは。
悪い方に考えると際限なくなってしまうんです・・・
ならば、気兼ねなく記録する方法にしようかと^^;
デジカメ持っていくので、あの素晴らしい景色も含めて日記に残したいですよね。

こんばんは。

2013年05月09日 22:55

山奥まで行って根こそぎなんて、労力の割りにメリットが無いような気がしますが、イワナって高値で売れるんですね。

私も知名やわかりやすい画像は入れないようにしていたんですが、注意した方が良いですね。

>ミチさん

2013年05月10日 21:37

ミチさん、こんばんは。
クール宅急便で、あちこちの旅館や料亭などのお得意様に送るんだそうです。
根こそぎにている人に直接聞いた人の話ですが・・・

ミチさんのHPやブログは、かなり細やかに気を使っていらっしゃいますよね^^

2013年05月11日 08:04

しげさん、おはようございます。
根こそぎ族にとっては自然豊かな渓流は単なる漁場であり、その時だけ良ければ後のことは知らない・・・という輩なのでしょう。美しい景色も自然も目に入らず、平気でゴミを捨てて行く輩だと思います。そういう輩は山菜も根こそぎかもしれません。
ブログって、読み手の側は無制限ですから、しげさんのブログもそういう輩の目にとまっている可能性は大いにありますよね。
マタギは入山する前に山の神に感謝し、常に今後のことも考え、”いかに永らく山から糧をおすそ分けしてもらうか”、を実行していると聞きます。マタギも商売の一つとは言え、常にバランスを考えて行動しているんだと思います。
根こそぎ族の行く末は、自分達の漁場を失うこと、なのに・・・ そんな先のことまで考えて乱獲しているマトモな輩も居ないのでしょう、きっと。
今後もしげさんの釣行記、楽しく拝読させて頂きます。仮に訪問者が減ろうとも、楽しい経験と豊かな自然の光景を共有できることは素晴らしいことだと思います! また、パスワード制限かけたとしても、こういう気持ちを共有できる仲間もきっと増えていくことでしょう!

良識ある方々の貴重なご意見が出ましたネ。

2013年05月11日 08:16

釣りする人の正しい基準となる考え方に私も同感です。
恐らく根こそぎをやる輩の根絶は無理でしょうけど
少なくとも私達は素晴らしい渓を次世代の釣り人に
託す為に守ると言う考えを貫いて行きましょう。

>Green Cherokeeさん

2013年05月11日 20:06

Green Cherokeeさん、こんばんは。
思うのですが、根こそぎ族には未来のことなんて全く頭にないのかもしれませんね。
特にプロには、岩魚・山女魚はお金にしか見えないのでしょうね・・・

マタギの様々な風習は、過去に本で読んだことがありました。
山の恵みを授かり、神聖なものとして神への感謝の心を忘れないと聞きました。

僕らも同様に、その気持ちを持ちたいと思います。
現代は、かつて多くのマタギが山の恵みを授かっていた時代に比べて山や川が荒廃し、その恵み自体が少なくなってきているように思います。
この時代だからこそ、あらたなルールが必要だと思いますが、一方では難しい時代だとも思います。

上手く言えませんが、Green Cherokeeさんと同じ気持ちです。

2013年05月11日 20:12

クラさん、こんばんは。

反響の多さに驚いてます。
皆さんも同じような経験をお持ちで、いろいろと感じていらっしゃることがわかりました。
個人ではどうにもならないことや規模のものもありますが、自分たちにできることや発信していけることはけして無駄にはならないとも思いました。

今回に限らず、これからも自分のHPやブログのあり方を変えていくこともあるかと思いますが、宜しくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。