Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode667 … お金をかけるところ・・・

2013年 06月02日 02:08 (日)

大げさなタイトルだけど・・・^^;
またも、ポチっといきました。


RIMG11306.jpg

先日まで履いていたのは、10年ほど使ったのでそろそろ買い換えようかと。
これまでも、かなりの恩恵を受けた一品なのだ。


 
 
RIMG11310.jpg

いわゆる「多機能タイツ」というもので、僕が愛用するのはワコールの「CW-X」だけど、他のメーカーさんも同様なものを開発・販売している。

僕は、ウェーダーの下に、このタイツを履いている。(早春もそのまま)
また、ウェットウェーディングのときは、タイツの上にユニクロのイージーパンツか、カインズホームの作業ズボンだ^^;

元々は、10年ほど前にスキーにハマっていた頃に購入、使っていた。
それが、渓流釣りをするようになって、そのまま使っているというわけ。


RIMG11313.jpg

『実際に効果はあるのか???』と思う方も多いだろう。
僕は、ハッキリと「ある!!!」と断言したい。

一日に20km~30kmの道なき道を、川通しだったり、急斜面を上り下りしたり、釣竿を片手に持って釣り上がっていく渓流釣りは、日頃、怠惰な生活を送っている僕のような者には体力の限界に近い。

そんな中、このタイツを履くときと履かないときの足の疲れ具合は、格段に差が出るのだ。(ホント!)
特に、膝まわりの疲れ方が、帰り道で違ってくる。


僕のように、たいしたウデもない釣り人が、どうにか人並みの釣果を得られているのは、人よりも歩くからだと思っている。
長時間歩かなければたどり着けない釣り場は、入渓の楽な釣場より確実に人は少ない=魚もたくさん残っている。
しかも、スレていない^^;
「釣果は体力に比例する」と思う。


この手のタイツって結構なお値段だけど、その体力をサポートしてくれるアイテムには、ちょっぴり奮発してもいいかな・・・と。
高価なタックルを買うよりも確実に釣果を伸ばし、楽しく充実した一日をプレゼントしてくれるんじゃないかと思っている。
それに、体力に余力ができると、怪我や事故の確率も低くなるしね^^


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年06月02日 20:04

このアイテムは秀逸ですよね!
釣行後の膝の痛みと筋肉痛が本当になくなりました(^ ^)

ある方に「まずちゃんとトレーニングしなさい!!」と言われましたが、なかなか怠惰な生活からは抜け出せません・・・(^ ^;
そんな、普段トレーニングをしていない僕だからこそ、その効果を実感できるのかもしれません。

>co-dropさん

2013年06月02日 21:20

co-dropさん、こんばんは。

仕事に家庭、子育て・・・いろいろなことがある中で自分の時間を作っての趣味です。
毛鉤も巻かなきゃ釣りにならないし、道具のメンテも必要です。
時間とお金が有り余っているわけではありませんよね。

そう考えると、もちろん節制もするし、体力はキープしようと努力しますが、身体を鍛えることにどこまで時間を配分できるかだと思います。

僕らは登山家ではありませんから、道具がフォローしてくれる部分は恩恵に預かっていいと思います^^
その分のアドバンテージは、間違いなく安全側に働きますよね。

うちの会社に、まさに登山家が数名いますが、そのうちの一人は昼休みも惜しんで鍛えています。
もちろん、家庭も省みず・・・×2になりました^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。