Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode683 … 投げてみた・・・

2013年 06月29日 20:38 (土)

今日は夕方まで仕事だったので、少し早起きして家の前で投げてみた。
昨夜、暗闇の中で投げたときはループのチェックができなかったけど、朝ならハッキリと見えるし^^


RIMG11769.jpg

今朝は、ラインの先に10ftのリーダー、5ftのティペット、#11のピーパラ/HWを付けてみた。
実際の釣りを想定してみる。

さて、その結果は・・・・・




RIMG11771.jpg

マリエットCMR34に巻いた、コートランドのDT4Fをハーフカットしたラインを通し、軽くフォルスキャストをしてみる。

やっぱりミドルの張りが強く、それなりの長さのラインを乗せないとビンビンで曲がらない^^;
なので、いつもとはちょっとテンポを変える必要があった。

でも、このテンポに慣れると、シャープにラインが飛んでいく。
直ぐに30ヤードの半分は出てしまい、バッキングをランニングラインとして伸ばしてみた。
ラインの接続の結び目に引っかからないと、軽く22、3mは伸びていく。
もしもWF4Fを乗せたなら、フルラインが出たりして・・・^^;


ロッドの軌跡を変えてやれば、ループはタイトにもワイドにもなる。
U字もできるし舟底型もOK!
いずれも、ラインスピードはとっても速い。


少し風が吹いていたので、向かい風、追い風と試したけど、上の写真の13.5mの距離では、風向きは関係なくスパッと真っ直ぐに飛んでくれた。


RIMG11774.jpg

ものの30分ほど、キャスティングを楽しんだ。
さて、初のカーボン印籠継ぎはどうだろうか???

ピンボケ写真だけど、このくらいのキャス練であれば緩みはなかった。
あとは、10時間以上釣り続けたらどうだろうか???
後日、実戦で試してみよう。


RIMG11777.jpg

最後に、ベンディングカーブはこんな感じ・・・Midgeになっているのかな???
いかんせん、データ上でしかわからないのでなんとも^^;


スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(^^♪

2013年06月29日 22:44

自分の好きな調子です。

渓流では、ポイントに入れられる事が大事ですね。
それも、スラックスを入れて・・・
でも、殆どがポイントに入れば直ぐに反応が有るのが常だよね(笑)
やはり、投射性に優れた竿の調子が良い様に思える(笑)
しかし、中流域になると全く違った調子の竿が欲しくなるんですよ・・・
スラックスが出来やすいベンドまで曲がってしまう竿・・・(笑)

フライは、本当に一生物ですね~~~

>アダムスさん

2013年06月29日 23:01

アダムスさん、こんばんは。
この竿、飛び過ぎるんです(^_^;)
おっしゃるように、スパっといき過ぎるので、ラインが着水した瞬間からドラグがかかってしまいそうです。
そう考えると、薮沢のピンに入れる釣りがいいかと思うのですが、今度は硬さが邪魔をしそうです。
リーダーキャストなんて厳しいです…

さて、どんな釣りに使いましょうか?^^;
今度お会いした時にでも振ってみてください。
まずは来週にでも、広めと狭めの川で振り比べてみますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。