Flyfishing+ from Mt.Pigeons!

渓流釣りとバンブーロッド製作を中心に、日常の出来事を綴ってます。

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

episode689 … 自分の時間

2013年 07月07日 12:04 (日)

今日は、嫁さんはお出かけ・・・
子供たちは昼過ぎまでカブスカウトの活動だ。

ふふふ・・・自分の時間ができた^^


DSCN0298.jpg

こんな時は、その時間の長さで使い方を決めている。

一 日 → 渓流釣り
半 日 → 雑魚釣り or 管釣 or ロッド製作
数時間 → フライタイイング

今日は、子供たちの迎えまで4時間ほど。
そこで、次回の釣行に向けてフライを補充することにした。

 
 
DSCN0278.jpg

いつものフェバリットパターン・・・ピーパラH/W。
秋田の渋谷氏のパターンを、ボディのワイヤーを省略して瞬接で止めている。

いつでも、どこでも安定して釣れ、しかも半沈みなのでドラグもかかりにくい。
もしも、岩魚釣りに行くときに、『フライは一種類だけ・・・』と言われたら、迷わずこのフライを選ぶと思う。
それほど、絶大な信頼を置く一本!

写真はTMC212Yの#11で、僕の中では一番汎用性の高い標準サイズ。
ここから活性や水況によってサイズをシフトしている。
また、ポストは長めに巻いておいて、現場の射程距離に合わせてカットしている。


DSCN0281.jpg

続いては、同パターンのサイズ違い。
TMC212Yは#11までしかないので、TMC212TRの#9を使っている。
フックは若干太くなっているけど、使ってみた感じでは、それが原因で沈むこともなかった。
また、ハックルは1回転ほど厚く巻いている。

ただし、ポストのADWを二束にして巻いたのは大失敗・・・
キャストで回ってしまうので、ティペットが撚れやすい。
現場でポストを細くカットして使っている。


DSCN0287.jpg

こちらは、アダムスさんに教わったスルーライトのカディスヴァージョン。
次回の釣行で使ってみようと思う。
普通のEHCよりも透けたボディが効くらしい。


DSCN0284.jpg

こちらは、ネットで見つけたスルーライトのテレストリアルヴァージョン。
試しに巻いてみたけどいい感じ・・・^^
ボディがADWとピーコックのMIXで、虫っぽさが出ているように思う。


DSCN0290.jpg

そして、CDCソラックスダン。

実は、次回の釣り場は、ロケーションの割にスレている魚が多い。
初めて訪れたとき、パラシュート系フライを何度も何度も見切られて、CDCソラックスダンに変えたら一発で食った。
その日は、パラ系は全くダメで、ダン系でフィネスなヤツは爆釣だった。

そこで今回も、このパターンは外せないのだ。
#12~14を巻いておいた。

CDCは少し多めにしていて、見切られたときはハサミでボリュームを落として再キャスト・・・
ほとんどの魚はこれで食ってくれる。
このフライでも見切られると、釣り上がり用のパターンでは厳しくなってしまう。
1キャストフライを使うしかない・・・苦手だけど^^;

ヘッドのインジケーターは、オレンジのアルファ目印。
撥水加工済みで、軽くて視認性も抜群だ。
ADWよりもよく見える。

ただし、“コシがない”のでポストには使いにくので、僕はこんな風に使っている。
木の下などを遠目から撃つ時には、CDC(スポットダン)だけでは見えにくいので・・・


DSCN0293.jpg

こちらはCDCカディス。
上のソラックスダンと変わらないと思う。

唯一、少しテールが沈むので、水面に引っかかってドラグが掛かりにくい。
流れの向こうの巻きにフライを留めるようなシーンが多いときはこちらを使っている。


DSCN0296.jpg

渇水、ナーバス、その他どうにも食わないときの釣り上がりパターンとして使っているスルーライトダン。

このフライ、吸水しにくいマテリアルでできているので、浮力のもちがとても良い。
それに、CDCと違って、何匹か釣っても魚の粘液で浮力が落ちることも少ない。
ハックルも3回転もあれば、十分に踏ん張ってくれるのも嬉しい。


~~~ おまけ ~~~

DSCN0190.jpg

先日の釣行で、ジェルカラーニスの塗装の様子も記録してみた。
都合、4時間以上使ってみた後の写真。

なんだかんだと水に浸かったり、飛沫もかかったけど、撥水性は保たれているようだ。
オイル塗装よりは耐水性があるように感じている。

塗装の時間も短くできるし、塗膜も薄くシャープで軽いロッドに仕上がるので、もうしばらく試してみようと思う。
まあ、雨の中の釣りを望むわけではないけど、いずれは雨の中も試さなきゃ・・・



スポンサーサイト

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

2013年07月08日 19:10

上手に巻かれますね〜
しかも、たくさんの種類を!
確かに引き出しはたくさんあった方が安心ですものね。
自分は毛ばりに出ない場合は居ないってことにしています(笑)

2013年07月08日 19:23

こんばんは。

やっぱり上手に巻かれますねー!
フライもさることかながら、写真もきれいですね!!
新しいカメラでの撮影ですか?それとも日中の写真だからでしょうか!?
今までのフライの写真と違うような・・・。

>takiさん

2013年07月09日 06:40

takiさん、おはようございます。
たくさん巻いても、結局使うのは一種類のことが多いですね^^;
ピーパラが7割、あとはボチボチ…です。

>co-dropさん

2013年07月09日 06:50

co-dropさん、おはようございます。
これ以外に、例の蝉も巻いてみましたよ^^;
写真は自然光です。
また、前のカメラより青が出やすいように感じたので、ホワイトバランスを補正して見た目に近づけてみました。
レンズも、以前よりもシャープに撮れるようです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。